乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

ときめきメモリアルGirl’s Side 1st LOVEをプレーした感想

投稿日:2017年4月20日 更新日:

発売当初はPS2専用ゲームで、一人暮らしをしていた私はネットですごく評判が良かった「ICO」をプレイするためにPS2を買ったばかりでした。
そのころから私はオタク気味で、同じオタクの友だちからおもしろいからやってみてと勧められて、この「ときめもGS」を購入したんです。それまで乙女ゲームには触れたことがありませんでしたし、アクション系のゲームの方が好きだったので、正直なところあまり内容に期待はしていませんでした。

最初にゲームを起動させたあとは、まずゲームのキャラクターが名前を呼んでくれるのにすごく驚きました。
多少不自然ではありましたが、何も考えずに本名を入力していた私は、呼ばれた瞬間、変な声が出てしまいました。
本名を呼ばれ続けるのに耐え切れず、一度リセットしてセーブデータをつくりかえたほどです。
さらに、ゲームが進むにつれて、男性キャラクターと向き合うのが恥ずかしくなってきてしまって、結局はオタク友だちを誘って泊り込みで攻略することにしました。

私が最初に気になったキャラクターは氷室先生です。数学教師でメガネで普段は厳しいけど実はおちゃめな一面もあるなんて、私の好みドンピシャでした。
しかし、これは後からわかったことですが、氷室先生を落とすのは結構難しいようで……。
実際にやっていても、なかなかデレてもらえませんでした。とにかく成績が良ければいいんだろ!!とムキになってパラメーターを上げた覚えがあります。
その甲斐実ってEDで氷室先生からの告白!となったときはとても興奮しました。恥ずかしさと達成感でまともに画面が見られないほどに(笑)
他の男性キャラクターも魅力的で、スチルのイラストも大変きれいで集めがいがありました。

初めての乙女ゲームにもぴったりなのではないでしょうか。今はDS版が販売されているようなので、そちらをやってみるのも良さそうです。フルボイスになっているんですよね。今さらながら気になってきてしまいました。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

下天の華をプレーした感想

「下天の華」と続編の「下天の華夢灯り」は歴史モノで有名なコーエーの作品です。 pspで発売されましたがPSVITAでは統一されて発売されています。 主人公のプレイヤーは忍びのエリートに生まれた美人で強 …

LovePlan 大人の恋愛ストーリーをプレーした感想

私がこのゲームに出会ったのは、人生最大の失恋をした後でした。 今日はもしかしたら連絡があるかもしれないと、一縷の希望を持っていましたが、結婚するかもしれないとまで思っていた相手からまさかの音信不通での …

薄桜鬼をプレーした感想

マンガや小説、アニメやゲーム、世の中にはいろいろな新撰組をモチーフにした作品が出回っています。 もちろん乙女ゲーム界隈でも同様で、そんな中でも多くの女性プレイヤーの支持を集めている薄桜鬼には前々から興 …

遙かなる時空の中でをプレーした感想

「遙かなる時空の中で」でハマったのは安倍泰明でした♪ 見た目は藤原鷹通が好みでしたが、大本命の声優(石田彰さん)だったので最初は、とりあえず一度はプレイしておこうくらいの気持ちでした。 声を聞きたいだ …

喧嘩番長乙女をプレーした感想

一見ヤンキー系のお話…ですが、当然のごとく攻略キャラクターはイケメン揃いです。正直、全然ヤンキーという感じはしません。 ヤンキー系の漫画を読んでいたのでちょっと違和感がありましたが、女性向けだとこうな …