乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

イケメン戦国〜時をかける恋〜をプレーした感想

投稿日:2017年6月10日 更新日:

私は小さな頃から歴史が大好きで、昨今は「歴女」などという言葉もありますが、私が大学に進学する頃にはそんな言葉も無かったし、歴史が好きな女の子なんて…という目があり、なかなか好きといえなかったので、こんなゲームが出るなんて、時代も変わったなぁと思います。
しかも私は趣味が高じて現在、歴史関係の仕事についています。かなり専門的な仕事なので、時代設定や人物像にはいささか疑問を感じる所は多々ありますが、そこは時代劇と同じで娯楽と割り切れば、ものすごく楽しいです。

私は、最初に別のゲーム「天下統一恋の乱」と言うものをやっていて、ハマったので、なにか面白そうなのはないかな?と思ってたどり着いたのが、こちらでした。
配信しているキャラクターも天下統一恋の乱とほぼ同じですが、大きく違うのが、こちらの会社のゲームは、毎日ログインすると、毎日アバターだったり、衣装箱だったたりとなにかしら貰えるところも、お得感があって好きです。

また、ストーリーを進めていくと、迫られる選択肢も、いずれにしてもそんなにバッドエンドにならないところが、分かっているなぁと思います。
主人公がタイムスリップした先で織田信長を助けるところから物語がスタートするので、その流れで信長を攻略する人が多いと思いますが、天下統一恋の乱でもほぼ同じ俺様キャラなので、そのあたりは同じかな、と思います。

ゲームを進めていくと、こちらのアプリと天下統一恋の乱を同時にしている人が多い事を知りました。進めていくと、こちらは誰推し、あちらは誰推しと言うのを見つけるのも楽しいです。
私はこちらのゲームでは、伊達政宗が一番セクシーで色気があって、恋の乱の政宗とは真逆な感じが好きでした。
豊臣秀吉も、あちらはまさに人たらしのサルと言うイメージですが、こちらの秀吉は、同じ人たらしでも兄貴な感じが良かったです。
また、こちらのゲームは、なんと言ってもBGMが良くて、読んでいて泣ける時があります。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

ときめきメモリアルGirls Side 2nd Seasonをプレーした感想

2008年にニンテンドーDS向けに発売された「ときめきメモリアル Girls Side 2nd Season」。 もともと2006年にPlayStation2向けに「ときめきメモリアル Girls S …

金色のコルダ3AnotherSkyをプレーした感想

「金色のコルダ3」の続編ですが、単体でも楽しめてボリューム満点の内容となっており、全てを攻略するにはかなりの時間を費やすことになります。一度攻略しても何度でもやりたくなるほど面白いゲームです。 Ano …

L.G.S新説封神演義をプレーした感想

この乙女ゲームは主人公の名前変換ができないタイプです。 仙人の主人公は本来は高貴な生まれですが、母の死で娘を他者に奪われたくないと願う歪んだ心を持った父に依存され、可愛い容姿を醜い妖怪の姿に変えられて …

幕末恋華・新選組

幕末恋華・新選組をプレーした感想

新選組が題材になっているため、いわゆる悲恋エンドもあります。 でも、後味が悪いわけではないのです。気持ちが落ち込んでしまうような内容ではないので、鬱々しい内容が苦手な方にもおすすめできます。 むしろ悲 …

dame-prince

DAME×PRINCEをプレーした感想

セレンファーレン皇国側はクロムのDAMEEND以外のエンドは回収しました。 エピローグはクロムのみ回収しました。 ゲームの感想としては、独特なシステムが面白かったです。 読み終わったシナリオはコメント …