乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

カレイドイヴをプレーした感想

投稿日:2017年7月4日 更新日:

純粋に乙女ゲーとして考えるのであれば、かなりボリュームは少なめだと思います。
私も休日にたったの1日でコンプリートしてしまいましたので、ボリューム重視の方ややりこみ要素が楽しみ!という方にはあまりオススメが出来ないかも。逆に、サクサクと終わらせたいタイプの方にはオススメですね。
ちょっと古い印象のゲームなのですが、テンポ自体はとても良いです。システムも目立つバグなど無く快適ですし、もうちょっとボリュームがあれば人気を集めた作品なんだろうなぁと思います。

ただ、私は結構このカレイドイヴがお気に入りなんですよね。その理由が、EXTRAがとても良かったからです。
キャラクターのプロフィールや関係の相関図などが見れるだけではなく、嬉しいのが後日談!
乙女ゲーをクリアすると、どうしても後日どうなったかが気になってしまうタイプなんですよね。そのため、後日談まで1本のゲームに入っているのは広く浅くゲーマーにはすごくありがたいです。ドラマCDとかになると、ちょっと後日談が知りたいだけなのにまたお金がかかってしまう…というのが嫌なので。

スチル系は、乙女ゲーというよりは少女漫画に近い感じがします。
塗り方のせいなのかな?近年のゲームはべとっとした塗りが多いのですが、こちらの作品はかなり作品ですね。どこかで見たことがあるなぁ…と思ったら、少女漫画でした。女性にとっては見慣れている雰囲気ですし、こういうのも良いですね。主人公は本当に漫画系です。攻略キャラクターは流石に乙女ゲーっぽさが出ていますが、こういうのも良いですね。

そして、カレイドイヴで1番オススメしたいのが音楽なんです。オープニングムービーもすごく良かったですし、ゲームのボリュームよりもそういうところに力とお金を使った結果なんだろうなぁと思います。正直シナリオもうーんと思えるところが多かったのですが、音楽が本当に良くて。結構前にクリアした作品ですが、音楽だけは今も結構聴いたりしています。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

うたのプリンスさまっをプレーした感想

攻略対象が皆アイドル養成学校の生徒という事もあり、全員が個性ばらばらな所謂イケメンです。 声優の好みの問題で一番気になっているキャラを最後に攻略しようと決めていた為、和やかで優しいお兄さんのような印象 …

金色のコルダ4をプレーした感想

金色のコルダは、何と言っても世界観がすごく好きでした。 主人公はヴァイオリンをやっているのですが、ヴァイオリン=お金持ちというイメージで育った私にとっては、それだけで魅力的な設定だったんです。そして、 …

アムネシアをプレーした感想

続編としてレイターとクラウドが発売されており、続編になるほど甘いセリフや場面も向上しており、アニメ化もされ、発売から数年たった今でも、その人気は衰えていないです。 物語は彼氏持ちの主人公が記憶喪失にな …

薄桜鬼をプレーした感想

マンガや小説、アニメやゲーム、世の中にはいろいろな新撰組をモチーフにした作品が出回っています。 もちろん乙女ゲーム界隈でも同様で、そんな中でも多くの女性プレイヤーの支持を集めている薄桜鬼には前々から興 …

薄桜鬼をプレーした感想

ハードはPSP・DSや3DS・PS2やPS3・PSVitaなど人気作なので移植も多い作品であり、薄桜鬼シリーズとしての続編がいろいろ発売されており、作品がゲームのみに留まらず、アニメ化・映画化・舞台化 …