乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

リア充はじめました(仮)をプレーした感想

投稿日:2017年6月30日 更新日:

リア充(仮)は、ラインなどのチャットアプリのような画面で、メンズキャラクター達とやりとりしていくというタイプの乙女ゲームです。
ゲームの難易度は決して高くありませんから、誰でも気軽に楽しめるのではないでしょうか。

メンズキャラクターからメッセージが届くので、その度に返信をすれば良いのです。
実際のラインのように、仕事の合間などにスマホを確認するとメッセージが来ているので、リアルな感じがします。
送られてきたメッセージへの返信は、自分で実際に文章を考えて送るのではなく、三つのメッセージから選んで送るという選択方式です。どのメッセージを選択するかによって、相手への好感度が変わります。
画面右上にハートゲージがあって、選んだメッセージが正解ならゲージはどんどん上がっていきますが、逆に選択を誤るとせっかくたまったゲージが下がってしまいます。

主人公である女性キャラクターの性格をよく把握して、また、やりとりをしているメンズキャラクターとの間柄を考えて送るメッセージを選ぶ必要があります。よく考えて選んでいるつもりなのですが、時々どうしても上手くいかないキャラクターもいて、そういうキャラクターを攻略するのも楽しみの一つでした。

ゲーム初期の頃のメンズキャラクターは、イラストがいまいちだったので、イラストはなるべく見ないようにしていましたが、後からの追加キャラクターに関しては、乙女ゲームらしく、イケメンが描かれています。
このゲームの良いところは、次のステージに行く際、文字のメッセージだけでなく、ゲーム中に着信がある事です。
実際に会話ができるわけではありませんが、本当に電話が鳴り出すので、初めてゲームをやった時はとても驚きました。
電話に出ると、メンズキャラクターが一方的に喋り出します。こちらの受け答えを想定したような感じで、相槌を打ったり、笑ったりします。こちらはこちらで、脳内で会話を展開させて楽しむ感じです。
聞いているだけで恥ずかしくなるようなセリフがばんばん飛び出すので、恥ずかしいですが、乙女ゲーム好きとしては嬉しい気持ちになれるゲームです。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

男遊郭をプレーした感想

「男遊郭」は2015年にディースリー・パブリッシャーから発売されたPS Vita用の乙女ゲーです。 もともとはスマホ向けアプリゲームとして配信されていて、PS Vita版は新シナリオや新キャラクターが …

グリム・ザ・バウンティハンターをプレーした感想

 グリム童話をモチーフにした乙女ゲームで、皆見た目に反して心の中では闇が深いタイプのキャラが多く、恋愛描写も甘い大人な雰囲気はありますが激甘作品というわけではなく、ところどころにファンタジーチックなコ …

ときめきメモリアルGirls Side 1st Loveをプレーした感想

この作品は、2007年にコナミからニンテンドーDS向けに発売された乙女ゲーです。 もともと2002年にプレイステーション2向けに発売されていた作品の移植版となります。 ときめきメモリアルGirls S …

dame-prince

DAME×Princeをプレーした感想

イラストが綺麗で魅力的な『DAME×Prince』(通称:ダメプリ)。 スマホを弄っているときに広告が多くww、目にしていたこととキャラ絵が好みだったのではじめました。 選択できる王子は4人、ノーマル …

明治東京恋伽をプレーした感想

私の一押しは「明治東京恋伽」です。その人気ぶりから映画化もされました。 明治東京恋伽はチャーリーと言う奇術師に現代の女の子が導かれて、大正時代にトリップする乙女ゲームで、チャーリー以外の攻略対象は大正 …