乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

天下統一恋の乱をプレーした感想

投稿日:2017年5月23日 更新日:

私は歴女っぽい趣味があるので、戦国武将と恋する設定が気に入ってハマりました。
このゲームの特徴は、乙女ゲーの戦国モノの中でも、多岐ルートがあるので長く楽しめるところです。

ずっとではありませんが無料でボイスが聴けるし、キャラクターデザインも凝っていてステキでした。
初回は明智光秀ルートを攻略しましたが、初心者で課金せずにやっていると、ラブパスで1日に進めるストーリーはほんのわずかです。
真珠を購入(ラブパス)することで先に進めますが、定期的に恋の試練があって、マイアバターで着物やかんざしなどを購入しないと先に進めません。
ラブパスが回復するまで待って、地道に進めていくのですが、ちょっと時間がかかり過ぎてイライラすることもありました。
明智光秀ルートには織田信長も絡んでくるのですが、こちらの殿は気難しくて、選択形式の会話ではことごとく失敗しました。
光秀様が街をブラ歩きする時も、馬で移動するかしないかなど、細かな選択を迫られることが多く、どちらを選ぶかでずいぶん悩みました。

このゲームは、こういう些細な選択肢もばかにできないし、二択で適当に選んでいると、好感度を上げづらくなるので無課金組ほど真剣になります。

穏やかな光秀様を選んだのに、ツンデレ系の信長様が絡むとストーリー展開が変わり、バッドエンドになるんじゃないかと不安になりました。
でも、最終的には主人公と結婚するという、契り愛エンドを迎えることができて良かったです。
光秀様にハマっていたので、もう一度最初からプレイをして、今度は巡り愛エンドも体験できたので納得できました。
巡り愛エンドは何だかラストがシュールで、主人公と一緒にあの世に逝くというものですが、乙女ゲーなのにこんな悲しい運命でいいのかと感じました。
あと、このゲームの楽しみは、サブキャラとして森蘭丸やお市の方などの、歴史的な有名人が登場してくるのも見どころのひとつです。
歴史的事実に忠実に描かれており、歴女としても楽しめるし、単純に武将と恋をする乙女ゲーとしても楽しいので、武将マニアの女性にぴったりのゲームです。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

薄桜鬼をプレーした感想

いわゆる、史実系乙女ゲームの傑作として有名な作品の「薄桜鬼」。 傑作といっても、ゲーム自体は選択肢を選んで、それに合わせたエンディングに向かう、非常にシンプルなノベルゲームです。ですので、知名度や人気 …

遙かなる時空の中で3をプレーした感想

「遥かなる時空の中で」は3・十六夜記・運命の迷宮の3部作となっています。 アニメ化もされましたが、攻略対象キャラが源氏と平家にちなんだ人物なので、本来ならば史実で死ぬ運命にある源九朗義経や平知盛などを …

夏空のモノローグをプレーした感想

元々は2010年にPS2で発売されたソフトですが、PSPに移植された「夏色のモノローグ」。PS2版は未プレイですが、PSP移植版ではシナリオやイベントスチルも追加されていると知り、こちらからプレイを始 …

no image

アンジェリーク2をプレーした感想

元祖乙女ゲームの代表ともいえるアンジェリークシリーズ。 1もリメイクしてWヒロインで楽しめるようになりましたが、2の栗色の髪のアンジェリークでは3つの性格から表情の変化も選べて、個性的なアンジェリーク …

ときめきメモリアル Girl's Side 3rd Story

ときめきメモリアル Girl’s Side 3rd Storyをプレーした感想

学力や運動、芸術などのステータスをあげて、好きな異性(ボイスあり)で恋愛が出来るオススメなゲームです。 好きな異性との会話の他にも攻略対象たちの絡みもあり、男同士の友情を見ることも出来てとても癒されま …