乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

天下統一恋の乱をプレーした感想

投稿日:2017年5月3日 更新日:

私がもう1年以上プレーしてハマっている乙女ゲーム。

出会ったきっかけは、当時結婚まで考えていた彼氏と、ささいなことが原因でケンカをし、今まで積もり積もっていたものが爆発してしまい、別れてしまいました。そのため、時間が有り余っていたため、ポイントサイトを始めていました。その中にこのゲームがありました。

最初はポイント欲しさにダウンロードしたのですが、元々大学も歴史が好きで史学科を卒業しており、今も歴史関係の仕事をしている、歴史好きの私にとっては、設定が有り得ないなぁと思いつつもスグにその世界観にハマってしまいました。

このゲームは、様々な戦国武将と恋愛するのが基本的なコンセプトで、武将によっては、歴史的にはちょっと…の部分もありますが、まぁゲームなので、そこは大目に見てもかなりハマります。

最初は信長をしましたが、俺様な感じがあまり好みではなく、攻略後別キャラにしました。
信長系武将を辞めて奥州組の伊達政宗片倉小十郎ルートを選択。
アバターが素敵だったのと、共通ルートの選択肢がことごとく小十郎と相性が良かったため、小十郎に進みました。

同じ武将でもエンドが二種類用意されているので、数値が低い方の選択肢を選んでしまっても、ちゃんとエンドを迎えられます。良い方のエンドだとかなり甘いストーリーが待っているのも、良いところです。

また、このアプリの中では小十郎はかなり人気のあるキャラクターで、同じキャラクターを推している他のプレーヤー(姫様)と掲示板を通してやり取り出来るのも楽しいです。私も姫トモが何人も出来て、毎日アプリ内の掲示板でやり取りをしています。

その仲良し姫トモさんたちと協力してできるイベントと言うのが定期的にあり、本編が攻略済みのキャラクターも新しいストーリーが読めるので、なかなかゲームから卒業できません。
ゲームと分かっていながらも、キャラクターと疑似恋愛できる、そこがとってもハマります。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚をプレーした感想

ニル・アドミラリの天秤は、大好きなシナリオライターの片桐由摩さんと、これまた大好きなイラストレーターのさといさんがタッグを組んだということですぐに飛びつきました。一言で言うと、大人の乙女ゲーだと思いま …

イケメン戦国〜時をかける恋〜をプレーした感想

プレーし始めるきっかけとなったのは、お小遣いサイトのクリックしたら○円といった広告動画からでした。 いつもは大体広告の音だけを聞いて、広告動画が終わったら次の広告を見るといったルーティンワークだったの …

上司と秘密の2LDKをプレーした感想

舞台設定は雑誌の出版社で、主人公はそこで働いています。その社内で5人の男性と恋愛を楽しめます。 5人共キャラが異なるので、自分好みの男性が必ず見つかると思います。 私が選んだのは「大河内湊」という男性 …

AMNESIAをプレーした感想

2011年にアイデアファクトリーから発売された、PSP&PS VITA向けのゲーム。 主人公はある時目が覚めたら8月1日以前の記憶を失っていて、自分のことも周りの人達のことも忘れてしまっており、その失 …

眠らぬ街のシンデレラをプレーした感想

私も含め女性って多かれ少なかれセレブに憧れている部分があると思いますが、このゲームは、主人公はまぁどこにでもいる女の子で、その他に出てくる男性はみんなセレブという夢のような設定です。 地方から出てきて …