乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

猛獣使いと王子様をプレーした感想

投稿日:2017年4月30日 更新日:

主人公は母のような猛獣使いを目指す可愛いくて勇気のある、プレイしていて気持ちがいいタイプの女の子です。

ある日、ライオン・狼・アヒル・ウサギが檻の中で衰弱している姿を見て、母の形見と引き換えに猛獣使いの練習として動物を買い取るのですが、実は動物たちの正体は魔女に呪いをかけられた4人の見目麗しい異母兄弟の王子様だったという展開で、王子の呪いを解きながら身分違いの愛が芽生えていくという、シンデレラストーリーが面白いです。

動物の姿が可愛くて癒されるし、手でナデナデするシーンがあるのですが、動物達の気持ちいい表情がたまらなくキュンときます。
異母兄弟は皆仲がいいのに王位争いに巻き込まれ、自らの呪いを解くために情報を収集し、仰天の真犯人と立ち向かいながら主人公と立ち向かっていくことは楽しいし、どの王子もストレートに気持ちを伝えてくるし、態度に現わしてくれるのでそこがいいと思います。
続編は呪いが解かれ王宮に帰り、結婚式を挙げるまでの激甘イベントが盛りだくさんなので、ドキドキされっぱなしです。

攻略キャラは4人の王子と幼馴染と隠しキャラとそこまで多くはないですが、ストーリーも秀悦だし、声と絵の描写がとても美しくて素敵です。

私は長男のライオンのマティアス次男の狼のアルフレートがお勧めです。
2人とも王子様だけど、主人公への恩義と感謝の気持ちを持っているし、全く威張ってないし、兄弟と民と国を大切に思っていることが伝わってきます。
この2人はゲームの中の争いのメインの存在なので、ストーリの展開も面白く、主人公に好意を明確に示してくれるところが好きです。
続編では王宮に馴染めない主人公を常に気にかけてくれるし、今まで本編でも好きと言う気持ちは言葉や態度で現わしていたけど、それでは足りない・抑えていたと言って、迫りまくってくるところも素敵です。

おとぎ話の絵本のようなファンタジー的展開が好きな人にお勧めの乙女ゲームです。”

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

幕末恋華・新選組

幕末恋華・新選組をプレーした感想

新選組が題材になっているため、いわゆる悲恋エンドもあります。 でも、後味が悪いわけではないのです。気持ちが落ち込んでしまうような内容ではないので、鬱々しい内容が苦手な方にもおすすめできます。 むしろ悲 …

もし、この世界に神様がいるとするならば。をプレーした感想

音楽良し、キャラ絵良し、ストーリー良しな三拍子揃った乙女ゲーだとおすすめされプレイした「もし、この世界に神様がいるとするならば。」、その通りでした。 ストーリーは主人公の来実ハルカが7年前の自分からの …

夏空のモノローグをプレーした感想

主人公と部活の仲間たちは同じ1日を何度も繰り返すという不思議なループの世界に迷い込んでしまうという設定の「夏空のモノローグ」 ただ当たり前のようにループしているのではなく、だんだん本人達はこの世界の奇 …

遙かなる時空の中でをプレーした感想

「遙かなる時空の中で」でハマったのは安倍泰明でした♪ 見た目は藤原鷹通が好みでしたが、大本命の声優(石田彰さん)だったので最初は、とりあえず一度はプレイしておこうくらいの気持ちでした。 声を聞きたいだ …

アンジェリークSpecialをプレーした感想

もうかなり昔のゲームですが、当時の社名、光栄から発売された乙女ゲームがあります。タイトルは「アンジェリークSpecial」で、当時は乙女ゲームは本当に珍しい時代でした。 ゲームと言えば男の子の物という …