乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

喧嘩番長 乙女をプレーした感想

投稿日:2017年6月6日 更新日:

不良たちとの勢力争い、熱い友情と喧嘩を繰り広げるあの喧嘩番長が乙女ゲームになった!というだけでもかなりのインパクトがあった「喧嘩番長 乙女」

喧嘩番長シリーズのツッコミどころ満載、時にホロリと涙させるストーリーとゲームシステムのファンとしてはやらないわけにはいかないと思い、手を出してしまいました。本来のアクションアドベンチャー要素に加えて女性向けになったキャラクターデザインと恋愛要素が濃い目のテイストになった、トキメキ要素てんこ盛りの内容になっています。

私が乙女ゲームをプレイする際には、まずパッケージで見た目が気になるキャラクターに焦点を絞るのですが、このゲームでは2年生で実力がトップというヤンキー吉良麟太郎君が目に留まりました。
本人は抗争には興味のないクールで人付き合いが苦手な一匹狼タイプ、さらに細谷さんのイケボが加わって出会った瞬間に「君に決めた!」とイの一番に落すことを決めた男の子です。

主人公のひなこちゃんから見ると、彼は施設にいた頃の憧れのお兄さんでしたが、プレイヤーである私から見ると彼の置かれた壮絶な環境に守ってあげたい!と母性本能を擽られてしまう相手でした。いじめから守ってくれるお兄さんに憧れて格闘技を始めて一生懸命強くなろうとするひなこちゃんも健気です。
幼い頃、そんなひなこから貰った「幸せになって」という言葉を約束と受け止めて彼は施設からある家庭に引き取られていきます。その後の待遇があまりにも不幸なのに、それでも幸せとは何かを模索して迷子になってしまう麟太郎が可哀相で切なくて、やるせなくなってしまいました。
今まで生きてきて幸せを感じたことがなかった吉良麟太郎に幸せを与えてあげたい、そう思って攻略していきましたが、妹のように守ろうとしていたひなこへの感情がだんだんと恋愛へと傾いていく過程が堪りません。
天然たらしですが、気持ちを告白する際の慣れないながらも心の篭った感情の吐露に「気を許されたんだなあ」と感慨深くなったものです。
ひなこちゃんから今まで得られなかった分の幸せをたくさん貰って欲しいです。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

リア充はじめました(仮)をプレーした感想

リア充(仮)は、ラインなどのチャットアプリのような画面で、メンズキャラクター達とやりとりしていくというタイプの乙女ゲームです。 ゲームの難易度は決して高くありませんから、誰でも気軽に楽しめるのではない …

上司と秘密の2LDKをプレーした感想

舞台設定は雑誌の出版社で、主人公はそこで働いています。その社内で5人の男性と恋愛を楽しめます。 5人共キャラが異なるので、自分好みの男性が必ず見つかると思います。 私が選んだのは「大河内湊」という男性 …

薄桜鬼をプレーした感想

ハードはPSP・DSや3DS・PS2やPS3・PSVitaなど人気作なので移植も多い作品であり、薄桜鬼シリーズとしての続編がいろいろ発売されており、作品がゲームのみに留まらず、アニメ化・映画化・舞台化 …

薄桜鬼をプレーした感想

これが、私の初めての乙女ゲーデビューだったのですが、本当に買って正解でした。かなりはまってしまいました。 薄桜鬼は新撰組を元にストーリーやキャラクターが構成されています。 基本的には学園モノみたいな明 …

ジュエリックナイトメアをプレーした感想

PSPで発売された「ジュエリック・ナイトメア」は、プレイヤーの分身である主人公の個性が主張しすぎていないし可愛い容姿をしているので、感情移入がしやすいと思います。 オープニングを歌うKENNさんの歌は …