乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

STORM LOVERをプレーした感想

投稿日:2017年3月24日 更新日:

STORM LOVER」は2010年にディースリー・パブリッシャーからPSP向けに発売されたゲームです。

主人公は名門進学校の「セントルイス・ハイ」に転校し、そこで数々のイケメン男性達に出会い、恋愛をしていくストーリーになっています。

「STORM LOVER」の魅力は、ずばり「自由に恋愛が出来る」という部分だと思います。自分の行動次第で、彼氏とバカップルモードになったり倦怠期になったり、三角関係になったり、別れたり復縁したりと、自由自在なんです。

私はこんなに自由な乙女ゲーは初めてプレイしたので、とても楽しかったです。

バカップルになっている時と倦怠期になっている時では、彼氏の発言が全然変わってくるので面白いです。バカップルの時の会話は思わず吹き出してしまう程の熱々な会話を繰り広げます。

BGMも面白くて、この会話を考えた人は想像力がすごい豊かだなと毎回感心してしまうほどでした。倦怠期モードは、乙女ゲーでこんなリアルな倦怠期を味わう日が来るとは思っていなかったので衝撃的でした。

すごく面白いシステムだと思います。

条件を満たすことでちゃんとキャラクターのルート(2パターンあります)にも進んでいきますし、楽しみ方は人それぞれだと思います。私は悪女になった気分で、よく三角関係のイベントを発生させて楽しんでました。

キャラクターの組み合わせも自由自在なので、バリエーションも豊かです。グラフィックがとても綺麗で、キャラクター達は皆本当にかっこいいです。

私の「STORM LOVER」の購入の決め手はキャラクターのかっこよさでした。全員好きな見た目をしています。服装や髪型もお洒落です。

その中でも御子柴恭介くんが大好きです。

赤い髪に褐色の肌で、見た目はかなり怖そうのに、実は家庭的でとても優しい性格をしています。ツンデレ具合が毎回可愛くて、現実にこんな男の子が本当にいれば良いのになあと思ってしまう程でした。

「STORM LOVER」はあまり深く考えずに、気楽にプレイできて楽しめるゲームでした。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

もし、この世界に神様がいるとするならば。をプレーした感想

音楽良し、キャラ絵良し、ストーリー良しな三拍子揃った乙女ゲーだとおすすめされプレイした「もし、この世界に神様がいるとするならば。」、その通りでした。 ストーリーは主人公の来実ハルカが7年前の自分からの …

婚約指輪は受け取れないをプレーした感想

タイトルだけでは分かりませんでした。よくある、幸せな結婚がゴールのキラキラ乙女ゲーだと思っていたら…。 『婚約指輪は受け取れない』は主人公が未婚の子持ちという設定。乙女ゲーらしからぬヘビーな設定に、何 …

イケナイ契約結婚をプレーした感想

私がこのゲームを知るきっかけになったのは、ズバリ友達からの紹介で招待されたからでした。たぶん、なにか特典があったから招待したんだろうけど……。 「この中でどの人と恋に落ちたいかでだいたいのタイプがわか …

うたの☆プリンスさまっ♪Repeatをプレーした感想

Repeatは最初に発売された「うたの☆プリンスさまっ♪」の細かい点が修正されたリメイクバージョンです。 さらに追加要素があるPlayStationVita用の移植版もあるのでこれからプレイされる方は …

夏空のモノローグをプレーした感想

元々は2010年にPS2で発売されたソフトですが、PSPに移植された「夏色のモノローグ」。PS2版は未プレイですが、PSP移植版ではシナリオやイベントスチルも追加されていると知り、こちらからプレイを始 …