乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

快感フレーズNextをプレーした感想

投稿日:2017年4月15日 更新日:

新條まゆ先生の漫画作品、『快感フレーズ』の次世代の子たちが攻略キャラクターでストーリーが進みます。
主人公はネットに歌を配信していた女の子です。突然転機が訪れ、伝説のアーティスト【shion】と共にバンドを結成しデビューしていくのです。

 攻略可能なキャラクターはほとんど、『快感フレーズ』のキャラクターの子供たちなので、原作を知っている私は、二重の意味で楽しめました。

 主に攻略したのは、shionこと大河内詩音です。
容姿と名前で察する方も多いかと思いますが、原作カップル大河内咲哉と愛音の第一子です。容姿はまさに、咲哉そのままです。
性格も父親譲りのエロさ抜群なのかと思えば、そのようなことは全くなく優しい男性でこちらは母親譲りなのかもしれません。
主人公がレコーディングやプロモーションビデオ撮影の際に悩んでいる時には、親身になって支えアドバイスをするところなどは非常に紳士的です。
ですが、やはり咲哉の子供です。主人公が他の男性キャラクターに絡まれた時には嫉妬に駆られ、普段の紳士的な仮面を取り外し独占欲丸出しになったりする姿が見れます。
このギャップに魅せられ、最初のストーリーやイベントストーリーを読み漁りました。

各ストーリーのエンディングにはハッピーエンドと快感ルートの2種類があり、快感ルートはエロスを含んだストーリーとなっています。
もちろん、スチルもあります。ゲームプレー中の時々はにかむ表情の詩音も素敵ですが、スチルはやはり特別です。余裕の無い表情をした詩音や全開の笑顔を主人公に向ける姿、スチル上での特別な衣装などを見ることができた時は、心の中でガッツポーズしてしまいます。
スチル見たさやイベントを進めるために課金してしまうほどの魅力があります。無課金で進めて行く場合は、自分の自制心と理性・本能との戦いが必要かもしれません。

詩音は、自分の内で考え込む性格のようで中々、本音を見せないのですが、親密度を上げていくと、彼の本音が覗けてきます。心を開いてくれている、と実感できる上、特別感もあります。
私は原作を知ってのプレーでしたが、原作を知らない方でも十分に楽しめます
ただ、所々に原作のキャラクター(大河内咲哉、愛音、サンタなど)が出演しますので、このゲームをきっかけに、原作を読んで頂けたらなと思いました。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

dame-prince

DAME×PRINCEをプレーした感想

DAME×PRINCE(ダメプリ)がいいのは無課金でもサクサク進めるところが最高です! ストーリーもよく練られていて、コインを貯めるキャラバンのシステムも新鮮で楽しいです。キャラクターがダメンズからだ …

黒蝶のサイケデリカをプレーした感想

「黒蝶のサイケデリカ」は2015年にオトメイトよりPS Vita向けに発売された恋愛アドベンチャーゲームです。 主人公は気が付くと見知らぬ洋館に居ました。同じ洋館で目覚めた男性達と共に、「黒蝶狩り」と …

イケメン戦国〜時をかける恋〜をプレーした感想

私は小さな頃から歴史が大好きで、昨今は「歴女」などという言葉もありますが、私が大学に進学する頃にはそんな言葉も無かったし、歴史が好きな女の子なんて…という目があり、なかなか好きといえなかったので、こん …

大正鬼譚をプレーした感想

「大正鬼譚」も糖度は高いほうですが、続編の「大正鬼譚言ノ葉櫻」は先生の栗原千秋以外は両想いの状態から始まるので激甘な糖度になっています。 プレイヤーの主人公は上流階級のお嬢様です。しかし、見た目はおし …

新章イケメン大奥◆禁じられた恋をプレーした感想

「新章イケメン大奥」は、いわゆる逆転大奥が舞台です。 主人公の女性は将軍の替え玉として城に連れて来られた町娘で、大奥には将軍の正室候補であるイケメンな男性たちがわんさかいます。その中の一人といろんな出 …