乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

上司と秘密の2LDKをプレーした感想

投稿日:2017年4月25日 更新日:

舞台設定は雑誌の出版社で、主人公はそこで働いています。その社内で5人の男性と恋愛を楽しめます。
5人共キャラが異なるので、自分好みの男性が必ず見つかると思います。

私が選んだのは「大河内湊」という男性で、主人公の会社の先輩になります。
無口でクールで、ちょっと近寄り難く、オラオラ系なところが私のタイプど真ん中です。
誰にしようか迷うことなく、私は彼に一目惚れしてしまいました。湊先輩を攻略した後に、他のキャラでもゲームをしてみましたが全然ときめきません。やっぱり私には湊先輩しかいない、とかなりぞっこんになりました。

ゲームといえども、物語が進んでいくうちにどんどん主人公に感情移入している自分がいます。
特に、普段はクールでいじわるなことばかり言ってくる湊先輩が、たまに甘い言葉を言ってくれるとドキドキします。また、他の女の子と親しげにしているととてもイライラします。なんだか本当に恋をしているような気分になれるのです。最近恋をしていなかったので余計にドキドキ感が増し、忘れかけていた恋心を思い出しました。

このゲームは本当におすすめです。始めは、たかがゲームだと思ってなめていました。しかし、実際にプレーするとゲームとは思えないほど臨場感を味わえます。無料でやるつもりでしたが、思わず課金してしまったほどです。
毎晩寝る前にゲームをしてたのですが、早く湊先輩に会いたくて昼間からうずうずしていました。
物語の流れも最高ですが、とにかく一人一人のキャラクターが魅力的なのです。
ゲームのキャラに恋するなんて今まで考えられなかったのですが、見事に裏切られました。私は完全に湊先輩に恋してしまったのです。

ゲームの中で、主人公は湊先輩以外の男の人に想いを寄せられることもあるのですが、そのモテ気分を味わえるのも最高です。
かっこいい男性が私を巡って取り合いをしたり、争いをしたりするのがたまりません。日常ではなかなか体験できないようなことも、このゲームなら思う存分楽しめます。

何度やってもいつもドキドキさせてくれるので、このゲームが大好きです。人にも教えたいくらいです。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

no image

アンジェリークデュエットをプレーした感想

乙女ゲーム界では知らない人はまずモグリであろうと言われているアンジェリークは乙女ゲームの草分け的存在で、セガサターンの移植作である「アンジェリーク デュエット」は、私が初めてプレイした思い出の乙女ゲー …

もし、この世界に神様がいるとするならば。をプレーした感想

音楽良し、キャラ絵良し、ストーリー良しな三拍子揃った乙女ゲーだとおすすめされプレイした「もし、この世界に神様がいるとするならば。」、その通りでした。 ストーリーは主人公の来実ハルカが7年前の自分からの …

夏空のモノローグをプレーした感想

元々は2010年にPS2で発売されたソフトですが、PSPに移植された「夏色のモノローグ」。PS2版は未プレイですが、PSP移植版ではシナリオやイベントスチルも追加されていると知り、こちらからプレイを始 …

喧嘩番長 乙女をプレーした感想

不良たちとの勢力争い、熱い友情と喧嘩を繰り広げるあの喧嘩番長が乙女ゲームになった!というだけでもかなりのインパクトがあった「喧嘩番長 乙女」。 喧嘩番長シリーズのツッコミどころ満載、時にホロリと涙させ …

黒蝶のサイケデリカをプレーした感想

「黒蝶のサイケデリカ」は2015年にオトメイトよりPS Vita向けに発売された恋愛アドベンチャーゲームです。 主人公は気が付くと見知らぬ洋館に居ました。同じ洋館で目覚めた男性達と共に、「黒蝶狩り」と …