乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

ときめきメモリアル Girl’s Side 3rd Storyをプレーした感想

投稿日:

学力や運動、芸術などのステータスをあげて、好きな異性(ボイスあり)で恋愛が出来るオススメなゲームです。
好きな異性との会話の他にも攻略対象たちの絡みもあり、男同士の友情を見ることも出来てとても癒されます。

私が特にお気に入りのキャラクターは、設楽聖司(したらせいじ)くんです。
主人公の女の子の先輩で超お金持ち、さらにピアノに長けた凄い人かと思いきや、時々ちょっと毒をはく俺様ツンデレタイプなのがとても良いです。

最初はデートに誘うなどのアピールをしてもそっけない態度をしてきて反応がいまいちなのですが、
攻略していくにつれて顔を赤らめてデレてきたり、携帯電話の操作が出来ないなど今どきの流行に乗るのが苦手なタイプということが分かり意外な一面を見せてきて可愛いです。
また、デートの最中にナンパにからまれるシーンが稀にあるのですが、ナンパ男の追い返し方が凄く男らしくはっきりとした態度をとってくれるところもたまらないです。

少しいじわるな面もありますが、本当は照れ屋で、相手のことを思いやり大切に出来るという彼の優しさが伝わってきます。
攻略をする前と攻略をした後で印象がとても変わるキャラクターです。
このゲームの中のキャラクターで、ギャップ萌えが一番実感できます。

残念ながら主人公の先輩なので先に学校を卒業してしまうのですが、順調にデートを重ねて行くことでちゃんと幸せになることができます。
幸せになると、「俺のことが好きだと言え」のようなセリフもあり上から目線の男性が好きな人が聴いたらたまらないと思います。

幸せにならず、親友モード(主人公に他に好きな人がいる状態)になると俺様でツンデレな彼が主人公を応援しようとして一生懸命我慢しているのですが、クールな彼が好きな気持ちを抑えきれずについ表情に出てしまうところも絶対見た方が良いと思います。
仲良くなる前から仲良くなった後まで、全部が魅力的なキャラクターです。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚をプレーした感想

ニル・アドミラリの天秤は、大好きなシナリオライターの片桐由摩さんと、これまた大好きなイラストレーターのさといさんがタッグを組んだということですぐに飛びつきました。一言で言うと、大人の乙女ゲーだと思いま …

ハートの国のアリスをプレーした感想

『ハートの国のアリス』を知る前は「乙女ゲーム」という存在を知らず、ハトアリの漫画をたまたま見かけて漫画を購入したのがきっかけでした。 不思議の国のアリスのような心温まるストーリーかと思えばその真逆で、 …

天下統一恋の乱をプレーした感想

私は歴女っぽい趣味があるので、戦国武将と恋する設定が気に入ってハマりました。 このゲームの特徴は、乙女ゲーの戦国モノの中でも、多岐ルートがあるので長く楽しめるところです。 ずっとではありませんが無料で …

クローバーの国のアリスをプレーした感想

不思議の国のアリスをモチーフにしたゲームシリーズの中の一つで、クローバーの国がメインとなったストーリーです。 主人公はゴスロリのような可愛らしい洋服を身につけ、頭にはリボンをつけている、黙っていれば美 …

上司と秘密の2LDKをプレーした感想

舞台設定は雑誌の出版社で、主人公はそこで働いています。その社内で5人の男性と恋愛を楽しめます。 5人共キャラが異なるので、自分好みの男性が必ず見つかると思います。 私が選んだのは「大河内湊」という男性 …