乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

ウィル・オ・ウィスプをプレーした感想

投稿日:2017年6月24日 更新日:

友人にすすめられて、嫌々プレイしたのが始まり…。

絵は非常に私好みなんですが、友人から「あまり糖度高くはない…」と聞いていたからです。
私は幼い頃から王道な少女漫画が大好きで、ヒーローとヒロイン(脇役同士も)のラブシーンが大好きなので、乙女ゲームにおいても糖度を優先させる傾向にあります。そんな私によくぞ「あまり甘くはない」と言って貸してきたなと今でこそ思うのですが、友人もそれくらい自信があったのでしょう。

えぇ、お察しの通り、してやられましたとも。

正直なところ、やはり甘さは控えめでした。
ほっこり、ほんのり、ニヤっとする感じ。うへへへー!と大笑いしてしまうような(私だけ?)甘さはありませんでした。
しかし、このストーリーにおいて、そんなシーンはいらん!と思います。もしラブラブウフフなシーンがあったとすれば、それは蛇足だと感じたことでしょう。良い意味で独特な世界観があるので、それを壊さないでいてくれてありがとう、という感じでした。

プレイしてもらえればわかるのですが、いわゆる切ない系のシナリオに分類されると思いますので、そういったものがお好みの方であれば間違いなくハマると思います。

本作品で私が一番おすすめしたいのは、絵の美麗さです。
スチル入手のフルコンプがはかどりますとも。

先ほど書いたように、切ない系のシナリオなのですが、繊細で、消えてしまいそうなくらい儚く、綺麗なイラストが、それを後押ししているかのようで、シナリオとのマッチ具合が最高です。「人形」という設定ともマッチングしていますね。
西洋風なので、キャラの顔立ちも、身に纏っている衣装も、本当に美しく、また可愛く、格好良い。男性キャラがどいつもこいつも格好良くていっそ腹立たしいくらいですが、女性キャラも揃いも揃ってかわいく、美しい。本気で各女性キャラとのエンディングが欲しかったくらいです。

最後にお伝えしたいことは、スチル鑑賞がボイス付きだということです。各キャラがそれはもう良い声で語りかけてくれるので、おまけ要素にしてはお腹いっぱい満たされます。購入したらぜひ試してみてください。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

上司と秘密の2LDKをプレーした感想

舞台設定は雑誌の出版社で、主人公はそこで働いています。その社内で5人の男性と恋愛を楽しめます。 5人共キャラが異なるので、自分好みの男性が必ず見つかると思います。 私が選んだのは「大河内湊」という男性 …

VitaminXEvolutionをプレーした感想

「VitaminX Evolution」は2008年にディースリー・パブリッシャーからニンテンドーDS向けに発売された商品です。 キャラクターデザインを男性が担当されているので、乙女ゲーでは珍しいと話 …

L.G.S新説封神演義をプレーした感想

この乙女ゲームは主人公の名前変換ができないタイプです。 仙人の主人公は本来は高貴な生まれですが、母の死で娘を他者に奪われたくないと願う歪んだ心を持った父に依存され、可愛い容姿を醜い妖怪の姿に変えられて …

ときめきメモリアル Girl's Side 3rd Story

ときめきメモリアル Girl’s Side 3rd Storyをプレーした感想

学力や運動、芸術などのステータスをあげて、好きな異性(ボイスあり)で恋愛が出来るオススメなゲームです。 好きな異性との会話の他にも攻略対象たちの絡みもあり、男同士の友情を見ることも出来てとても癒されま …

カレイドイヴをプレーした感想

 カレイドイヴは何と言っても、音楽が素晴らしいです。 オープニングはceulさんが歌うPandoraという歌が素晴らしくて、ムービー映像ととても合っています。エンディングあたりには各ルートのキャラがそ …