乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

カレイドイヴをプレーした感想

投稿日:2017年7月4日 更新日:

純粋に乙女ゲーとして考えるのであれば、かなりボリュームは少なめだと思います。
私も休日にたったの1日でコンプリートしてしまいましたので、ボリューム重視の方ややりこみ要素が楽しみ!という方にはあまりオススメが出来ないかも。逆に、サクサクと終わらせたいタイプの方にはオススメですね。
ちょっと古い印象のゲームなのですが、テンポ自体はとても良いです。システムも目立つバグなど無く快適ですし、もうちょっとボリュームがあれば人気を集めた作品なんだろうなぁと思います。

ただ、私は結構このカレイドイヴがお気に入りなんですよね。その理由が、EXTRAがとても良かったからです。
キャラクターのプロフィールや関係の相関図などが見れるだけではなく、嬉しいのが後日談!
乙女ゲーをクリアすると、どうしても後日どうなったかが気になってしまうタイプなんですよね。そのため、後日談まで1本のゲームに入っているのは広く浅くゲーマーにはすごくありがたいです。ドラマCDとかになると、ちょっと後日談が知りたいだけなのにまたお金がかかってしまう…というのが嫌なので。

スチル系は、乙女ゲーというよりは少女漫画に近い感じがします。
塗り方のせいなのかな?近年のゲームはべとっとした塗りが多いのですが、こちらの作品はかなり作品ですね。どこかで見たことがあるなぁ…と思ったら、少女漫画でした。女性にとっては見慣れている雰囲気ですし、こういうのも良いですね。主人公は本当に漫画系です。攻略キャラクターは流石に乙女ゲーっぽさが出ていますが、こういうのも良いですね。

そして、カレイドイヴで1番オススメしたいのが音楽なんです。オープニングムービーもすごく良かったですし、ゲームのボリュームよりもそういうところに力とお金を使った結果なんだろうなぁと思います。正直シナリオもうーんと思えるところが多かったのですが、音楽が本当に良くて。結構前にクリアした作品ですが、音楽だけは今も結構聴いたりしています。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

猛獣使いと王子様をプレーした感想

主人公は母のような猛獣使いを目指す可愛いくて勇気のある、プレイしていて気持ちがいいタイプの女の子です。 ある日、ライオン・狼・アヒル・ウサギが檻の中で衰弱している姿を見て、母の形見と引き換えに猛獣使い …

天下統一恋の乱をプレーした感想

私がもう1年以上プレーしてハマっている乙女ゲーム。 出会ったきっかけは、当時結婚まで考えていた彼氏と、ささいなことが原因でケンカをし、今まで積もり積もっていたものが爆発してしまい、別れてしまいました。 …

グリム・ザ・バウンティハンターをプレーした感想

 グリム童話をモチーフにした乙女ゲームで、皆見た目に反して心の中では闇が深いタイプのキャラが多く、恋愛描写も甘い大人な雰囲気はありますが激甘作品というわけではなく、ところどころにファンタジーチックなコ …

クローバーの国のアリスをプレーした感想

不思議の国のアリスをモチーフにしたゲームシリーズの中の一つで、クローバーの国がメインとなったストーリーです。 主人公はゴスロリのような可愛らしい洋服を身につけ、頭にはリボンをつけている、黙っていれば美 …

夏空のモノローグをプレーした感想

主人公と部活の仲間たちは同じ1日を何度も繰り返すという不思議なループの世界に迷い込んでしまうという設定の「夏空のモノローグ」 ただ当たり前のようにループしているのではなく、だんだん本人達はこの世界の奇 …