乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

快感フレーズNextをプレーした感想

投稿日:2017年4月15日 更新日:

新條まゆ先生の漫画作品、『快感フレーズ』の次世代の子たちが攻略キャラクターでストーリーが進みます。
主人公はネットに歌を配信していた女の子です。突然転機が訪れ、伝説のアーティスト【shion】と共にバンドを結成しデビューしていくのです。

 攻略可能なキャラクターはほとんど、『快感フレーズ』のキャラクターの子供たちなので、原作を知っている私は、二重の意味で楽しめました。

 主に攻略したのは、shionこと大河内詩音です。
容姿と名前で察する方も多いかと思いますが、原作カップル大河内咲哉と愛音の第一子です。容姿はまさに、咲哉そのままです。
性格も父親譲りのエロさ抜群なのかと思えば、そのようなことは全くなく優しい男性でこちらは母親譲りなのかもしれません。
主人公がレコーディングやプロモーションビデオ撮影の際に悩んでいる時には、親身になって支えアドバイスをするところなどは非常に紳士的です。
ですが、やはり咲哉の子供です。主人公が他の男性キャラクターに絡まれた時には嫉妬に駆られ、普段の紳士的な仮面を取り外し独占欲丸出しになったりする姿が見れます。
このギャップに魅せられ、最初のストーリーやイベントストーリーを読み漁りました。

各ストーリーのエンディングにはハッピーエンドと快感ルートの2種類があり、快感ルートはエロスを含んだストーリーとなっています。
もちろん、スチルもあります。ゲームプレー中の時々はにかむ表情の詩音も素敵ですが、スチルはやはり特別です。余裕の無い表情をした詩音や全開の笑顔を主人公に向ける姿、スチル上での特別な衣装などを見ることができた時は、心の中でガッツポーズしてしまいます。
スチル見たさやイベントを進めるために課金してしまうほどの魅力があります。無課金で進めて行く場合は、自分の自制心と理性・本能との戦いが必要かもしれません。

詩音は、自分の内で考え込む性格のようで中々、本音を見せないのですが、親密度を上げていくと、彼の本音が覗けてきます。心を開いてくれている、と実感できる上、特別感もあります。
私は原作を知ってのプレーでしたが、原作を知らない方でも十分に楽しめます
ただ、所々に原作のキャラクター(大河内咲哉、愛音、サンタなど)が出演しますので、このゲームをきっかけに、原作を読んで頂けたらなと思いました。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

アンジェリークSpecialをプレーした感想

もうかなり昔のゲームですが、当時の社名、光栄から発売された乙女ゲームがあります。タイトルは「アンジェリークSpecial」で、当時は乙女ゲームは本当に珍しい時代でした。 ゲームと言えば男の子の物という …

薄桜鬼をプレーした感想

ハードはPSP・DSや3DS・PS2やPS3・PSVitaなど人気作なので移植も多い作品であり、薄桜鬼シリーズとしての続編がいろいろ発売されており、作品がゲームのみに留まらず、アニメ化・映画化・舞台化 …

もし、この世界に神様がいるとするならば。をプレーした感想

音楽良し、キャラ絵良し、ストーリー良しな三拍子揃った乙女ゲーだとおすすめされプレイした「もし、この世界に神様がいるとするならば。」、その通りでした。 ストーリーは主人公の来実ハルカが7年前の自分からの …

黒蝶のサイケデリカをプレーした感想

「黒蝶のサイケデリカ」は2015年にオトメイトよりPS Vita向けに発売された恋愛アドベンチャーゲームです。 主人公は気が付くと見知らぬ洋館に居ました。同じ洋館で目覚めた男性達と共に、「黒蝶狩り」と …

薄桜鬼をプレーした感想

今では続編や追加コンテンツがたくさん発売されていますが、ここでは一番初めに発売されたPSP版の薄桜鬼のプレイした感想を書きたいと思います。 「薄桜鬼」は土方や沖田などの主に新撰組を攻略対象とした恋愛シ …