乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

ハートの国のアリスをプレーした感想

投稿日:2017年4月12日 更新日:

ハートの国のアリス』を知る前は「乙女ゲーム」という存在を知らず、ハトアリの漫画をたまたま見かけて漫画を購入したのがきっかけでした。

不思議の国のアリスのような心温まるストーリーかと思えばその真逆で、凶器を振り回すなどのめちゃくちゃな設定に、なんだこれ!面白い!と漫画を読み終えてもドキドキしていたのを覚えています。原作がゲームだということを知り、その後ゲームを買ったのが事の発端でした。えぇ、漫画なんて目じゃないです、ドはまりしてしまいました。

そもそもキャラクターたちが、個性豊かすぎやしませんか?
乙女ゲームのくせに、無難にカッコイイキャラがいないぞ!と今では思います。揃いも揃ってみんな、一癖も二癖もあります。あまつさえヒロインまで、おとなしく可愛らしい性格ではないです。
けれど不思議なことに、みんな魅力的なんです。プレイすればするほど味が出るというか、深みにはまるというか…狂気的な愛でさえ、だんだんと愛おしく思えてくるから不思議です。

もちろん格好良いと思う場面や、キュンとくるイベントもあります。
個人的にはブラッド(帽子屋)が大好きなのですが、その強引さにキュンキュンきましたね。
現実じゃこんな強引で人の話を聞かないような男はありえないし、いくらゲームでも好きになれそうにないと最初は思っていたにも関わらず、このざまです。本当に、どのキャラにも共通して言えますが、噛めば噛むほど味が出て、気付けば好きになっています。

基本的には恋愛メインのストーリーですが、真相エンドというものも隠されていて、この世界、ヒロインの真相を知る時、「そうだったのか・・・!」と驚くこと間違いなしです。
それを知ると、より一層ヒロインに愛着がわきます。愛着というか、もはや母のように見ていました。物凄く不器用なんです。同年代に比べると頭は良いんでしょうが、でも台詞選びも考え方も、頑固で不器用だなと見ていて感じます。けれども合間合間で、素直で一生懸命な姿が垣間見え、いつしか応援していました。ヒロインが次第に成長する姿にも感動させられました。

この独特の世界観、キャラクターが受け入れられれば、はまること間違いなしの作品だと思います。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

天下統一恋の乱をプレーした感想

私がもう1年以上プレーしてハマっている乙女ゲーム。 出会ったきっかけは、当時結婚まで考えていた彼氏と、ささいなことが原因でケンカをし、今まで積もり積もっていたものが爆発してしまい、別れてしまいました。 …

緋色の欠片をプレーした感想

「緋色の欠片」は和風伝奇が好きな人には堪らないゲームです。 和の雰囲気にファンタジー要素が加わり、伝統、宿命、使命、抗えない運命に少年少女が巻き込まれていきます。 いい大人になっても主人公の少女に感情 …

猛獣使いと王子様をプレーした感想

主人公は母のような猛獣使いを目指す可愛いくて勇気のある、プレイしていて気持ちがいいタイプの女の子です。 ある日、ライオン・狼・アヒル・ウサギが檻の中で衰弱している姿を見て、母の形見と引き換えに猛獣使い …

薄桜鬼をプレーした感想

今では続編や追加コンテンツがたくさん発売されていますが、ここでは一番初めに発売されたPSP版の薄桜鬼のプレイした感想を書きたいと思います。 「薄桜鬼」は土方や沖田などの主に新撰組を攻略対象とした恋愛シ …

no image

アンジェリーク2をプレーした感想

元祖乙女ゲームの代表ともいえるアンジェリークシリーズ。 1もリメイクしてWヒロインで楽しめるようになりましたが、2の栗色の髪のアンジェリークでは3つの性格から表情の変化も選べて、個性的なアンジェリーク …