乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

婚約指輪は受け取れないをプレーした感想

投稿日:2017年4月16日 更新日:

タイトルだけでは分かりませんでした。よくある、幸せな結婚がゴールのキラキラ乙女ゲーだと思っていたら…。

婚約指輪は受け取れない』は主人公が未婚の子持ちという設定。乙女ゲーらしからぬヘビーな設定に、何気なくプレーしはじめたらのめり込んでしまいました。

主人公には同棲状態の彼氏がいたけれど、その彼がすごい家柄の男で、ある日突然、家のために別の女と結婚すると手切れ金まで用意して一方的に別れを切り出して出ていきます。でも、実は主人公は妊娠していて…。
あぁ!!なんというクズ野郎!!と悲しくなりましたが、主人公は強いです。
子育てに奮闘しながら仕事を見つけ、堅実に生きていこうとする姿に乙女ゲーなのを忘れて涙が出そうでした。

そこに例の男、子どもの父親でもある森重幸成が再び現れるのです。この男がまぁ、絵に描いたようなボンボン。俺様で強引で世間知らず、自分の思う通りに事が進むと信じて疑わないタイプです。
公園で子どもを連れた主人公を見かけて気になり、あんな別れ方をしたくせに平気で近づいてきます。
もちろん強く拒絶する主人公に、「いいぞ!とことん冷たくしてやれ!!」とワクワクしちゃいました。

しかし、幸成はその赤ちゃんが自分の子どもと知るとさすがに動揺して、びくびくしながら接触してくるように。あの偉そうだった男が!と気分がよくなります。
ついに復縁まで口にしはじめる幸成を許して受け入れるのか…このあたりも主導権を握ったようでたまりません。子どもを可愛がる幸成、幸成になつく子どもを見て主人公はまた心を開くようになります。

ここからは甘い、これぞ乙女ゲーといった展開に。安定の甘さ、時にエッチなシーンもあり、ニヤニヤしちゃいます。
そして、そんなラブラブ絶好調の時に、まだ切れていなかった幸成の婚約者(すごいお嬢様)が現れてかき回すというベタなスパイスも待ってました!とワクワクでした。押しきられ、一度は家のためと婚約者のほうに戻った幸成は、大事な会社統合の記者会見の場で主人公と結婚すると宣言します。クサイな~とは思いつつも、ハートを射抜かれてしまいました。

乙女ゲーおなじみのキュンキュンさも感じられるし、男性と赤ちゃんの関わりにもキュンキュンできちゃうゲームです。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

アンジェリークSpecialをプレーした感想

もうかなり昔のゲームですが、当時の社名、光栄から発売された乙女ゲームがあります。タイトルは「アンジェリークSpecial」で、当時は乙女ゲームは本当に珍しい時代でした。 ゲームと言えば男の子の物という …

AMNESIA V Editionをプレーした感想

精霊とぶつかったことで記憶も人格も無くしてしまう主人公は、キャラデザも相まってお人形のような印象を受けます。ただし、無個性かと思えばそうではなく、天然気味であり芯の強さもある一面を見せ、プレイヤーのア …

ときめきメモリアルGirl’s sideをプレーした感想

王道ですが、「ときめきメモリアルGirl’s side」はやはり外せない乙女ゲーだと思います。 元々は普通のときめきメモリアルをプレイしていて、藤崎詩織ちゃんが攻略出来なくて何周もしたのを …

もし、この世界に神様がいるとするならば。をプレーした感想

音楽良し、キャラ絵良し、ストーリー良しな三拍子揃った乙女ゲーだとおすすめされプレイした「もし、この世界に神様がいるとするならば。」、その通りでした。 ストーリーは主人公の来実ハルカが7年前の自分からの …

緋色の欠片をプレーした感想

「緋色の欠片」は和風伝奇が好きな人には堪らないゲームです。 和の雰囲気にファンタジー要素が加わり、伝統、宿命、使命、抗えない運命に少年少女が巻き込まれていきます。 いい大人になっても主人公の少女に感情 …