乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

ときめきメモリアルGirl’s sideをプレーした感想

投稿日:2017年4月9日 更新日:

王道ですが、「ときめきメモリアルGirl’s side」はやはり外せない乙女ゲーだと思います。

元々は普通のときめきメモリアルをプレイしていて、藤崎詩織ちゃんが攻略出来なくて何周もしたのを覚えています。ときメモシリーズの一番の面白さは、やはりパラメータ上げです。そのため、女子でも普通のときメモが好きで長くプレイしている方もいらっしゃると思います。

「ときめきメモリアルGirl’s side」は、お金の概念があるのが面白かったです。通常のときメモの場合、主人公はアルバイトもしていないのに、攻略キャラクターの誕生日になると超高級なプレゼントを渡していたんですよね。そこに違和感があったので、アルバイトでお金を稼いで洋服とかプレゼントを購入するというシステムはすごく面白かったです。

洋服も選べて、最初は全然服も持っていません。そこで、休日にショッピングで購入するんです。もちろんデートの時にはコーディネートが出来ますよ。ちなみに、洋服には全てジャンルが設定されています。例えばセクシー系とかエレガント系など。攻略キャラクターによってどんな系統の服が好きなのか決まっていますので、合っている服装を選べば好感度にボーナスが入ります。好みに合わない服だと逆に好感度がマイナスされてしまったり。好きな男の子の好みに合わせて服を選ぶというのが何とも健気で可愛いですよね。

ちなみに、洋服はちゃんと販売時期が決められています。バーゲンセールもあるのでお金が厳しい時はセールで購入するのも良いですね。後はデート用だけではなく各イベント向けの洋服もあります。例えばクリスマスパーティーならドレス、お正月なら振袖とか。高いですが、購入した分の価値があります。

でも、アルバイトばかり頑張っていてもパラメータが上がらないし…とそこが面白いところ。ちなみに、ときめきメモリアルGirl’s sideは一部キャラクターを除いて基本的に難易度が低めです。

そのため、ライフシミュレーションみたいな感じで楽しむことが出来るのもお気に入りのポイントです。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

眠らぬ街のシンデレラをプレーした感想

私も含め女性って多かれ少なかれセレブに憧れている部分があると思いますが、このゲームは、主人公はまぁどこにでもいる女の子で、その他に出てくる男性はみんなセレブという夢のような設定です。 地方から出てきて …

うたの☆プリンスさまっ♪をプレーした感想

うたの☆プリンスさまっ♪シリーズは何と言ってもキャラクター力に尽きると思います。 成人向けゲーはストーリーを楽しめるタイプと、完全に実用的なタイプに分かれます。 乙女ゲーはちゃんと萌えられることが前提 …

dame-prince

DAME×PRINCEをプレーした感想

セレンファーレン皇国側はクロムのDAMEEND以外のエンドは回収しました。 エピローグはクロムのみ回収しました。 ゲームの感想としては、独特なシステムが面白かったです。 読み終わったシナリオはコメント …

イケメン戦国〜時をかける恋〜をプレーした感想

私は小さな頃から歴史が大好きで、昨今は「歴女」などという言葉もありますが、私が大学に進学する頃にはそんな言葉も無かったし、歴史が好きな女の子なんて…という目があり、なかなか好きといえなかったので、こん …

STORM LOVERをプレーした感想

「STORM LOVER」は2010年にディースリー・パブリッシャーからPSP向けに発売されたゲームです。 主人公は名門進学校の「セントルイス・ハイ」に転校し、そこで数々のイケメン男性達に出会い、恋愛 …