乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

イケメン戦国〜時をかける恋〜をプレーした感想

投稿日:2017年6月10日 更新日:

私は小さな頃から歴史が大好きで、昨今は「歴女」などという言葉もありますが、私が大学に進学する頃にはそんな言葉も無かったし、歴史が好きな女の子なんて…という目があり、なかなか好きといえなかったので、こんなゲームが出るなんて、時代も変わったなぁと思います。
しかも私は趣味が高じて現在、歴史関係の仕事についています。かなり専門的な仕事なので、時代設定や人物像にはいささか疑問を感じる所は多々ありますが、そこは時代劇と同じで娯楽と割り切れば、ものすごく楽しいです。

私は、最初に別のゲーム「天下統一恋の乱」と言うものをやっていて、ハマったので、なにか面白そうなのはないかな?と思ってたどり着いたのが、こちらでした。
配信しているキャラクターも天下統一恋の乱とほぼ同じですが、大きく違うのが、こちらの会社のゲームは、毎日ログインすると、毎日アバターだったり、衣装箱だったたりとなにかしら貰えるところも、お得感があって好きです。

また、ストーリーを進めていくと、迫られる選択肢も、いずれにしてもそんなにバッドエンドにならないところが、分かっているなぁと思います。
主人公がタイムスリップした先で織田信長を助けるところから物語がスタートするので、その流れで信長を攻略する人が多いと思いますが、天下統一恋の乱でもほぼ同じ俺様キャラなので、そのあたりは同じかな、と思います。

ゲームを進めていくと、こちらのアプリと天下統一恋の乱を同時にしている人が多い事を知りました。進めていくと、こちらは誰推し、あちらは誰推しと言うのを見つけるのも楽しいです。
私はこちらのゲームでは、伊達政宗が一番セクシーで色気があって、恋の乱の政宗とは真逆な感じが好きでした。
豊臣秀吉も、あちらはまさに人たらしのサルと言うイメージですが、こちらの秀吉は、同じ人たらしでも兄貴な感じが良かったです。
また、こちらのゲームは、なんと言ってもBGMが良くて、読んでいて泣ける時があります。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

L.G.S新説封神演義をプレーした感想

この乙女ゲームは主人公の名前変換ができないタイプです。 仙人の主人公は本来は高貴な生まれですが、母の死で娘を他者に奪われたくないと願う歪んだ心を持った父に依存され、可愛い容姿を醜い妖怪の姿に変えられて …

婚約指輪は受け取れないをプレーした感想

タイトルだけでは分かりませんでした。よくある、幸せな結婚がゴールのキラキラ乙女ゲーだと思っていたら…。 『婚約指輪は受け取れない』は主人公が未婚の子持ちという設定。乙女ゲーらしからぬヘビーな設定に、何 …

天下統一恋の乱をプレーした感想

私は歴女っぽい趣味があるので、戦国武将と恋する設定が気に入ってハマりました。 このゲームの特徴は、乙女ゲーの戦国モノの中でも、多岐ルートがあるので長く楽しめるところです。 ずっとではありませんが無料で …

AMNESIA V Editionをプレーした感想

精霊とぶつかったことで記憶も人格も無くしてしまう主人公は、キャラデザも相まってお人形のような印象を受けます。ただし、無個性かと思えばそうではなく、天然気味であり芯の強さもある一面を見せ、プレイヤーのア …

遙かなる時空の中で3をプレーした感想

皆さんは「遙かなる時空の中で」シリーズをプレイされたことはありますか。 ◆まず、遙かなる時空の中でシリーズとは何なのか 現代に住む女子高生(主人公)が世界を救う「龍神の神子(りゅうじんのみこ)」として …