乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

LovePlan 大人の恋愛ストーリーをプレーした感想

投稿日:2017年4月26日 更新日:

乙女ゲームなんて実際には有り得ないキャラクター設定や、シチュエーションばかりで感情移入なんてできないと思って全く興味がなかったのですが、友人に勧められて渋々インストールしてみたら、見事にハマりました

確かに会った事もない御曹司の許嫁や、恋に落ちたカフェバーの店員が実は有名飲食店チェーンの御曹司など、リアルでは有り得ないキャラクター設定などはありましたが、そこを気にさせないぐらいキャラクター達が魅力的でした。

二次元ですのでキャラクター達がイケメンなのは勿論ですが、キャラクター達の言動が本当にトキメキやハラハラ感などを与えてくれ、マンネリ化した専業主婦生活を送っている私には、とてもいい現実逃避になりました。

loveplanで私が1番ハマったのは石田冬磨くんと言うキャラクターで、はじめは本当に紳士的でスマートな言動で王道な王子様キャラでときめかせてくれました。
ですが、ある時から超絶毒舌な裏の顔を主人公にだけ見せてくれるようになるのですが、またその裏の顔も好きな女の子をいじめる少年のような毒舌で、いわゆるツンデレな感じでとても可愛く思えました。

冬磨くんはあまりデレてくれないのですが、ツンの中にも主人公を想っているのがよく分かるツンなので、ストーリーの後半に再び出てくる仮面を被ったはじめの王子様キャラでは物足りなくなってしまいました。
彼が裏表のある性格になった理由など、彼の過去、影の部分のストーリーも切なくてキュンキュンできます。
ですが確実に二次元だから許されるキャラクターだと思います。

loveplanはどのキャラクターも魅力的で、ついつい先が気になってチケット購入、期間限定特別ストーリーや、彼目線ストーリーなど、課金の誘惑に乗ってしまいそうになりました。
と言うか実際に数回課金してしまいました。
もう少し安かったらもっと「ガチャあと1回だけ!」などと何度もなってしまっただろうな、と思います。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

カレイドイヴをプレーした感想

 カレイドイヴは何と言っても、音楽が素晴らしいです。 オープニングはceulさんが歌うPandoraという歌が素晴らしくて、ムービー映像ととても合っています。エンディングあたりには各ルートのキャラがそ …

黒蝶のサイケデリカをプレーした感想

「黒蝶のサイケデリカ」は2015年にオトメイトよりPS Vita向けに発売された恋愛アドベンチャーゲームです。 主人公は気が付くと見知らぬ洋館に居ました。同じ洋館で目覚めた男性達と共に、「黒蝶狩り」と …

薄桜鬼をプレーした感想

マンガや小説、アニメやゲーム、世の中にはいろいろな新撰組をモチーフにした作品が出回っています。 もちろん乙女ゲーム界隈でも同様で、そんな中でも多くの女性プレイヤーの支持を集めている薄桜鬼には前々から興 …

遙かなる時空の中でをプレーした感想

「遙かなる時空の中で」でハマったのは安倍泰明でした♪ 見た目は藤原鷹通が好みでしたが、大本命の声優(石田彰さん)だったので最初は、とりあえず一度はプレイしておこうくらいの気持ちでした。 声を聞きたいだ …

眠らぬ街のシンデレラをプレーした感想

私も含め女性って多かれ少なかれセレブに憧れている部分があると思いますが、このゲームは、主人公はまぁどこにでもいる女の子で、その他に出てくる男性はみんなセレブという夢のような設定です。 地方から出てきて …