乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

夏空のモノローグをプレーした感想

投稿日:2017年5月9日 更新日:

昔から乙女ゲームに興味があり、探している中で一番興味を惹かれたのが、「夏空のモノローグ」です。

タイトルもパッケージもとても爽やかで比較的手に取りやすいと思います。

この乙女ゲームは今までで一番良かったです。
乙女ゲームで感動して泣いたのは初めてでした。
とにかく良作なのでおすすめです。

舞台は田舎町にある学校。
その学校の中の部活、科学部の中のお話です。

その科学部が廃部になってしまうというところから始まるこのストーリー。

どこにでもいるような平凡な生徒、先生たちの成長する姿を描いています。

プレイできるキャラクターは全部で6人。

たくさんキャラがいる中、私が一番好きなのは加賀陽、通称カガハルです。
キャラクター全員攻略して、どれも最高だったのですが、カガハルが一番楽しかったです。

カガハルは年下キャラが2人出てくるうちの1人です。
子犬のような笑顔で、私を癒してくれました。
でも、ただただニコニコしているだけでなく、たまに毒づいてみたり、悪い意味ではない裏表があったりしました。

年下というほっとけない可愛さが、私の中で大きな存在となっていました。

たくまで個人的な意見ですが、攻略の順番は、カガハル→部長→先生→木野瀬→篠原の順番がおすすめです。

私は違う順番でプレイしましたが、結局はどの順番でプレーしても感動します。

ですが全員攻略することをおすすめします。

と、いうのも、ひとりプレーヤーを攻略すると、他のプレーヤーの裏話が見えてくるからです。

つまり、どのプレーヤーとの話しても伏線が張り巡らされているということです。
プレーすればするほど謎が解けていくので、小説を読んでいる気分になります。

最後にプレーしてほしい篠原のストーリーは、涙なしではプレーできませんでした。

私は全員攻略するのに何ヶ月もかかってしまいましたが、それぞれ登場人物ごとに深い物語があるので、最後まで飽きずにプレイすることができました。

この乙女ゲームを、プレイすることができて良かったです。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

ときめきメモリアル Girl’s Sideをプレーした感想

男性向けのときめきメモリアルからの派生作品なので内容はもちろん女の子の主人公が魅力的な男の子を攻略していくという形になっています。 ときメモGSは3作品出ており(マイナーチェンジ含まず)、どの作品もと …

新章イケメン大奥◆禁じられた恋をプレーした感想

「新章イケメン大奥」は、いわゆる逆転大奥が舞台です。 主人公の女性は将軍の替え玉として城に連れて来られた町娘で、大奥には将軍の正室候補であるイケメンな男性たちがわんさかいます。その中の一人といろんな出 …

喧嘩番長乙女をプレーした感想

一見ヤンキー系のお話…ですが、当然のごとく攻略キャラクターはイケメン揃いです。正直、全然ヤンキーという感じはしません。 ヤンキー系の漫画を読んでいたのでちょっと違和感がありましたが、女性向けだとこうな …

夏空のモノローグをプレーした感想

元々は2010年にPS2で発売されたソフトですが、PSPに移植された「夏色のモノローグ」。PS2版は未プレイですが、PSP移植版ではシナリオやイベントスチルも追加されていると知り、こちらからプレイを始 …

AMNESIA V Editionをプレーした感想

精霊とぶつかったことで記憶も人格も無くしてしまう主人公は、キャラデザも相まってお人形のような印象を受けます。ただし、無個性かと思えばそうではなく、天然気味であり芯の強さもある一面を見せ、プレイヤーのア …