乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

新章イケメン大奥◆禁じられた恋をプレーした感想

投稿日:2017年4月23日 更新日:

新章イケメン大奥」は、いわゆる逆転大奥が舞台です。

主人公の女性は将軍の替え玉として城に連れて来られた町娘で、大奥には将軍の正室候補であるイケメンな男性たちがわんさかいます。その中の一人といろんな出来事を体験しながら愛を育み、身分を越えて結ばれるのがこのゲームの大まかなストーリーです。

新章イケメン大奥のすごいところは、キャラクターの多さだと思います。
私が攻略したキャラクターは全部で10人で、他にも魅力的なキャラクターが登場しています。その全員がいろいろな事情を抱えながら大奥に入ったというところに、心が惹かれます。

乙女ゲームというと、男性キャラクターは絶対的な王子様キャラだったりドSキャラだったりと定番化していますが、このゲームに関してはそれらの要素もありながら実はこんな思惑があったとか、実は幼少期にこんなことがといったことがあり、それがストーリーに人間味を与えていると思います。

期間限定のキャンペーンやアナザーストーリーでは男性目線の話が読めたりするので、彼の本心が分かり胸がキュンキュンします。

そして、なんと言ってもキャラクターデザインがとても美麗で、スチルを集めたくなってしまいます。

課金せずに進められるゲームでは、このゲームが一番イケメン揃いなのではないかと思います。
そのイケメンたちが主人公である私に甘いセリフを囁いてくれるんです。ゲームの中の擬似恋愛とはいえ、毎日の生活が楽しくなりました。

ゲーム内でのアバターも可愛いです。
衣装や小物はもちろん、部屋のインテリアなどもデザインが豊富で、ゲームを続ければ続けるほど作り込んでいくことができます。お仲間をゲットしあいさつをするだけで、ゲーム内で使える通貨をもらえたり、毎日ボーナスポイントやアイテムをもらえたりするので、それらを活用して飾り付けできたりします。

私は課金しなくても充分楽しめました。
ストーリーの内容も、キャラクター別に起承転結がしっかりあるもので読んでいて飽きませんでした。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

ワンドオブフォーチュンRをプレーした感想

「ワンドオブフォーチュン」は、ミルスクレアという魔法学校に全属性を持った少女が転校してきて、様々な属性を持った同級生たちが抱える問題と、主人公が全属性の魔法を使いこなせていない問題を解決するために立ち …

喧嘩番長乙女をプレーした感想

一見ヤンキー系のお話…ですが、当然のごとく攻略キャラクターはイケメン揃いです。正直、全然ヤンキーという感じはしません。 ヤンキー系の漫画を読んでいたのでちょっと違和感がありましたが、女性向けだとこうな …

ウィル・オ・ウィスプをプレーした感想

友人にすすめられて、嫌々プレイしたのが始まり…。 絵は非常に私好みなんですが、友人から「あまり糖度高くはない…」と聞いていたからです。 私は幼い頃から王道な少女漫画が大好きで、ヒーローとヒロイン(脇役 …

喧嘩番長 乙女をプレーした感想

不良たちとの勢力争い、熱い友情と喧嘩を繰り広げるあの喧嘩番長が乙女ゲームになった!というだけでもかなりのインパクトがあった「喧嘩番長 乙女」。 喧嘩番長シリーズのツッコミどころ満載、時にホロリと涙させ …

アンジェリーク デュエットをプレーした感想

今は懐かしいアンジェリークデュエット。 アンジェリーク デュエットが発売された当時は乙女ゲームなんて物はほぼ無い時代でした。 なので物珍しさや嬉しさが特別に大きなゲームです。 アンジェリークシリーズは …