乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

VitaminXをプレーした感想

投稿日:2017年6月28日 更新日:

「VitaminX」は2007年にPS2で発売された乙女ゲームであり、その人気の高さからDS版、PSP版、3DS版と様々なハードに移植をされた作品です。また、シリーズ作品として「VitaminZ」・「VitaminR」も製作されており、その人気の高さがうかがえますね。今回は、私が人生で一番時間を費やしたともいえる一風変わった乙女ゲーム「VitaminX」の感想をお伝えします。

◆「VitaminX」ってどんな物語なの?

一般的に乙女ゲームというと、物語を読み進め恋愛対象の男性好みの選択肢を選んで好感度を上げていくことが目的かと思いますが、VitaminXはそうではありません。

主人公の南悠里はグラマー担当の高校教師です。彼女はひょんなことから落ちこぼれを集めた3年生のクラスE組、通称ClassXの担任になってしまいます。そんなClassXには全員美形なのに超問題児かつ超絶おバカな6人「B6」が在籍していました。
主人公はこの6人のうち一人を選んで勉強を教え込み、大学に進学させることが目標となります。「え?攻略対象が全員おバカ?」と思いつつ、ここまではまだ物語としてあり得る話です。

しかし、すごいのはここからです。

何と、毎月末(チャプター終わり)には期末テストと称してクイズゲームのような問題を解かなければなりません。
このクイズの答えがそのまま、B6の成績になってしまうので一切手が抜けないのが難しいところです。問題も、高校で習うような勉強から時事ネタまで様々でチャプターごとにプレイヤーを楽しませてくれます。
さらに、おバカなB6は普段の会話の中でもおバカ発言の連発です。普通の乙女ゲームならば物語に没頭し、選択肢を選べば良いのですが、VitaminXは選択肢以外の全ての会話で気が抜けません。
「俺にかかればお前の給料を減らす事も、おチャヅケサラサラだ!」なんて、目の前で言われた日には教師として、大人として彼らの間違いを正してあげなければならないのです。間違い発言にはツッコミを入れ厳しく指導するか、スルーしつつ話に乗ってあげるのか、見極めが必要となります。いつ、いかなる時に出てくるかわからないおバカ発言にはらはらドキドキするのも、本作の魅力の一つです。

◆おバカだけど格好いい「B6」と魅力的な「T6」

主人公が指導を行う「B6」はおバカだけどイケメン揃いです。会話内容と同様に物語もとても面白く、最初は面倒に感じることもある会話がどんどん楽しみになり、いつのまにかVitaminXの世界に入り込んでしまいます。

また、彼らを指導するのは主人公だけではなく「T6」と呼ばれるイケメン教師集団も存在します。
彼らと協力しながら、B6と大学進学を目指すなかで大人な彼らにドキドキしてしまうこと間違いなしです。全員がイケメンばかりなのに加えて、とにかく面白い話しがいっぱいのコメディのようでずっと笑いながらプレイできてしまいます。

◆B6・T6だけじゃない!主人公も魅力的

高校教師である南悠里は教師という肩書から真面目そうに感じますが、実際はかなりミーハーでイケメンにときめいてみたり、彼女自身がボケてみたりとかなり面白い性格をしています。しかし、いつでも生徒想いで真っ直ぐで、見ているととても温かい気持ちになります。こんな良い先生に向き合って貰えるB6は幸せだなと何度も思ったものです。B6とT6が彼女に自然と惹かれてしまうのも納得な、素敵な主人公です。

いかがでしたか。
VitaminXは笑いが絶えない、クイズも出来る乙女ゲームという変わった作品です。
スタイリッシュで格好いいイラストもおすすめです。ぜひ、一度VitaminXをプレイして見て下さい。プレイした時には少し賢くなれること間違いなしです。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

違法レンアイをプレーした感想

私が最近プレーをしてはまったのが、違法レンアイ。 主人公が何かをきっかけに記憶喪失になるところからストーリーは始まります。 記憶喪失でさまよっていたら警察官に保護されるのですが、それがイケメンの警察官 …

ときめきメモリアルGirls Side 1st Loveをプレーした感想

この作品は、2007年にコナミからニンテンドーDS向けに発売された乙女ゲーです。 もともと2002年にプレイステーション2向けに発売されていた作品の移植版となります。 ときめきメモリアルGirls S …

猛獣使いと王子様をプレーした感想

主人公は母のような猛獣使いを目指す可愛いくて勇気のある、プレイしていて気持ちがいいタイプの女の子です。 ある日、ライオン・狼・アヒル・ウサギが檻の中で衰弱している姿を見て、母の形見と引き換えに猛獣使い …

うたのプリンスさまっをプレーした感想

攻略対象が皆アイドル養成学校の生徒という事もあり、全員が個性ばらばらな所謂イケメンです。 声優の好みの問題で一番気になっているキャラを最後に攻略しようと決めていた為、和やかで優しいお兄さんのような印象 …

イケメン戦国〜時をかける恋〜をプレーした感想

プレーし始めるきっかけとなったのは、お小遣いサイトのクリックしたら○円といった広告動画からでした。 いつもは大体広告の音だけを聞いて、広告動画が終わったら次の広告を見るといったルーティンワークだったの …