乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

ウィル・オ・ウィスプをプレーした感想

投稿日:2017年6月24日 更新日:

友人にすすめられて、嫌々プレイしたのが始まり…。

絵は非常に私好みなんですが、友人から「あまり糖度高くはない…」と聞いていたからです。
私は幼い頃から王道な少女漫画が大好きで、ヒーローとヒロイン(脇役同士も)のラブシーンが大好きなので、乙女ゲームにおいても糖度を優先させる傾向にあります。そんな私によくぞ「あまり甘くはない」と言って貸してきたなと今でこそ思うのですが、友人もそれくらい自信があったのでしょう。

えぇ、お察しの通り、してやられましたとも。

正直なところ、やはり甘さは控えめでした。
ほっこり、ほんのり、ニヤっとする感じ。うへへへー!と大笑いしてしまうような(私だけ?)甘さはありませんでした。
しかし、このストーリーにおいて、そんなシーンはいらん!と思います。もしラブラブウフフなシーンがあったとすれば、それは蛇足だと感じたことでしょう。良い意味で独特な世界観があるので、それを壊さないでいてくれてありがとう、という感じでした。

プレイしてもらえればわかるのですが、いわゆる切ない系のシナリオに分類されると思いますので、そういったものがお好みの方であれば間違いなくハマると思います。

本作品で私が一番おすすめしたいのは、絵の美麗さです。
スチル入手のフルコンプがはかどりますとも。

先ほど書いたように、切ない系のシナリオなのですが、繊細で、消えてしまいそうなくらい儚く、綺麗なイラストが、それを後押ししているかのようで、シナリオとのマッチ具合が最高です。「人形」という設定ともマッチングしていますね。
西洋風なので、キャラの顔立ちも、身に纏っている衣装も、本当に美しく、また可愛く、格好良い。男性キャラがどいつもこいつも格好良くていっそ腹立たしいくらいですが、女性キャラも揃いも揃ってかわいく、美しい。本気で各女性キャラとのエンディングが欲しかったくらいです。

最後にお伝えしたいことは、スチル鑑賞がボイス付きだということです。各キャラがそれはもう良い声で語りかけてくれるので、おまけ要素にしてはお腹いっぱい満たされます。購入したらぜひ試してみてください。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

幕末恋華・新選組

幕末恋華・新選組をプレーした感想

新選組が題材になっているため、いわゆる悲恋エンドもあります。 でも、後味が悪いわけではないのです。気持ちが落ち込んでしまうような内容ではないので、鬱々しい内容が苦手な方にもおすすめできます。 むしろ悲 …

A3!をプレーした感想

『A3!(エースリー)』は今非常に注目が集まっている乙女ゲームの1つだと思います。 舞台になるのは劇団『MANKAIカンパニー』。主人公は以前舞台役者をしていて、ちょっとした縁からのこの劇団『MANK …

喧嘩番長乙女をプレーした感想

一見ヤンキー系のお話…ですが、当然のごとく攻略キャラクターはイケメン揃いです。正直、全然ヤンキーという感じはしません。 ヤンキー系の漫画を読んでいたのでちょっと違和感がありましたが、女性向けだとこうな …

イケナイ契約結婚をプレーした感想

私がこのゲームを知るきっかけになったのは、ズバリ友達からの紹介で招待されたからでした。たぶん、なにか特典があったから招待したんだろうけど……。 「この中でどの人と恋に落ちたいかでだいたいのタイプがわか …

うたのプリンスさまっをプレーした感想

攻略対象が皆アイドル養成学校の生徒という事もあり、全員が個性ばらばらな所謂イケメンです。 声優の好みの問題で一番気になっているキャラを最後に攻略しようと決めていた為、和やかで優しいお兄さんのような印象 …