乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

うたの☆プリンスさまっ♪Repeatをプレーした感想

投稿日:2017年4月19日 更新日:

Repeatは最初に発売された「うたの☆プリンスさまっ♪」の細かい点が修正されたリメイクバージョンです。
さらに追加要素があるPlayStationVita用の移植版もあるのでこれからプレイされる方はVita版がよいと思います。

乙女ゲームでありながら音ゲー(リズムゲーム)要素もあり、恋愛と音ゲーが2つ同時に味わうことが出来てとても楽しいゲームです。
主人公は作曲家、攻略対象(プリンス)はアイドルを目指して学校に入学するところからはじまります。
1年間のうちに主人公はプリンスのために曲を完成させ、プリンスと共に試練を乗り越えながら1年後のオーディション合格を目指します。

好きなキャラへのアピール方法は主人公が話す内容の選択肢を選ぶものですが、
基本的にどの選択肢を選んでも恋愛対象のプリンス達の反応が面白いため思わず全ての選択肢の反応を見てしまいたくなります。
そしてストーリーを進めるごとにスチルもあり、中にはドキドキするようなものも出てきます。

実は乙女ゲームなのに学校の恋愛禁止ルールがあるので、緊張感抜群です。

ゲーム全体の難易度はそれほど難しくはなく、音ゲーが初めてまたは苦手な人でも問題なく楽しめると思います。
各キャラクターごとにテーマ曲があるのですぐ飽きることはありません。

特にオススメの攻略キャラクターは「四ノ宮 那月」君です。
天然で可愛いものが大好き、元気いっぱいのキャラクターですが、幼少時のつらい記憶がよみがえり落ち込んでしまったことをきっかけに別人格「砂月」が現れます。
別人格は天然な彼とは真逆で少し乱暴なキツい雰囲気を持っていますが、実は元の人格「那月」のことを一生懸命応援している良い人です。

ストーリーを進めると徐々に彼との距離も縮めることが出来て、1度で2度おいしいキャラクターです。
テーマ曲も彼の得意なヴィオラが使われていて、優しいけど感情豊かな曲・歌詞になっています。
癒しと激しさを同時に求めるならとてもオススメのキャラクターです。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

恋してしまった星の王子をプレーした感想

主人公の私が自分の部屋で星を見ていたらいきなりイケメンが神として部屋にやってくるという斬新な設定です。今までの乙女ゲームとは雰囲気が違い、非現実的な要素が大きいのでとても面白いと感じました。 まあ、あ …

ハートの国のアリスをプレーした感想

『ハートの国のアリス』を知る前は「乙女ゲーム」という存在を知らず、ハトアリの漫画をたまたま見かけて漫画を購入したのがきっかけでした。 不思議の国のアリスのような心温まるストーリーかと思えばその真逆で、 …

L.G.S新説封神演義をプレーした感想

この乙女ゲームは主人公の名前変換ができないタイプです。 仙人の主人公は本来は高貴な生まれですが、母の死で娘を他者に奪われたくないと願う歪んだ心を持った父に依存され、可愛い容姿を醜い妖怪の姿に変えられて …

カレイドイヴをプレーした感想

純粋に乙女ゲーとして考えるのであれば、かなりボリュームは少なめだと思います。 私も休日にたったの1日でコンプリートしてしまいましたので、ボリューム重視の方ややりこみ要素が楽しみ!という方にはあまりオス …

薄桜鬼をプレーした感想

いわゆる、史実系乙女ゲームの傑作として有名な作品の「薄桜鬼」。 傑作といっても、ゲーム自体は選択肢を選んで、それに合わせたエンディングに向かう、非常にシンプルなノベルゲームです。ですので、知名度や人気 …