乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

男遊郭をプレーした感想

投稿日:2017年3月17日 更新日:

男遊郭」は2015年にディースリー・パブリッシャーから発売されたPS Vita用の乙女ゲーです。

もともとはスマホ向けアプリゲームとして配信されていて、PS Vita版は新シナリオや新キャラクターが追加されています。

男女が逆転した遊郭、吉原を舞台にした乙女ゲームとなっていて、主人公は、男の産まれぬ島「女宝島」で生活をしており、島の中央にある遊郭(吉原)に通い出すことになります。

「男遊郭」の最大の魅力は、男の色気を堪能できるところだと思います。

攻略対象のキャラクター達が皆色っぽくて、とても美しいんです。

私が一番好きなキャラクターは、遊郭を管理するやり手のいろはさんです。最初は、攻略対象のキャラクターの中で一番メインのポジションに居る高尾くんの見た目がとても好みで、高尾くんをまず攻略しました。

その次にいろはさんをプレイしたのですが、もういろはさんの色気たっぷりの囁く様な声と、意外と他の傾城達に嫉妬心むき出しにするところとか、鬼の姿とか、たまらなく私のドツボでした。

「男遊郭」はもともとがスマホアプリだったので、正直シナリオにはそこまで期待せずにプレイしたのですが、一人一人のストーリーがきちんと作り込まれていて、想像以上にとても面白いかったです。

むしろとてもハマってしまい、一気にプレイしてしまいました。

エンディングは「祝言エンド」「幸福エンド」「悲恋エンド」の3パターンあります。

3パターンコンプするのも、一人当たり5時間程あればクリア出来ます。

少しボリュームが少ないかな?と思われてしまうかもしれませんが、内容がきちんと濃いので、十分満足できます。

また、エンディング曲は攻略したキャラクターのキャラクターソングが流れます。各キャラクターの個性が出ていて、最後までとても楽しむことが出来ました。

システムについては、ひたすら選択肢を選び、選んだ選択肢によって物語が変わる仕様です。特にパラメータ等は無いので、初心者の方でもプレイしやすいと思います。

BGMが素晴らしいです。和風で少し妖艶な感じの曲が流れるのですが、物語にピッタリ合っていて、この曲を作った人はすごいと思いました。

隙間時間でも無理なくプレイできるゲームですので、忙しい人にもおススメです。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

夏空のモノローグをプレーした感想

元々は2010年にPS2で発売されたソフトですが、PSPに移植された「夏色のモノローグ」。PS2版は未プレイですが、PSP移植版ではシナリオやイベントスチルも追加されていると知り、こちらからプレイを始 …

ウィル・オ・ウィスプをプレーした感想

友人にすすめられて、嫌々プレイしたのが始まり…。 絵は非常に私好みなんですが、友人から「あまり糖度高くはない…」と聞いていたからです。 私は幼い頃から王道な少女漫画が大好きで、ヒーローとヒロイン(脇役 …

ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚をプレーした感想

ニル・アドミラリの天秤は、大好きなシナリオライターの片桐由摩さんと、これまた大好きなイラストレーターのさといさんがタッグを組んだということですぐに飛びつきました。一言で言うと、大人の乙女ゲーだと思いま …

リア充はじめました(仮)をプレーした感想

リア充(仮)は、ラインなどのチャットアプリのような画面で、メンズキャラクター達とやりとりしていくというタイプの乙女ゲームです。 ゲームの難易度は決して高くありませんから、誰でも気軽に楽しめるのではない …

ときめきメモリアルGirls Side 1st Loveをプレーした感想

この作品は、2007年にコナミからニンテンドーDS向けに発売された乙女ゲーです。 もともと2002年にプレイステーション2向けに発売されていた作品の移植版となります。 ときめきメモリアルGirls S …