乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

うたの☆プリンスさまっ♪Repeatをプレーした感想

投稿日:2017年4月19日 更新日:

Repeatは最初に発売された「うたの☆プリンスさまっ♪」の細かい点が修正されたリメイクバージョンです。
さらに追加要素があるPlayStationVita用の移植版もあるのでこれからプレイされる方はVita版がよいと思います。

乙女ゲームでありながら音ゲー(リズムゲーム)要素もあり、恋愛と音ゲーが2つ同時に味わうことが出来てとても楽しいゲームです。
主人公は作曲家、攻略対象(プリンス)はアイドルを目指して学校に入学するところからはじまります。
1年間のうちに主人公はプリンスのために曲を完成させ、プリンスと共に試練を乗り越えながら1年後のオーディション合格を目指します。

好きなキャラへのアピール方法は主人公が話す内容の選択肢を選ぶものですが、
基本的にどの選択肢を選んでも恋愛対象のプリンス達の反応が面白いため思わず全ての選択肢の反応を見てしまいたくなります。
そしてストーリーを進めるごとにスチルもあり、中にはドキドキするようなものも出てきます。

実は乙女ゲームなのに学校の恋愛禁止ルールがあるので、緊張感抜群です。

ゲーム全体の難易度はそれほど難しくはなく、音ゲーが初めてまたは苦手な人でも問題なく楽しめると思います。
各キャラクターごとにテーマ曲があるのですぐ飽きることはありません。

特にオススメの攻略キャラクターは「四ノ宮 那月」君です。
天然で可愛いものが大好き、元気いっぱいのキャラクターですが、幼少時のつらい記憶がよみがえり落ち込んでしまったことをきっかけに別人格「砂月」が現れます。
別人格は天然な彼とは真逆で少し乱暴なキツい雰囲気を持っていますが、実は元の人格「那月」のことを一生懸命応援している良い人です。

ストーリーを進めると徐々に彼との距離も縮めることが出来て、1度で2度おいしいキャラクターです。
テーマ曲も彼の得意なヴィオラが使われていて、優しいけど感情豊かな曲・歌詞になっています。
癒しと激しさを同時に求めるならとてもオススメのキャラクターです。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

dame-prince

DAME×PRINCEをプレーした感想

セレンファーレン皇国側はクロムのDAMEEND以外のエンドは回収しました。 エピローグはクロムのみ回収しました。 ゲームの感想としては、独特なシステムが面白かったです。 読み終わったシナリオはコメント …

ときめきメモリアル Girl’s Sideをプレーした感想

私は元々ときめきメモリアルシリーズが好きでした。 恋愛をメインとした甘酸っぱい青春や学校生活、時には笑えるイベントが沢山あります。お祭りの縁日や体育祭でのミニゲームも面白くて病みつきになってしまいます …

ときめきメモリアルGirls Side 2nd Seasonをプレーした感想

2008年にニンテンドーDS向けに発売された「ときめきメモリアル Girls Side 2nd Season」。 もともと2006年にPlayStation2向けに「ときめきメモリアル Girls S …

幕末恋華・新選組

幕末恋華・新選組をプレーした感想

新選組が題材になっているため、いわゆる悲恋エンドもあります。 でも、後味が悪いわけではないのです。気持ちが落ち込んでしまうような内容ではないので、鬱々しい内容が苦手な方にもおすすめできます。 むしろ悲 …

ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚をプレーした感想

ニル・アドミラリの天秤は、大好きなシナリオライターの片桐由摩さんと、これまた大好きなイラストレーターのさといさんがタッグを組んだということですぐに飛びつきました。一言で言うと、大人の乙女ゲーだと思いま …