乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

天下統一恋の乱をプレーした感想

投稿日:2017年5月23日 更新日:

私は歴女っぽい趣味があるので、戦国武将と恋する設定が気に入ってハマりました。
このゲームの特徴は、乙女ゲーの戦国モノの中でも、多岐ルートがあるので長く楽しめるところです。

ずっとではありませんが無料でボイスが聴けるし、キャラクターデザインも凝っていてステキでした。
初回は明智光秀ルートを攻略しましたが、初心者で課金せずにやっていると、ラブパスで1日に進めるストーリーはほんのわずかです。
真珠を購入(ラブパス)することで先に進めますが、定期的に恋の試練があって、マイアバターで着物やかんざしなどを購入しないと先に進めません。
ラブパスが回復するまで待って、地道に進めていくのですが、ちょっと時間がかかり過ぎてイライラすることもありました。
明智光秀ルートには織田信長も絡んでくるのですが、こちらの殿は気難しくて、選択形式の会話ではことごとく失敗しました。
光秀様が街をブラ歩きする時も、馬で移動するかしないかなど、細かな選択を迫られることが多く、どちらを選ぶかでずいぶん悩みました。

このゲームは、こういう些細な選択肢もばかにできないし、二択で適当に選んでいると、好感度を上げづらくなるので無課金組ほど真剣になります。

穏やかな光秀様を選んだのに、ツンデレ系の信長様が絡むとストーリー展開が変わり、バッドエンドになるんじゃないかと不安になりました。
でも、最終的には主人公と結婚するという、契り愛エンドを迎えることができて良かったです。
光秀様にハマっていたので、もう一度最初からプレイをして、今度は巡り愛エンドも体験できたので納得できました。
巡り愛エンドは何だかラストがシュールで、主人公と一緒にあの世に逝くというものですが、乙女ゲーなのにこんな悲しい運命でいいのかと感じました。
あと、このゲームの楽しみは、サブキャラとして森蘭丸やお市の方などの、歴史的な有名人が登場してくるのも見どころのひとつです。
歴史的事実に忠実に描かれており、歴女としても楽しめるし、単純に武将と恋をする乙女ゲーとしても楽しいので、武将マニアの女性にぴったりのゲームです。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

うたのプリンスさまっをプレーした感想

攻略対象が皆アイドル養成学校の生徒という事もあり、全員が個性ばらばらな所謂イケメンです。 声優の好みの問題で一番気になっているキャラを最後に攻略しようと決めていた為、和やかで優しいお兄さんのような印象 …

アンジェリーク デュエットをプレーした感想

今は懐かしいアンジェリークデュエット。 アンジェリーク デュエットが発売された当時は乙女ゲームなんて物はほぼ無い時代でした。 なので物珍しさや嬉しさが特別に大きなゲームです。 アンジェリークシリーズは …

カレイドイヴをプレーした感想

 カレイドイヴは何と言っても、音楽が素晴らしいです。 オープニングはceulさんが歌うPandoraという歌が素晴らしくて、ムービー映像ととても合っています。エンディングあたりには各ルートのキャラがそ …

A3!をプレーした感想

『A3!(エースリー)』は今非常に注目が集まっている乙女ゲームの1つだと思います。 舞台になるのは劇団『MANKAIカンパニー』。主人公は以前舞台役者をしていて、ちょっとした縁からのこの劇団『MANK …

姫と林檎にくちづけををプレーした感想

「姫と林檎にくちづけを」は売り切りのダウンロードアプリで、お手軽なところが気に入って購入してみました。 こちらは過去にフィーチャーフォン向けに発表された作品なのですが、現在はスマートフォン版も出ていま …