乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

ときめきメモリアルGirls Side 1st Loveをプレーした感想

投稿日:2017年5月17日 更新日:

この作品は、2007年にコナミからニンテンドーDS向けに発売された乙女ゲーです。
もともと2002年にプレイステーション2向けに発売されていた作品の移植版となります。
ときめきメモリアルGirls Sideはとても人気があるシリーズで、現在は第3弾まで発売されています。
こちらの作品はそのシリーズの中の記念すべき第一弾です。

高校入学から卒業までの3年間、自分を磨き、異性とデートを重ね、卒業式の日に告白されることを目的とした作品となります。
非常に完成度の高い作品で、部活動をしたり、アルバイトをしたりとデート以外でも楽しめる要素が満載です。

キャラクターも皆魅力的なのですが、私は姫条まどか君が大好きです。
関西弁で、一見チャラチャラして見えますが、根は真面目で意外と純情な男の子です。
まどか君のことが好きすぎて、何十回攻略したか分からないくらいです。

ときめきメモリアルGirls Side 1st Loveは、異性からの告白シーンで断ることも出来ます。
一回断ると諦めてしまうキャラクターと、諦めずにもう一度告白してくれるキャラクターがいます。
まどか君は後者です。
そのため、まどか君の告白シーンでは、一回断るのが私のポリシーです。
一回断っても、まどか君は情熱的に愛の告白をしてくれるのです。
その時のセリフがもう本当にツボで、大好きなんです。

もしまどか君の告白を断ったことが無い人が居たら、是非一度断ってみて欲しいです。
萌えること間違いなしです。
ときめきメモリアルGirls Side 1st Loveは、女の子の友達も4人登場するのですが、その女の子達にはそれぞれ好きな男の子が居るので、ライバルになることもあります。
ライバルにならずに友情エンドを迎えることも出来るので、楽しみ方は色々です。
高校3年間を通して、文化祭だったり体育祭だったりクリスマスパーティーだったり、イベントも盛りだくさんなので、本当に素晴らしいゲームです。
乙女ゲーが好きな人なら、プレイして絶対に後悔しない作品です。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

緋色の欠片をプレーした感想

「緋色の欠片」は和風伝奇が好きな人には堪らないゲームです。 和の雰囲気にファンタジー要素が加わり、伝統、宿命、使命、抗えない運命に少年少女が巻き込まれていきます。 いい大人になっても主人公の少女に感情 …

うたの☆プリンスさまっ♪をプレーした感想

うたの☆プリンスさまっ♪シリーズは何と言ってもキャラクター力に尽きると思います。 成人向けゲーはストーリーを楽しめるタイプと、完全に実用的なタイプに分かれます。 乙女ゲーはちゃんと萌えられることが前提 …

dame-prince

DAME×PRINCEをプレーした感想

まずこのダメプリ、スマートフォン向けの乙女ゲームなのですが、そのボリュームがすごいんです。 本編(ルート)は現在5人分で今後シナリオ追加予定のキャラクターもいます。 どのキャラもエンディングは3つあり …

喧嘩番長 乙女をプレーした感想

不良たちとの勢力争い、熱い友情と喧嘩を繰り広げるあの喧嘩番長が乙女ゲームになった!というだけでもかなりのインパクトがあった「喧嘩番長 乙女」。 喧嘩番長シリーズのツッコミどころ満載、時にホロリと涙させ …

薄桜鬼をプレーした感想

マンガや小説、アニメやゲーム、世の中にはいろいろな新撰組をモチーフにした作品が出回っています。 もちろん乙女ゲーム界隈でも同様で、そんな中でも多くの女性プレイヤーの支持を集めている薄桜鬼には前々から興 …