乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

ジュエリックナイトメアをプレーした感想

投稿日:2017年4月17日 更新日:

PSPで発売された「ジュエリック・ナイトメア」は、プレイヤーの分身である主人公の個性が主張しすぎていないし可愛い容姿をしているので、感情移入がしやすいと思います。

オープニングを歌うKENNさんの歌は聞き惚れます。

攻略対象は有名パティシエが作るケーキ屋のバイトで関わる人が対象です。

主人公が身につける形見のアクセサリーが反応し、夢の中の世界の5人の宝石の化身が暮らす城に飛ばされ、交流を深めます。
また、5人の宝石の化身とは性格は違えど、容姿が瓜二つな攻略キャラ5人も現実世界でバイトを通して知り合い交流を深めます。

夢の世界に存在するキャラと、現実世界で存在するキャラは同一人物であり、現実世界のキャラのもう一人の自分なので、現実世界のキャラが夢の世界に飛ばされた時、真実を知り、互いが統合することを望み、主人公が夢の中のキャラと現実世界のキャラどちらの意識を選ぶかを選択することができるので、2種類の人格を楽しめることがとても楽しいです。

 私がお勧めのキャラは、ダイヤモンドの化身のアダマスと、主人格であるパティシエのイケメン皇征一郎です。声と容姿はキャラの中でピカイチです。

アダマスはツンデレキャラですが、両想いになったら押しが強いストレートな言動・行動をするのが素敵です。
征一郎は女性から非常にモテる優しいお兄さんの雰囲気があり、好意を自覚したら「考えてから返事をして」と言って自分から告白してきたのに、嫉妬をしたりと無意識に無言のアピールをしてくるところがモエます。
辛い過去を抱えていますが、主人公の支えでそれを克服し、両想いになったらバイト仲間に見られようが隠さずに触れてくる、優しさと強引さをもっているところもカッコイイ。

ケーキ屋バイトで出会い、現実世界での恋愛やデートを楽しみつつ、夢の中の異世界のファンタジー空間でも恋愛を楽しめる、一度で二度オイシイ設定は面白いです。
世間の認知度は高くはないけれど、確実に楽しく恋愛を楽しめてモエることができる作品です。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

ワンドオブフォーチュンRをプレーした感想

「ワンドオブフォーチュン」は、ミルスクレアという魔法学校に全属性を持った少女が転校してきて、様々な属性を持った同級生たちが抱える問題と、主人公が全属性の魔法を使いこなせていない問題を解決するために立ち …

VitaminXEvolutionをプレーした感想

「VitaminX Evolution」は2008年にディースリー・パブリッシャーからニンテンドーDS向けに発売された商品です。 キャラクターデザインを男性が担当されているので、乙女ゲーでは珍しいと話 …

金色のコルダ2fをプレーした感想

この作品は2009年にPSP向けに発売された作品です。続編も出ている人気作になります。 物語の舞台は秋~冬の星奏学院です。 主人公はアンサンブルを組み、全4回のコンサートを成功させることが目的となるゲ …

遙かなる時空の中で3 with 十六夜記をプレーした感想

当時、数々の乙女ゲーマーを生みだした戦犯です。 このゲームのおかげで、立派なオタクになったという乙女も多いのではないでしょうか? かくいう私もその一人で、このゲームをプレイして「乙女ゲームってこんなに …

緋色の欠片をプレーした感想

「緋色の欠片」は和風伝奇が好きな人には堪らないゲームです。 和の雰囲気にファンタジー要素が加わり、伝統、宿命、使命、抗えない運命に少年少女が巻き込まれていきます。 いい大人になっても主人公の少女に感情 …