乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

眠らぬ街のシンデレラをプレーした感想

投稿日:2017年7月2日 更新日:

私も含め女性って多かれ少なかれセレブに憧れている部分があると思いますが、このゲームは、主人公はまぁどこにでもいる女の子で、その他に出てくる男性はみんなセレブという夢のような設定です。

地方から出てきて、以前冤罪で苦しめられていた一家を救ってくれた憧れの記者を訪ねると、彼はゴシップ記事を載せる週刊誌の担当になっていて、スクープを取って来いと言われて、出会うのが、後々主人公と恋に落ちるセレブの面々。
取材先も超豪華ホテルのカジノと言うことで、設定は若干無理があるものの、この位のセレブになると有りなのかな、と思えて来るのが乙女ゲームマジックな気がします。

登場人物は、みんなセレブなのですが、一応仕事をしています。一番人気は廣瀬遼一
ベストセラー作家で、そのイケメンっぷりもありテレビでも活躍中。かなり俺様気質。最初から主人公がお気に入りでかなり構ってくる。
北大路悠月は俳優で、兄の北大路皐月とは違いガツガツ来るタイプ。私はあまりガツガツ来るタイプが好きではないので、どちらかと言うと苦手なタイプでした。
同じくちょっと何考えているのかわからないタイプなので、あまり得意ではなかったのが、レーサーの藍島ノエル。ストイックと言うか無愛想というか、いずれにしろ乙女ゲームにはなんとなく1人はいるタイプです。

大人組としては、カリスマ美容外科医師の国府田千早。まぁ、現実に一番居そうなタイプ。仲間には欲しいけど、引く手あまたな感じなだけに恋人にはしたくないかな、と言うのが正直な感想です。
私のイチオシキャラクターは、なんと言ってもみんなが集うホテルのオーナーの北大路皐月。物腰も柔らかく、紳士を絵に書いたようなキャラクターです。

このゲームをしてみて、分かったのは、自分の嗜好。私は年齢的にも高めなので、余計そうなのかもしれませんが、完璧な紳士と言うのが好きみたいです。現実ではなかなか出会うこともないので、ゲームで出会って楽しんでいます。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

薄桜鬼をプレーした感想

今では続編や追加コンテンツがたくさん発売されていますが、ここでは一番初めに発売されたPSP版の薄桜鬼のプレイした感想を書きたいと思います。 「薄桜鬼」は土方や沖田などの主に新撰組を攻略対象とした恋愛シ …

LovePlan 大人の恋愛ストーリーをプレーした感想

私がこのゲームに出会ったのは、人生最大の失恋をした後でした。 今日はもしかしたら連絡があるかもしれないと、一縷の希望を持っていましたが、結婚するかもしれないとまで思っていた相手からまさかの音信不通での …

夏空のモノローグをプレーした感想

主人公と部活の仲間たちは同じ1日を何度も繰り返すという不思議なループの世界に迷い込んでしまうという設定の「夏空のモノローグ」 ただ当たり前のようにループしているのではなく、だんだん本人達はこの世界の奇 …

AMNESIAをプレーした感想

2011年にアイデアファクトリーから発売された、PSP&PS VITA向けのゲーム。 主人公はある時目が覚めたら8月1日以前の記憶を失っていて、自分のことも周りの人達のことも忘れてしまっており、その失 …

カレイドイヴをプレーした感想

 カレイドイヴは何と言っても、音楽が素晴らしいです。 オープニングはceulさんが歌うPandoraという歌が素晴らしくて、ムービー映像ととても合っています。エンディングあたりには各ルートのキャラがそ …