乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

イケメン戦国〜時をかける恋〜をプレーした感想

投稿日:2017年6月10日 更新日:

私は小さな頃から歴史が大好きで、昨今は「歴女」などという言葉もありますが、私が大学に進学する頃にはそんな言葉も無かったし、歴史が好きな女の子なんて…という目があり、なかなか好きといえなかったので、こんなゲームが出るなんて、時代も変わったなぁと思います。
しかも私は趣味が高じて現在、歴史関係の仕事についています。かなり専門的な仕事なので、時代設定や人物像にはいささか疑問を感じる所は多々ありますが、そこは時代劇と同じで娯楽と割り切れば、ものすごく楽しいです。

私は、最初に別のゲーム「天下統一恋の乱」と言うものをやっていて、ハマったので、なにか面白そうなのはないかな?と思ってたどり着いたのが、こちらでした。
配信しているキャラクターも天下統一恋の乱とほぼ同じですが、大きく違うのが、こちらの会社のゲームは、毎日ログインすると、毎日アバターだったり、衣装箱だったたりとなにかしら貰えるところも、お得感があって好きです。

また、ストーリーを進めていくと、迫られる選択肢も、いずれにしてもそんなにバッドエンドにならないところが、分かっているなぁと思います。
主人公がタイムスリップした先で織田信長を助けるところから物語がスタートするので、その流れで信長を攻略する人が多いと思いますが、天下統一恋の乱でもほぼ同じ俺様キャラなので、そのあたりは同じかな、と思います。

ゲームを進めていくと、こちらのアプリと天下統一恋の乱を同時にしている人が多い事を知りました。進めていくと、こちらは誰推し、あちらは誰推しと言うのを見つけるのも楽しいです。
私はこちらのゲームでは、伊達政宗が一番セクシーで色気があって、恋の乱の政宗とは真逆な感じが好きでした。
豊臣秀吉も、あちらはまさに人たらしのサルと言うイメージですが、こちらの秀吉は、同じ人たらしでも兄貴な感じが良かったです。
また、こちらのゲームは、なんと言ってもBGMが良くて、読んでいて泣ける時があります。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

ときめきメモリアル Girl's Side 3rd Story

ときめきメモリアル Girl’s Side 3rd Storyをプレーした感想

学力や運動、芸術などのステータスをあげて、好きな異性(ボイスあり)で恋愛が出来るオススメなゲームです。 好きな異性との会話の他にも攻略対象たちの絡みもあり、男同士の友情を見ることも出来てとても癒されま …

no image

VitaminXをプレーした感想

「VitaminX」は2007年にPS2で発売された乙女ゲームであり、その人気の高さからDS版、PSP版、3DS版と様々なハードに移植をされた作品です。また、シリーズ作品として「VitaminZ」・「 …

ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚をプレーした感想

ニル・アドミラリの天秤は、大好きなシナリオライターの片桐由摩さんと、これまた大好きなイラストレーターのさといさんがタッグを組んだということですぐに飛びつきました。一言で言うと、大人の乙女ゲーだと思いま …

喧嘩番長 乙女をプレーした感想

不良たちとの勢力争い、熱い友情と喧嘩を繰り広げるあの喧嘩番長が乙女ゲームになった!というだけでもかなりのインパクトがあった「喧嘩番長 乙女」。 喧嘩番長シリーズのツッコミどころ満載、時にホロリと涙させ …

A3!をプレーした感想

『A3!(エースリー)』は今非常に注目が集まっている乙女ゲームの1つだと思います。 舞台になるのは劇団『MANKAIカンパニー』。主人公は以前舞台役者をしていて、ちょっとした縁からのこの劇団『MANK …