乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

違法レンアイをプレーした感想

投稿日:2017年6月8日 更新日:

私が最近プレーをしてはまったのが、違法レンアイ

主人公が何かをきっかけに記憶喪失になるところからストーリーは始まります。
記憶喪失でさまよっていたら警察官に保護されるのですが、それがイケメンの警察官、能勢裕樹さんです。私は能勢さんの顔や性格、仕草がタイプで、一目見た時から恋に落ちてしまいました。かっこいいのに気取っていなくて、照れ屋で少しクールだけど優しいところもある、というのが私の心にズキューンときてしまったのです。ゲームの中の話で実在しないとわかっていても、ドキドキが止まりません。

しかも、私は記憶が戻るまで能勢さんの家にしばらくお世話になるのです。
能勢さんのために手料理を作って仕事の帰りを待っているのは、付き合っているカップルのようです。1つ屋根の下に一緒にいる、能勢さんが私に気があるような発言をしてくる、このドキドキ感がたまりません。現実世界での恋の始まりを経験しているような気分になれます。

能勢さんの他にも、私が記憶をなくす前にフィアンセだったという相田雅彦さんが登場しますが、この男性も当然ながらイケメンです。私は能勢さんの方がタイプで好きなのですが、相田さんのイケメン具合、強引さにもドキドキして惹かれてしまいます。他にも、警察官の官僚や能勢さんの後輩など様々なタイプの違うイケメンがでてきてウハウハです。

でも、私はやはり能勢さん一筋です。Sっぽい感じがたまらず私が前好きだった人に似ているということもあり、はまります。
能勢さんと相田さんが私を取り合うようなケンカをする時がとてもキュンキュンしました。普段、イケメンが取り合いのケンカをするなんて経験できないですがゲームなら思いっきりモテ気分を味わえちゃいます。

恋愛のドキドキ感もいいですが、このゲームはサスペンス要素も入っているのが魅力的です。私がなぜ記憶喪失になったのか謎解きをしながら恋愛を進めていくのでドキドキ感は2倍です。
全部無料で楽しめてこのボリューム感は本当にお得でした。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

薄桜鬼をプレーした感想

いわゆる、史実系乙女ゲームの傑作として有名な作品の「薄桜鬼」。 傑作といっても、ゲーム自体は選択肢を選んで、それに合わせたエンディングに向かう、非常にシンプルなノベルゲームです。ですので、知名度や人気 …

DIABOLIK LOVERSをプレーした感想

「DIABOLIK LOVERS」をやろうと思ったきっかけは、ゲームを探していた時に、とても絵柄が綺麗だったことと、アニメなどでよく見る声優さんをが起用されていたのでやってみたくなったのがきっかけです …

ジュエリックナイトメアをプレーした感想

PSPで発売された「ジュエリック・ナイトメア」は、プレイヤーの分身である主人公の個性が主張しすぎていないし可愛い容姿をしているので、感情移入がしやすいと思います。 オープニングを歌うKENNさんの歌は …

A3!をプレーした感想

つぶれかけの劇団を立て直すために、役者だった父親にかわって総監督になり、イケメンを役者へと育てていく『A3!』は、信じられないぐらいフルボイスで楽しめる、恋愛青春アドベンチャーゲームです。無料なのに大 …

夏空のモノローグをプレーした感想

昔から乙女ゲームに興味があり、探している中で一番興味を惹かれたのが、「夏空のモノローグ」です。 タイトルもパッケージもとても爽やかで比較的手に取りやすいと思います。 この乙女ゲームは今までで一番良かっ …