乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

喧嘩番長乙女をプレーした感想

投稿日:2017年6月20日 更新日:

一見ヤンキー系のお話…ですが、当然のごとく攻略キャラクターはイケメン揃いです。正直、全然ヤンキーという感じはしません。
ヤンキー系の漫画を読んでいたのでちょっと違和感がありましたが、女性向けだとこうなるのかなという印象です。
イメージとしてはごくせんですね。あの当時も、こんなにイケメンばっかりのそんな学校があるわけ…いや、ここにもありました。

個人的な一押しキャラは坂口春生(さかぐちはるお)です。
主人公と生き別れた兄が入れ替わっていることを知る人物です。主人公の兄はひかるというのですが、そのひかるを溺愛しています。公式でも性格は「変態」と言われており、なんだかんだ美味しいポジションにいる感じですね。
二人の生活をサポートしてくれたりと、優しいお兄さんのような感じ。
残念ながらひかるからは気持ち悪がられているのですが、そこがプレイヤーの母性をくすぐってきます。こういうキャラクターがいるとなんだかなごんでしまいますね。

システムもなかなか良い感じ。喧嘩番長乙女では、漢度と乙女度というものがあります。
漢度の方が高いと、攻略キャラクターとは男同士の友情で結ばれることに…いわゆる友情ルートです。
乙女度が高いと、普通の恋愛ルートですね。といっても、題材が面白いので恋愛ルートの方もなかなか良かったですよ。最後まで女だとバレない友情ルートも良いのですが、やっぱり個人的にはバレてしまう恋愛ルートが好きですね。

そして、喧嘩を題材にしているので喧嘩部分もあります。まずは会話の際に普通の会話ではなく、メンチを切ります。
次にメンチ顔を選択して、タンカを切る。これがうまくいけば喧嘩バトルに進みます。
喧嘩バトル自体は、流れてくるボタンをタイミングに合わせて押していくというもの。

メインは乙女ゲームですからそこまで難しいものではないと思います。萌え要素があるわけではないですが、これが案外楽しかったり。
ちょっと変わったゲームだとは思いますが、なかなか満足度は高いですよ。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

イケメン戦国をプレーした感想

イケメン戦国の配信開始からずっとプレイしています。 他の乙女ゲームもプレイしたことがあったのですが、イケメン戦国ほどハマった乙女ゲームはこれまでありません。 イケメン戦国の人気も高く、漫画やドラマCD …

金色のコルダ4をプレーした感想

金色のコルダは、何と言っても世界観がすごく好きでした。 主人公はヴァイオリンをやっているのですが、ヴァイオリン=お金持ちというイメージで育った私にとっては、それだけで魅力的な設定だったんです。そして、 …

夢王国と眠れる100人の王子様をプレーした感想

元々アプリゲームが大好きで、色々なゲームをしてきたのですが、飽きるのも早い私。 結局どれも最終的には攻略できなくなり課金ゲーなんだと、無課金の私はすぐにアンインストールしていました。 しかし夢王国は飽 …

うたのプリンスさまっをプレーした感想

攻略対象が皆アイドル養成学校の生徒という事もあり、全員が個性ばらばらな所謂イケメンです。 声優の好みの問題で一番気になっているキャラを最後に攻略しようと決めていた為、和やかで優しいお兄さんのような印象 …

エターナルリングをプレーした感想

主人公の私は実は彼氏がいるという設定の乙女ゲー。 しかし、その彼氏とはマンネリを感じていて、そこにイケメンが現れて恋をしていくというストーリーです。 私は実生活で、お付き合いしていた男性とマンネリ状態 …