乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

恋してしまった星の王子をプレーした感想

投稿日:2017年7月18日 更新日:

主人公の私が自分の部屋で星を見ていたらいきなりイケメンが神として部屋にやってくるという斬新な設定です。今までの乙女ゲームとは雰囲気が違い、非現実的な要素が大きいのでとても面白いと感じました。
まあ、あまりにも非現実的ですが……ww

神様というと、恋愛とは程遠い気はしますが、全員お決まりのイケメンなのですぐに恋愛モードに入れます。

私が1番好きなキャラクターはスコルピオという神様です。
クールで孤高な彼は何を考えているのかわかりずらいです。しかし、そんなクールな彼がたまに気があるような言動をすると、ドキドキ感が大きくなります。私はクールでSっぽい男性がタイプなのでスコルピオに惚れてしまいました。

他の神様を選んで恋愛を進めることができるのもこのゲームのよいところです。1つのゲームで何度も色んな恋を楽しめてかなり贅沢です。私は他の神様ともゲームをしてみましたが、キャラクターごとに全く違う気持ちを味わうことができました。でも、やっぱり1番はスコルピオで、他のどの神様よりもドキドキしたり切なくなったり感情の振れ幅が大きかったです。

通常の設定とは異なり人間と神様の恋なので、その状況がとてももどかしくもあり、切なさも増します。
今まで色んな乙女ゲームをしてきましたが、どのゲームよりも切なさや悲しさを感じました。
それゆえ、ハッピーエンドになれば喜びは倍になります。初めは、神様との恋なんて感情移入できないんじゃないかとあまり期待していなかったのですが、ゲームを進めていくうちに、自分が本当に主人公になったかのように喜んだり悲しんだりと様々な感情を味わえました。

ゲームの内容もよいのですが、グラフィックがとてもきれいで、まるで映画を観ているかのようにゲームに没頭できて、かなり満足感があります。
キャラクターもどれも魅力的なのでよりゲームに感情移入できるんだと思います。

是非是非みなさんにプレーしてもらいたい乙女ゲー作品になります♪

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

花咲くまにまにをプレーした感想

江戸時代で生まれたことを知らなかった女子高生が倉間楓の力によって江戸時代に飛ばされ、万珠屋と呼ばれる実父が営む所で生活します。タイムスリップ系のお話でも「もともとが江戸時代の生まれ」という特徴があるス …

ハートの国のアリスをプレーした感想

『ハートの国のアリス』を知る前は「乙女ゲーム」という存在を知らず、ハトアリの漫画をたまたま見かけて漫画を購入したのがきっかけでした。 不思議の国のアリスのような心温まるストーリーかと思えばその真逆で、 …

no image

アンジェリークデュエットをプレーした感想

乙女ゲーム界では知らない人はまずモグリであろうと言われているアンジェリークは乙女ゲームの草分け的存在で、セガサターンの移植作である「アンジェリーク デュエット」は、私が初めてプレイした思い出の乙女ゲー …

ワンドオブフォーチュンRをプレーした感想

「ワンドオブフォーチュン」は、ミルスクレアという魔法学校に全属性を持った少女が転校してきて、様々な属性を持った同級生たちが抱える問題と、主人公が全属性の魔法を使いこなせていない問題を解決するために立ち …

薄桜鬼をプレーした感想

これが、私の初めての乙女ゲーデビューだったのですが、本当に買って正解でした。かなりはまってしまいました。 薄桜鬼は新撰組を元にストーリーやキャラクターが構成されています。 基本的には学園モノみたいな明 …