乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

ときめきメモリアルGirls Side 2nd Seasonをプレーした感想

投稿日:2017年3月12日 更新日:

2008年にニンテンドーDS向けに発売された「ときめきメモリアル Girls Side 2nd Season」。

もともと2006年にPlayStation2向けに「ときめきメモリアル Girls Side 2nd Kiss」が先に発売されていて、新キャラクターや新要素が追加されてニンテンドーDSから新たに発売されました。

乙女ゲームの王道と言っても過言では無いほど有名なゲームです。

私は「ときめきメモリアルGirls Side」のシリーズは全てプレイし、全キャラクター攻略していますが、 「ときめきメモリアル Girls Side 2nd Season」が一番面白くプレイすることが出来ました。

中でもお気に入りのキャラクターは佐伯瑛くんです。

「ときめきメモリアル Girls Side 2nd Season」の中で王子様的なポジションの男の子です。

佐伯瑛くんのツンデレの可愛い部分と、外面はとても良いのに実はメンドクサイ性格をしていてかなり屈折しているところが愛しくてたまりません。

佐伯瑛くんにハマり過ぎて何度も攻略してしまいました。

特にDS版で追加された新要素の「親友モード」の佐伯瑛くんが最高なんです。

「親友モード」とは、ある一定の条件を満たすと発生するモードで、要は佐伯瑛くんが主人公に片思いしている状態です。

そして主人公は別の人に恋をしている設定になります。

このモードになると、佐伯瑛くんが主人公の恋路を応援しながらも、ヤキモチを妬くシーンがあったりと、大変萌えます。

何度ゲームをしながらベッドの上でジタバタしたか分かりません♡

最後の告白シーンも何パターンかあるのですが、「親友告白モード」が一番萌えます。

通常の告白シーンより何倍も萌えるので、もし通常の告白シーンしか見たことが無い方がいましたら、是非見て欲しいです。

佐伯瑛くんを初めて攻略したのはPlayStation2版なので、10年以上前なのですが、今でも私の一番好きなキャラクターです。

そしてやはり何といっても「ときめきメモリアルGirls Side」は他の乙女ゲーと比べ、圧倒的にシステムが優れています。

作業ゲーが苦手な人にはもしかしたら大変に感じてしまうかもしれませんが、私は数々の乙女ゲーをプレイした中でも圧倒的に完成度の高さを感じているので、まだ「ときめきメモリアルGirls Side」シリーズを一度もプレイしたことが無い方がいらっしゃいましたら、騙されたと思って一度プレイしてみて欲しいです。

胸を張っておススメできます。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

エターナルリングをプレーした感想

主人公の私は実は彼氏がいるという設定の乙女ゲー。 しかし、その彼氏とはマンネリを感じていて、そこにイケメンが現れて恋をしていくというストーリーです。 私は実生活で、お付き合いしていた男性とマンネリ状態 …

擬人カレシをプレーした感想

絵柄がとても素敵で始めたゲームです。 最初はモバゲーでプレイしていて、今はアプリ版を楽しんでいます。 獣がベースになっていて、実は私はあまり獣ものは好みではなかったので、正直始めは気分が乗りませんでし …

あんさんぶるスターズ

あんさんぶるスターズをプレーした感想

乙女ゲームはストーリー性があまりない、絵柄やキャラクターデザインを見て決めるような先入観がありました。 乙女ゲーム自体やらないことが多かったですが、インストール前のキャラクターの強さが今までのどの乙女 …

薄桜鬼をプレーした感想

これが、私の初めての乙女ゲーデビューだったのですが、本当に買って正解でした。かなりはまってしまいました。 薄桜鬼は新撰組を元にストーリーやキャラクターが構成されています。 基本的には学園モノみたいな明 …

カレイドイヴをプレーした感想

純粋に乙女ゲーとして考えるのであれば、かなりボリュームは少なめだと思います。 私も休日にたったの1日でコンプリートしてしまいましたので、ボリューム重視の方ややりこみ要素が楽しみ!という方にはあまりオス …