乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

ラストシンデレラをプレーした感想

投稿日:2017年5月29日 更新日:

このアプリと出会った時の私は主人公の女性が、もしかして私のことなんでは!?と思える位そっくりでした。と言うよりももっと私のが悲惨な状態だったのですが…
30歳、彼氏に結婚を迫ったら振られてしまい、同じ会社に務めていたので、仕事も失くした主人公の設定は私と負けず劣らずの悲惨な感じで、自己投影できたのもハマった原因だと思います。
その後彼女は親友が編集長を務める雑誌社にアルバイトに入るのですが、これはさすがにかなりラッキーであまり共感できませんが、その後に出会うイケメンたちとの出会いを考えると、欠かせない設定なんだと思います。

一番最初に攻略に入ったキャラクターは、藤山直春と言うオトナな雰囲気の俳優。
普通に考えたら、出会えませんが、これは雑誌の取材ということでありなのかな。読み勧めている間に私の中では勝手に福山雅治のイメージになりましたが、自分なりにキャラクターを誰と例えるのも面白いのではないかと思います。

自分の選択肢によってエンドも超スィートなものから、微糖な結末になったりと、この辺りも、現実の恋愛では結構な割合で訪れる選択をしているようで、恋愛リハビリ中の私には良かったところだと思います。

配信されているキャラクターは4人と少なめで、俳優の他は、かなり年下の将来有望なサッカー選手、イケメンDJ、元カレのエリートサラリーマンで、順当に考えると元カレに行きガチなのですが、私の場合現実に彼氏と別れて間もなく、しかも別れ方から考えると復縁は有り得ない状況だったので、元カレの寺山悟が一番最後に攻略したキャラクターでしたし、普通の女性なら一番納得できるストーリー設定だと思いますが、一番辛くて無理でした。
そのため渡辺マサヤと言う年下のDJが2番目に攻略をしましたが、まぁ、ここまでイケメンじゃないかもしれませんが、私には一番有りそうな設定だったので、一番好きなキャラクターです。
全体的にゲーム初心者でもやりやすくて良かったです。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

男遊郭をプレーした感想

「男遊郭」は2015年にディースリー・パブリッシャーから発売されたPS Vita用の乙女ゲーです。 もともとはスマホ向けアプリゲームとして配信されていて、PS Vita版は新シナリオや新キャラクターが …

金色のコルダ2fをプレーした感想

この作品は2009年にPSP向けに発売された作品です。続編も出ている人気作になります。 物語の舞台は秋~冬の星奏学院です。 主人公はアンサンブルを組み、全4回のコンサートを成功させることが目的となるゲ …

LovePlan 大人の恋愛ストーリーをプレーした感想

乙女ゲームなんて実際には有り得ないキャラクター設定や、シチュエーションばかりで感情移入なんてできないと思って全く興味がなかったのですが、友人に勧められて渋々インストールしてみたら、見事にハマりました。 …

スイートルームで悪戯なキスをプレーした感想

私はカジノホテルで働いているという設定で、そこで出会うイケメンたちと恋をしていきます。普段では味わえない派手な舞台なので、ゲームを進めていて非日常を味わえてワクワクしました。まるで自分が本当にカジノホ …

スイートルームの眠り姫をプレーした感想

このアプリに出会った頃の私は、年齢的にもこの人といずれは結婚するんだろうなぁ…と不満は多々あるけれど、また新しい人と出会って同じように関係性を築いていくのは大変だし、大事にしてくれるから良いかな…と思 …