乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

LovePlan 大人の恋愛ストーリーをプレーした感想

投稿日:2017年5月27日 更新日:

私がこのゲームに出会ったのは、人生最大の失恋をした後でした。

今日はもしかしたら連絡があるかもしれないと、一縷の希望を持っていましたが、結婚するかもしれないとまで思っていた相手からまさかの音信不通でのお別れだったので、だれのことも信じられなくなり、ただただ部屋に籠っていました。それでもスマホを手放すことは出来ず、なんとなく見ている時にこのゲームにたどり着きました。

正直なところ、ゲームもしたことがなかったし、マンガも読まないので、長続きはしないだろうな、と思っていましたが、予想に反して全てのキャラクターをクリアしてしまいました。
と言うのも一番最初にやったキャラクターの片倉京太郎

主人公がファッション誌の編集さんと言う設定なので、カメラマンである彼と出会うのもありかな、と言う無理のない設定が良かったのだと思います。また、カメラマンの彼の性格も硬派で、仕事熱心と言うところも好感が持てました。
更に彼は以前婚約していて、その彼女が自分が仕事をしている間に亡くなってしまい、以来幸せになんてなれない、結婚なんて無理と思いつめているところが、その当時の自分の辛い気持ちと重なってみえました。
結局心の葛藤を乗り越えて結ばれた時、自分の辛さも少し拭えた気がしました。

自分も今は少し本当の恋愛はお休みだけれど、リハビリのつもりで続けようと思い、次のキャラクターに進みました。
次のキャラクターは、やはりファッション誌と言う仕事柄出会った新進気鋭のデザイナー真田湊。人当たりもよく、どちらかと言えば女たらしで軽薄な彼。どちらかと言うと、リアルではこのタイプが一番寄って来てしまう私なので、今後の傾向と対策のためにやった部分もありました。結果としては、ノリもよく一番いいテンポで進められるキャラクターでした。

このゲームは課金をしないでも進めることができ、ミッションのようなものがないのもゲーム初心者の私には良かったところだと思います。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

カレイドイヴをプレーした感想

 カレイドイヴは何と言っても、音楽が素晴らしいです。 オープニングはceulさんが歌うPandoraという歌が素晴らしくて、ムービー映像ととても合っています。エンディングあたりには各ルートのキャラがそ …

下天の華をプレーした感想

「下天の華」と続編の「下天の華夢灯り」は歴史モノで有名なコーエーの作品です。 pspで発売されましたがPSVITAでは統一されて発売されています。 主人公のプレイヤーは忍びのエリートに生まれた美人で強 …

もし、この世界に神様がいるとするならば。をプレーした感想

音楽良し、キャラ絵良し、ストーリー良しな三拍子揃った乙女ゲーだとおすすめされプレイした「もし、この世界に神様がいるとするならば。」、その通りでした。 ストーリーは主人公の来実ハルカが7年前の自分からの …

金色のコルダ4をプレーした感想

金色のコルダは、何と言っても世界観がすごく好きでした。 主人公はヴァイオリンをやっているのですが、ヴァイオリン=お金持ちというイメージで育った私にとっては、それだけで魅力的な設定だったんです。そして、 …

薄桜鬼をプレーした感想

後にシリーズとして様々な商品が発表されていますが、その中でも一番のお気に入りは何と言ってもこの薄桜鬼無印です。 新撰組を題材としている事もあり、攻略対象となる登場人物が全員魅力的で世界観に入り込みやす …