乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

男遊郭をプレーした感想

投稿日:2017年3月17日 更新日:

男遊郭」は2015年にディースリー・パブリッシャーから発売されたPS Vita用の乙女ゲーです。

もともとはスマホ向けアプリゲームとして配信されていて、PS Vita版は新シナリオや新キャラクターが追加されています。

男女が逆転した遊郭、吉原を舞台にした乙女ゲームとなっていて、主人公は、男の産まれぬ島「女宝島」で生活をしており、島の中央にある遊郭(吉原)に通い出すことになります。

「男遊郭」の最大の魅力は、男の色気を堪能できるところだと思います。

攻略対象のキャラクター達が皆色っぽくて、とても美しいんです。

私が一番好きなキャラクターは、遊郭を管理するやり手のいろはさんです。最初は、攻略対象のキャラクターの中で一番メインのポジションに居る高尾くんの見た目がとても好みで、高尾くんをまず攻略しました。

その次にいろはさんをプレイしたのですが、もういろはさんの色気たっぷりの囁く様な声と、意外と他の傾城達に嫉妬心むき出しにするところとか、鬼の姿とか、たまらなく私のドツボでした。

「男遊郭」はもともとがスマホアプリだったので、正直シナリオにはそこまで期待せずにプレイしたのですが、一人一人のストーリーがきちんと作り込まれていて、想像以上にとても面白いかったです。

むしろとてもハマってしまい、一気にプレイしてしまいました。

エンディングは「祝言エンド」「幸福エンド」「悲恋エンド」の3パターンあります。

3パターンコンプするのも、一人当たり5時間程あればクリア出来ます。

少しボリュームが少ないかな?と思われてしまうかもしれませんが、内容がきちんと濃いので、十分満足できます。

また、エンディング曲は攻略したキャラクターのキャラクターソングが流れます。各キャラクターの個性が出ていて、最後までとても楽しむことが出来ました。

システムについては、ひたすら選択肢を選び、選んだ選択肢によって物語が変わる仕様です。特にパラメータ等は無いので、初心者の方でもプレイしやすいと思います。

BGMが素晴らしいです。和風で少し妖艶な感じの曲が流れるのですが、物語にピッタリ合っていて、この曲を作った人はすごいと思いました。

隙間時間でも無理なくプレイできるゲームですので、忙しい人にもおススメです。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

花咲くまにまにをプレーした感想

江戸時代で生まれたことを知らなかった女子高生が倉間楓の力によって江戸時代に飛ばされ、万珠屋と呼ばれる実父が営む所で生活します。タイムスリップ系のお話でも「もともとが江戸時代の生まれ」という特徴があるス …

大正鬼譚をプレーした感想

「大正鬼譚」も糖度は高いほうですが、続編の「大正鬼譚言ノ葉櫻」は先生の栗原千秋以外は両想いの状態から始まるので激甘な糖度になっています。 プレイヤーの主人公は上流階級のお嬢様です。しかし、見た目はおし …

グリム・ザ・バウンティハンターをプレーした感想

 グリム童話をモチーフにした乙女ゲームで、皆見た目に反して心の中では闇が深いタイプのキャラが多く、恋愛描写も甘い大人な雰囲気はありますが激甘作品というわけではなく、ところどころにファンタジーチックなコ …

STORM LOVERをプレーした感想

「STORM LOVER」は2010年にディースリー・パブリッシャーからPSP向けに発売されたゲームです。 主人公は名門進学校の「セントルイス・ハイ」に転校し、そこで数々のイケメン男性達に出会い、恋愛 …

薄桜鬼をプレーした感想

マンガや小説、アニメやゲーム、世の中にはいろいろな新撰組をモチーフにした作品が出回っています。 もちろん乙女ゲーム界隈でも同様で、そんな中でも多くの女性プレイヤーの支持を集めている薄桜鬼には前々から興 …