乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

イケナイ契約結婚をプレーした感想

投稿日:2017年4月22日 更新日:

私がこのゲームを知るきっかけになったのは、ズバリ友達からの紹介で招待されたからでした。たぶん、なにか特典があったから招待したんだろうけど……。

「この中でどの人と恋に落ちたいかでだいたいのタイプがわかると思う。」とか、「乙女ゲーなんてつまらないと馬鹿にしていたけど、実際やるとハマっちゃうから」と強く勧めてきた友達でしたが…正直この手のものにハマるとは思ってもいませんでした。

結局、私はこのゲームの中の全部のイケメンキャラクターを攻略してしまいました。当時、とってもはまってしまったのです。

この乙女ゲーは借金を抱えて困っている主人公の前にいろいろなイケメンが現れて、主人公が抱えている借金を肩代わりしてくれる代わりに結婚するというものです。
現実にそんなことあるわけないのですが、乙女ゲーだとわかっているので、現実にない出来事でもそのまま受け入れられてしまいます。

そのなかでもとくにハマってしまったのがまず黒崎諒
クールなイケメンで医者でもちろん超お金持ち。この主人公のキャラも攻略する相手によって少し変わっています。

黒崎諒の場合、主人公のキャラクターはしっかりしているものの、気になったことはそのままじゃいられない、母性本能にあふれた女性のイメージです。
逆に年下相手でこのゲームをすると自分が年上の女性として描かれるので、少ししっかりものの自分を味わうことができます。これも乙女ゲーの魅力かなと思います。

そんな黒崎諒との結婚生活ですが割りと最初以外はうまくいくと思います。

主人公がある事件がきっかけで入院することになりますが、その入院で2人の中が急接近し、入院中に2人はいろいろなことを決断していきます。
ここが1番の盛り上がりでドキドキしてプレーしていた思い出があります。最後に、なぜ自分を選んでくれたかという理由もわかり、ずっと前から探してもらえていたというところにさらに運命を感じます。

もう1人、私のお気に入りのキャラクターが西園寺秋緒です。
西園寺秋緒は年齢は若いものの優秀な弁護士で、主人公との最初の出会いはロマンチックにかけるものの、その後の流れがとても良かったです。西園寺秋緒は主人公よりも年下として描かれているので、年下と付き合うという疑似体験ができちゃいます。

黒崎諒は年上で西園寺秋緒は年下の恋愛疑似体験をするのにオススメのキャラクターです。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

グリム・ザ・バウンティハンターをプレーした感想

 グリム童話をモチーフにした乙女ゲームで、皆見た目に反して心の中では闇が深いタイプのキャラが多く、恋愛描写も甘い大人な雰囲気はありますが激甘作品というわけではなく、ところどころにファンタジーチックなコ …

ときめきメモリアル Girl’s Sideをプレーした感想

私は元々ときめきメモリアルシリーズが好きでした。 恋愛をメインとした甘酸っぱい青春や学校生活、時には笑えるイベントが沢山あります。お祭りの縁日や体育祭でのミニゲームも面白くて病みつきになってしまいます …

大正鬼譚をプレーした感想

「大正鬼譚」も糖度は高いほうですが、続編の「大正鬼譚言ノ葉櫻」は先生の栗原千秋以外は両想いの状態から始まるので激甘な糖度になっています。 プレイヤーの主人公は上流階級のお嬢様です。しかし、見た目はおし …

エターナルリングをプレーした感想

主人公の私は実は彼氏がいるという設定の乙女ゲー。 しかし、その彼氏とはマンネリを感じていて、そこにイケメンが現れて恋をしていくというストーリーです。 私は実生活で、お付き合いしていた男性とマンネリ状態 …

リア充はじめました(仮)をプレーした感想

リア充(仮)は、ラインなどのチャットアプリのような画面で、メンズキャラクター達とやりとりしていくというタイプの乙女ゲームです。 ゲームの難易度は決して高くありませんから、誰でも気軽に楽しめるのではない …