乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

LovePlan 大人の恋愛ストーリーをプレーした感想

投稿日:2017年5月27日 更新日:

私がこのゲームに出会ったのは、人生最大の失恋をした後でした。

今日はもしかしたら連絡があるかもしれないと、一縷の希望を持っていましたが、結婚するかもしれないとまで思っていた相手からまさかの音信不通でのお別れだったので、だれのことも信じられなくなり、ただただ部屋に籠っていました。それでもスマホを手放すことは出来ず、なんとなく見ている時にこのゲームにたどり着きました。

正直なところ、ゲームもしたことがなかったし、マンガも読まないので、長続きはしないだろうな、と思っていましたが、予想に反して全てのキャラクターをクリアしてしまいました。
と言うのも一番最初にやったキャラクターの片倉京太郎

主人公がファッション誌の編集さんと言う設定なので、カメラマンである彼と出会うのもありかな、と言う無理のない設定が良かったのだと思います。また、カメラマンの彼の性格も硬派で、仕事熱心と言うところも好感が持てました。
更に彼は以前婚約していて、その彼女が自分が仕事をしている間に亡くなってしまい、以来幸せになんてなれない、結婚なんて無理と思いつめているところが、その当時の自分の辛い気持ちと重なってみえました。
結局心の葛藤を乗り越えて結ばれた時、自分の辛さも少し拭えた気がしました。

自分も今は少し本当の恋愛はお休みだけれど、リハビリのつもりで続けようと思い、次のキャラクターに進みました。
次のキャラクターは、やはりファッション誌と言う仕事柄出会った新進気鋭のデザイナー真田湊。人当たりもよく、どちらかと言えば女たらしで軽薄な彼。どちらかと言うと、リアルではこのタイプが一番寄って来てしまう私なので、今後の傾向と対策のためにやった部分もありました。結果としては、ノリもよく一番いいテンポで進められるキャラクターでした。

このゲームは課金をしないでも進めることができ、ミッションのようなものがないのもゲーム初心者の私には良かったところだと思います。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

ときめきメモリアルGirl’s Sideをプレーした感想

今はもう懐かしのゲームとなってしまった「ときめきメモリアル Girl’s Side」。 ギャルゲーとして有名なあのときメモから乙女ゲームが出るということで当時はかなりの話題になり、その後シ …

違法レンアイをプレーした感想

私が最近プレーをしてはまったのが、違法レンアイ。 主人公が何かをきっかけに記憶喪失になるところからストーリーは始まります。 記憶喪失でさまよっていたら警察官に保護されるのですが、それがイケメンの警察官 …

薄桜鬼をプレーした感想

これが、私の初めての乙女ゲーデビューだったのですが、本当に買って正解でした。かなりはまってしまいました。 薄桜鬼は新撰組を元にストーリーやキャラクターが構成されています。 基本的には学園モノみたいな明 …

あやかしごはん~おおもりっ!をプレーした感想

ストーリーも切なく泣けるし、開始早々涙です。ハンカチの準備が必要な乙女ゲーです。 それでもほっこり幸せな気分にさせてくれます。吟さんの作るご飯にほっこりしながら、微笑ましい気持ちでプレーしていました。 …

緋色の欠片をプレーした感想

「緋色の欠片」は和風伝奇が好きな人には堪らないゲームです。 和の雰囲気にファンタジー要素が加わり、伝統、宿命、使命、抗えない運命に少年少女が巻き込まれていきます。 いい大人になっても主人公の少女に感情 …