乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

黒蝶のサイケデリカをプレーした感想

投稿日:2017年5月19日 更新日:

「黒蝶のサイケデリカ」は2015年にオトメイトよりPS Vita向けに発売された恋愛アドベンチャーゲームです。

主人公は気が付くと見知らぬ洋館に居ました。同じ洋館で目覚めた男性達と共に、「黒蝶狩り」というゲームを通して万華鏡の欠片を集めることになります。
この作品は乙女ゲーでは珍しく、主人公にボイスが付いています。(もちろんオフにもできます。)
プレイする前は、「なんで主人公にボイス?いらないでしょ」と思っていたのですが、プレイしてみて、「ボイスあった方が良い!」と思うようになりました。

「黒蝶のサイケデリカ」は、ストーリーがとても切なくて、感動して、涙が出ました。
「乙女ゲー」と一言で片づけるには惜しいぐらいの作品なんです。

「黒蝶のサイケデリカ」を購入したきっかけは、ネットのレビューでとても評判が高く、「感動する」と言う口コミが多かったので、興味本位でやってみたのですが、本当に映画を観ているかの様に、とても素晴らしいストーリーでした。

私は夢中でプレイしたので、3日ぐらいでクリアしてしまいましたが、その間、この作品の世界観にどっぷり浸っていました。
ストーリーもさることながら、音楽も素晴らしいのです。
ここまで作品の世界とピッタリの音楽を用意できるなんて、本当にプロは凄いなあとただただ感心してしまいました。
グラフィックもとても綺麗で、男の子も女の子もとってもかっこよくてかわいいです。

登場キャラクターは皆大好きで、どのキャラクターのルートも重要なのですが、その中でも鴉翅ルートが大好きです。
鴉翅ルートは少し大人なシーンもあって、ドキドキしてしまいました。
CVは柿原徹也さんで、大好きな声優さんなので尚更良かったです。
全キャラクターを攻略してこそ、ストーリーの全容が理解出来るので、プレイし始めたら止まりません。
システム自体は難しく無く、フローチャートもちゃんとあるので、分かりやすいです。
甘々な乙女ゲーに飽きた人にも是非おすすめしたい作品です。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

リア充はじめました(仮)をプレーした感想

リア充(仮)は、ラインなどのチャットアプリのような画面で、メンズキャラクター達とやりとりしていくというタイプの乙女ゲームです。 ゲームの難易度は決して高くありませんから、誰でも気軽に楽しめるのではない …

ときめきメモリアル Girl’s Sideをプレーした感想

男性向けのときめきメモリアルからの派生作品なので内容はもちろん女の子の主人公が魅力的な男の子を攻略していくという形になっています。 ときメモGSは3作品出ており(マイナーチェンジ含まず)、どの作品もと …

明治東京恋伽をプレーした感想

私の一押しは「明治東京恋伽」です。その人気ぶりから映画化もされました。 明治東京恋伽はチャーリーと言う奇術師に現代の女の子が導かれて、大正時代にトリップする乙女ゲームで、チャーリー以外の攻略対象は大正 …

緋色の欠片をプレーした感想

「緋色の欠片」は和風伝奇が好きな人には堪らないゲームです。 和の雰囲気にファンタジー要素が加わり、伝統、宿命、使命、抗えない運命に少年少女が巻き込まれていきます。 いい大人になっても主人公の少女に感情 …

DIABOLIK LOVERSをプレーした感想

「DIABOLIK LOVERS」をやろうと思ったきっかけは、ゲームを探していた時に、とても絵柄が綺麗だったことと、アニメなどでよく見る声優さんをが起用されていたのでやってみたくなったのがきっかけです …