乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

黒蝶のサイケデリカをプレーした感想

投稿日:2017年5月19日 更新日:

「黒蝶のサイケデリカ」は2015年にオトメイトよりPS Vita向けに発売された恋愛アドベンチャーゲームです。

主人公は気が付くと見知らぬ洋館に居ました。同じ洋館で目覚めた男性達と共に、「黒蝶狩り」というゲームを通して万華鏡の欠片を集めることになります。
この作品は乙女ゲーでは珍しく、主人公にボイスが付いています。(もちろんオフにもできます。)
プレイする前は、「なんで主人公にボイス?いらないでしょ」と思っていたのですが、プレイしてみて、「ボイスあった方が良い!」と思うようになりました。

「黒蝶のサイケデリカ」は、ストーリーがとても切なくて、感動して、涙が出ました。
「乙女ゲー」と一言で片づけるには惜しいぐらいの作品なんです。

「黒蝶のサイケデリカ」を購入したきっかけは、ネットのレビューでとても評判が高く、「感動する」と言う口コミが多かったので、興味本位でやってみたのですが、本当に映画を観ているかの様に、とても素晴らしいストーリーでした。

私は夢中でプレイしたので、3日ぐらいでクリアしてしまいましたが、その間、この作品の世界観にどっぷり浸っていました。
ストーリーもさることながら、音楽も素晴らしいのです。
ここまで作品の世界とピッタリの音楽を用意できるなんて、本当にプロは凄いなあとただただ感心してしまいました。
グラフィックもとても綺麗で、男の子も女の子もとってもかっこよくてかわいいです。

登場キャラクターは皆大好きで、どのキャラクターのルートも重要なのですが、その中でも鴉翅ルートが大好きです。
鴉翅ルートは少し大人なシーンもあって、ドキドキしてしまいました。
CVは柿原徹也さんで、大好きな声優さんなので尚更良かったです。
全キャラクターを攻略してこそ、ストーリーの全容が理解出来るので、プレイし始めたら止まりません。
システム自体は難しく無く、フローチャートもちゃんとあるので、分かりやすいです。
甘々な乙女ゲーに飽きた人にも是非おすすめしたい作品です。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

夏空のモノローグをプレーした感想

元々は2010年にPS2で発売されたソフトですが、PSPに移植された「夏色のモノローグ」。PS2版は未プレイですが、PSP移植版ではシナリオやイベントスチルも追加されていると知り、こちらからプレイを始 …

dame-prince

DAME×Princeをプレーした感想

イラストが綺麗で魅力的な『DAME×Prince』(通称:ダメプリ)。 スマホを弄っているときに広告が多くww、目にしていたこととキャラ絵が好みだったのではじめました。 選択できる王子は4人、ノーマル …

天下統一恋の乱をプレーした感想

私は歴女っぽい趣味があるので、戦国武将と恋する設定が気に入ってハマりました。 このゲームの特徴は、乙女ゲーの戦国モノの中でも、多岐ルートがあるので長く楽しめるところです。 ずっとではありませんが無料で …

リア充はじめました(仮)をプレーした感想

リア充(仮)は、ラインなどのチャットアプリのような画面で、メンズキャラクター達とやりとりしていくというタイプの乙女ゲームです。 ゲームの難易度は決して高くありませんから、誰でも気軽に楽しめるのではない …

天下統一恋の乱をプレーした感想

私がもう1年以上プレーしてハマっている乙女ゲーム。 出会ったきっかけは、当時結婚まで考えていた彼氏と、ささいなことが原因でケンカをし、今まで積もり積もっていたものが爆発してしまい、別れてしまいました。 …