乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

LovePlan 大人の恋愛ストーリーをプレーした感想

投稿日:2017年4月26日 更新日:

乙女ゲームなんて実際には有り得ないキャラクター設定や、シチュエーションばかりで感情移入なんてできないと思って全く興味がなかったのですが、友人に勧められて渋々インストールしてみたら、見事にハマりました

確かに会った事もない御曹司の許嫁や、恋に落ちたカフェバーの店員が実は有名飲食店チェーンの御曹司など、リアルでは有り得ないキャラクター設定などはありましたが、そこを気にさせないぐらいキャラクター達が魅力的でした。

二次元ですのでキャラクター達がイケメンなのは勿論ですが、キャラクター達の言動が本当にトキメキやハラハラ感などを与えてくれ、マンネリ化した専業主婦生活を送っている私には、とてもいい現実逃避になりました。

loveplanで私が1番ハマったのは石田冬磨くんと言うキャラクターで、はじめは本当に紳士的でスマートな言動で王道な王子様キャラでときめかせてくれました。
ですが、ある時から超絶毒舌な裏の顔を主人公にだけ見せてくれるようになるのですが、またその裏の顔も好きな女の子をいじめる少年のような毒舌で、いわゆるツンデレな感じでとても可愛く思えました。

冬磨くんはあまりデレてくれないのですが、ツンの中にも主人公を想っているのがよく分かるツンなので、ストーリーの後半に再び出てくる仮面を被ったはじめの王子様キャラでは物足りなくなってしまいました。
彼が裏表のある性格になった理由など、彼の過去、影の部分のストーリーも切なくてキュンキュンできます。
ですが確実に二次元だから許されるキャラクターだと思います。

loveplanはどのキャラクターも魅力的で、ついつい先が気になってチケット購入、期間限定特別ストーリーや、彼目線ストーリーなど、課金の誘惑に乗ってしまいそうになりました。
と言うか実際に数回課金してしまいました。
もう少し安かったらもっと「ガチャあと1回だけ!」などと何度もなってしまっただろうな、と思います。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

カレイドイヴをプレーした感想

純粋に乙女ゲーとして考えるのであれば、かなりボリュームは少なめだと思います。 私も休日にたったの1日でコンプリートしてしまいましたので、ボリューム重視の方ややりこみ要素が楽しみ!という方にはあまりオス …

AMNESIAをプレーした感想

2011年にアイデアファクトリーから発売された、PSP&PS VITA向けのゲーム。 主人公はある時目が覚めたら8月1日以前の記憶を失っていて、自分のことも周りの人達のことも忘れてしまっており、その失 …

ときめきメモリアルGirls Side 1st Loveをプレーした感想

この作品は、2007年にコナミからニンテンドーDS向けに発売された乙女ゲーです。 もともと2002年にプレイステーション2向けに発売されていた作品の移植版となります。 ときめきメモリアルGirls S …

薄桜鬼をプレーした感想

これが、私の初めての乙女ゲーデビューだったのですが、本当に買って正解でした。かなりはまってしまいました。 薄桜鬼は新撰組を元にストーリーやキャラクターが構成されています。 基本的には学園モノみたいな明 …

恋してしまった星の王子をプレーした感想

主人公の私が自分の部屋で星を見ていたらいきなりイケメンが神として部屋にやってくるという斬新な設定です。今までの乙女ゲームとは雰囲気が違い、非現実的な要素が大きいのでとても面白いと感じました。 まあ、あ …