乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

スイートルームの眠り姫をプレーした感想

投稿日:2017年6月16日 更新日:

このアプリに出会った頃の私は、年齢的にもこの人といずれは結婚するんだろうなぁ…と不満は多々あるけれど、また新しい人と出会って同じように関係性を築いていくのは大変だし、大事にしてくれるから良いかな…と思っていた彼氏が、些細なことがきっかけでケンカし、まさか結婚まで考えていた相手から音信不通のまま自然消滅してしまったばかりの時でした。

なんとなくもう恋愛が怖くなってしまい、二の足を踏んでいるような状態でした。
そのため、自分には絶対起こらないであろう設定ならお気楽にできて良いなと思いこのアプリを始めました。

私は歌舞伎が好きでよく観にいくので、一番最初に攻略したのが、歌舞伎役者の薫さんから始めました。薫は、恐らく世間一般が思う歌舞伎役者という感じで、女たらしの女好きだけど、主人公に出会ってからかなり変わっていくところに好感が持てました。
また、女形のイラストが綺麗で、私のなかでは、その艶やかな姿が中村七之助さんかな?なんて想像しながら進められたのも良かったです。

全てのキャラクターを攻略しましたが、一番のお気に入りのキャラクターはバーテンダーの有馬尚哉
現在のホテルオーナーを追い落としたい黒崎専務に、表面は従順しているが、それは仮の姿で…というミステリアスな部分がバーテンダーという職業柄あっているように思えました。私自身友人にバーテンダーがいるので、そのあたりを重ねている部分もあったのかもしれません。

この会社がアップしているゲームをするのは2つめでしたが、共通している点として、毎日ログインするとなにかしら貰えると言うのが、課金ばかりさせている訳ではないですよ、と言われているような感じがして、非常に好感が持てました。これだけ沢山乙女ゲームが溢れていると、そのようなお得感があるなどしないとダメな気もします。
また、このゲームのようにセレブと言うのも女性は好きなので、本当に乙女心をくすぐられるゲームだと思います。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

里見八犬伝をプレーした感想

このシリーズは単体でも楽しめますが、「八珠之記」・「浜路姫之記」・「村雨丸之記」とストーリーが続いているので、順番にプレイしたほうが面白いのは確かです。 南総里見八犬伝をテーマにした乙女ゲームで、「孝 …

上司と秘密の2LDKをプレーした感想

舞台設定は雑誌の出版社で、主人公はそこで働いています。その社内で5人の男性と恋愛を楽しめます。 5人共キャラが異なるので、自分好みの男性が必ず見つかると思います。 私が選んだのは「大河内湊」という男性 …

薄桜鬼をプレーした感想

今では続編や追加コンテンツがたくさん発売されていますが、ここでは一番初めに発売されたPSP版の薄桜鬼のプレイした感想を書きたいと思います。 「薄桜鬼」は土方や沖田などの主に新撰組を攻略対象とした恋愛シ …

新章イケメン大奥◆禁じられた恋をプレーした感想

「新章イケメン大奥」は、いわゆる逆転大奥が舞台です。 主人公の女性は将軍の替え玉として城に連れて来られた町娘で、大奥には将軍の正室候補であるイケメンな男性たちがわんさかいます。その中の一人といろんな出 …

眠らぬ街のシンデレラをプレーした感想

私も含め女性って多かれ少なかれセレブに憧れている部分があると思いますが、このゲームは、主人公はまぁどこにでもいる女の子で、その他に出てくる男性はみんなセレブという夢のような設定です。 地方から出てきて …