乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

うたの☆プリンスさまっ♪をプレーした感想

投稿日:2017年5月1日 更新日:

うたの☆プリンスさまっ♪シリーズは何と言ってもキャラクター力に尽きると思います。

成人向けゲーはストーリーを楽しめるタイプと、完全に実用的なタイプに分かれます。

乙女ゲーはちゃんと萌えられることが前提ではあるものの、ストーリーも重要視されていますよね。
そんな中、ゲーム性なんてものは全てふっ飛ばしてゲームとして成り立っていないようなレベルでも、ご都合的にキャラクターが魅力的すぎるのがうたの☆プリンスさまっ♪です。

登場キャラクターは当然の如く非常に魅力的です。イケメンです。でも、ハッキリ言ってかなりチョロいんですよね。
攻略の厳しい乙女ゲーを好む方からしたら、「何だこのシナリオは」と突っ込みたくなってしまうようなレベルです。何と言っても、イケメンなのに主人公とちょっと会話をしたくらいですぐに恋に落ちてしまうような純情な男の子ばかりなんです。

久しぶりにこういうハーレム状態な乙女ゲーをプレイしたのですが、やっぱり都合が良い…でもそこが良い!
私の周りでは、BL好きないわゆる腐女子が続々とうたの☆プリンスさまっ♪をきっかけに乙女ゲーにもハマるようになりました
手っ取り早く萌えることが出来るので、萌えを前提として考えれば素晴らしい作品だよ!とのこと。

ストーリーを重視するのか、それとも実用性を重視するのか。うたの☆プリンスさまっ♪は、そう考えた時に、実用性の高さから人気が出たという要素もあるんじゃないかなと思います。

ちなみに、私の好きなキャラクターは一十木音也君。声がとても可愛いですし、熱血なタイプですね。もちろんイケメンなのですが、ほんの少しの交流だけで恋してしまうピュアさも持っています。
殿堂入りは神宮寺レン君。お金持ちでフレンドリーでなおかつフェミニスト。優しい男性が好きなので、初回プレイでどっぷりとハマってしまいました。

このように、ゲーム性やシナリオに関してはやはり賛否両論あるかと思います。しかし、とにかくキャラクターが魅力的!一度プレイしてみると、その魅力にどっぷりハマれる作品だと思います。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

もし、この世界に神様がいるとするならば。をプレーした感想

音楽良し、キャラ絵良し、ストーリー良しな三拍子揃った乙女ゲーだとおすすめされプレイした「もし、この世界に神様がいるとするならば。」、その通りでした。 ストーリーは主人公の来実ハルカが7年前の自分からの …

dame-prince

DAME×PRINCEをプレーした感想

DAME×PRINCE(ダメプリ)がいいのは無課金でもサクサク進めるところが最高です! ストーリーもよく練られていて、コインを貯めるキャラバンのシステムも新鮮で楽しいです。キャラクターがダメンズからだ …

花咲くまにまにをプレーした感想

江戸時代で生まれたことを知らなかった女子高生が倉間楓の力によって江戸時代に飛ばされ、万珠屋と呼ばれる実父が営む所で生活します。タイムスリップ系のお話でも「もともとが江戸時代の生まれ」という特徴があるス …

眠らぬ街のシンデレラをプレーした感想

私も含め女性って多かれ少なかれセレブに憧れている部分があると思いますが、このゲームは、主人公はまぁどこにでもいる女の子で、その他に出てくる男性はみんなセレブという夢のような設定です。 地方から出てきて …

薄桜鬼をプレーした感想

いわゆる、史実系乙女ゲームの傑作として有名な作品の「薄桜鬼」。 傑作といっても、ゲーム自体は選択肢を選んで、それに合わせたエンディングに向かう、非常にシンプルなノベルゲームです。ですので、知名度や人気 …