乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

ときめきメモリアルGirl’s sideをプレーした感想

投稿日:2017年4月9日 更新日:

王道ですが、「ときめきメモリアルGirl’s side」はやはり外せない乙女ゲーだと思います。

元々は普通のときめきメモリアルをプレイしていて、藤崎詩織ちゃんが攻略出来なくて何周もしたのを覚えています。ときメモシリーズの一番の面白さは、やはりパラメータ上げです。そのため、女子でも普通のときメモが好きで長くプレイしている方もいらっしゃると思います。

「ときめきメモリアルGirl’s side」は、お金の概念があるのが面白かったです。通常のときメモの場合、主人公はアルバイトもしていないのに、攻略キャラクターの誕生日になると超高級なプレゼントを渡していたんですよね。そこに違和感があったので、アルバイトでお金を稼いで洋服とかプレゼントを購入するというシステムはすごく面白かったです。

洋服も選べて、最初は全然服も持っていません。そこで、休日にショッピングで購入するんです。もちろんデートの時にはコーディネートが出来ますよ。ちなみに、洋服には全てジャンルが設定されています。例えばセクシー系とかエレガント系など。攻略キャラクターによってどんな系統の服が好きなのか決まっていますので、合っている服装を選べば好感度にボーナスが入ります。好みに合わない服だと逆に好感度がマイナスされてしまったり。好きな男の子の好みに合わせて服を選ぶというのが何とも健気で可愛いですよね。

ちなみに、洋服はちゃんと販売時期が決められています。バーゲンセールもあるのでお金が厳しい時はセールで購入するのも良いですね。後はデート用だけではなく各イベント向けの洋服もあります。例えばクリスマスパーティーならドレス、お正月なら振袖とか。高いですが、購入した分の価値があります。

でも、アルバイトばかり頑張っていてもパラメータが上がらないし…とそこが面白いところ。ちなみに、ときめきメモリアルGirl’s sideは一部キャラクターを除いて基本的に難易度が低めです。

そのため、ライフシミュレーションみたいな感じで楽しむことが出来るのもお気に入りのポイントです。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

上司と秘密の2LDKをプレーした感想

舞台設定は雑誌の出版社で、主人公はそこで働いています。その社内で5人の男性と恋愛を楽しめます。 5人共キャラが異なるので、自分好みの男性が必ず見つかると思います。 私が選んだのは「大河内湊」という男性 …

姫と林檎にくちづけををプレーした感想

「姫と林檎にくちづけを」は売り切りのダウンロードアプリで、お手軽なところが気に入って購入してみました。 こちらは過去にフィーチャーフォン向けに発表された作品なのですが、現在はスマートフォン版も出ていま …

薄桜鬼をプレーした感想

マンガや小説、アニメやゲーム、世の中にはいろいろな新撰組をモチーフにした作品が出回っています。 もちろん乙女ゲーム界隈でも同様で、そんな中でも多くの女性プレイヤーの支持を集めている薄桜鬼には前々から興 …

うたのプリンスさまっをプレーした感想

攻略対象が皆アイドル養成学校の生徒という事もあり、全員が個性ばらばらな所謂イケメンです。 声優の好みの問題で一番気になっているキャラを最後に攻略しようと決めていた為、和やかで優しいお兄さんのような印象 …

薄桜鬼をプレーした感想

これが、私の初めての乙女ゲーデビューだったのですが、本当に買って正解でした。かなりはまってしまいました。 薄桜鬼は新撰組を元にストーリーやキャラクターが構成されています。 基本的には学園モノみたいな明 …