乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

L.G.S新説封神演義をプレーした感想

投稿日:2017年7月12日 更新日:

この乙女ゲームは主人公の名前変換ができないタイプです。

仙人の主人公は本来は高貴な生まれですが、母の死で娘を他者に奪われたくないと願う歪んだ心を持った父に依存され、可愛い容姿を醜い妖怪の姿に変えられてしまったため、顔に術をかけてそれがバレないようにしています。
しかし、仲間がピンチになった時、術を解いて醜い姿を見られてまで力を開放してまで頑張る姿はすごいと思います。本人は妖怪の姿を気にしているようだけど、美しくはないけれど醜いまではいかない姿だと私は思うし、彼女の真の姿を見ても、仲間は彼女を嫌ったり蔑んだりしなかったところが良かったです。

彼女が妖怪の姿に変えられて下界に落とされ、人間たちにひどい目にあって絶望していた時に、彼女の心を救う師匠の玉鼎真人に出会ったことはラッキーだったと思います。しかし、彼は他のキャラの攻略ルートではイイ人ですが、彼の攻略ルートであれば過去の呪縛から自分自身が解放されるために、愛しているから手にかけると言いながらあの手この手で命を狙ってくるところが怖かったです。
主人公も自分の命が狙われている状況で、よくまだ好きだと思えるなあと思いの強さを尊敬しますが、師匠の友人の赤精子と共に彼を叱咤して呪縛から解き放ち、師匠も彼女との未来を選択したときは心底安心できます。

私が好きなキャラは太公望です。
彼のバッドシーンの中で、主人公が彼のために選んだ選択を彼が良しとしないスチルがあるのですが、その場面は見ていて胸が締め付けられます。仲間を裏切っていることへの自責、しかし彼女を愛しているし仲間を大切に思っていることへの葛藤など、彼のルートでは素晴らしいシーンが多くみられます。両想いになって問題が解決した時は良かったと思ったし、しっかりとしたお兄ちゃん気質な性格なので、ストレートに思いを言葉や態度で現わしてくれる姿には好感が持てます。
攻略できるキャラが少ない乙女ゲームですが、そのボリュームは満点の作品です。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

緋色の欠片をプレーした感想

「緋色の欠片」は和風伝奇が好きな人には堪らないゲームです。 和の雰囲気にファンタジー要素が加わり、伝統、宿命、使命、抗えない運命に少年少女が巻き込まれていきます。 いい大人になっても主人公の少女に感情 …

イケメン戦国〜時をかける恋〜をプレーした感想

プレーし始めるきっかけとなったのは、お小遣いサイトのクリックしたら○円といった広告動画からでした。 いつもは大体広告の音だけを聞いて、広告動画が終わったら次の広告を見るといったルーティンワークだったの …

天下統一恋の乱をプレーした感想

私は歴女っぽい趣味があるので、戦国武将と恋する設定が気に入ってハマりました。 このゲームの特徴は、乙女ゲーの戦国モノの中でも、多岐ルートがあるので長く楽しめるところです。 ずっとではありませんが無料で …

薄桜鬼をプレーした感想

ハードはPSP・DSや3DS・PS2やPS3・PSVitaなど人気作なので移植も多い作品であり、薄桜鬼シリーズとしての続編がいろいろ発売されており、作品がゲームのみに留まらず、アニメ化・映画化・舞台化 …

上司と秘密の2LDKをプレーした感想

舞台設定は雑誌の出版社で、主人公はそこで働いています。その社内で5人の男性と恋愛を楽しめます。 5人共キャラが異なるので、自分好みの男性が必ず見つかると思います。 私が選んだのは「大河内湊」という男性 …