乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

ハートの国のアリスをプレーした感想

投稿日:2017年4月12日 更新日:

ハートの国のアリス』を知る前は「乙女ゲーム」という存在を知らず、ハトアリの漫画をたまたま見かけて漫画を購入したのがきっかけでした。

不思議の国のアリスのような心温まるストーリーかと思えばその真逆で、凶器を振り回すなどのめちゃくちゃな設定に、なんだこれ!面白い!と漫画を読み終えてもドキドキしていたのを覚えています。原作がゲームだということを知り、その後ゲームを買ったのが事の発端でした。えぇ、漫画なんて目じゃないです、ドはまりしてしまいました。

そもそもキャラクターたちが、個性豊かすぎやしませんか?
乙女ゲームのくせに、無難にカッコイイキャラがいないぞ!と今では思います。揃いも揃ってみんな、一癖も二癖もあります。あまつさえヒロインまで、おとなしく可愛らしい性格ではないです。
けれど不思議なことに、みんな魅力的なんです。プレイすればするほど味が出るというか、深みにはまるというか…狂気的な愛でさえ、だんだんと愛おしく思えてくるから不思議です。

もちろん格好良いと思う場面や、キュンとくるイベントもあります。
個人的にはブラッド(帽子屋)が大好きなのですが、その強引さにキュンキュンきましたね。
現実じゃこんな強引で人の話を聞かないような男はありえないし、いくらゲームでも好きになれそうにないと最初は思っていたにも関わらず、このざまです。本当に、どのキャラにも共通して言えますが、噛めば噛むほど味が出て、気付けば好きになっています。

基本的には恋愛メインのストーリーですが、真相エンドというものも隠されていて、この世界、ヒロインの真相を知る時、「そうだったのか・・・!」と驚くこと間違いなしです。
それを知ると、より一層ヒロインに愛着がわきます。愛着というか、もはや母のように見ていました。物凄く不器用なんです。同年代に比べると頭は良いんでしょうが、でも台詞選びも考え方も、頑固で不器用だなと見ていて感じます。けれども合間合間で、素直で一生懸命な姿が垣間見え、いつしか応援していました。ヒロインが次第に成長する姿にも感動させられました。

この独特の世界観、キャラクターが受け入れられれば、はまること間違いなしの作品だと思います。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

幕末恋華・新選組

幕末恋華・新選組をプレーした感想

新選組が題材になっているため、いわゆる悲恋エンドもあります。 でも、後味が悪いわけではないのです。気持ちが落ち込んでしまうような内容ではないので、鬱々しい内容が苦手な方にもおすすめできます。 むしろ悲 …

大正鬼譚をプレーした感想

「大正鬼譚」も糖度は高いほうですが、続編の「大正鬼譚言ノ葉櫻」は先生の栗原千秋以外は両想いの状態から始まるので激甘な糖度になっています。 プレイヤーの主人公は上流階級のお嬢様です。しかし、見た目はおし …

ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚をプレーした感想

ニル・アドミラリの天秤は、大好きなシナリオライターの片桐由摩さんと、これまた大好きなイラストレーターのさといさんがタッグを組んだということですぐに飛びつきました。一言で言うと、大人の乙女ゲーだと思いま …

夏空のモノローグをプレーした感想

主人公と部活の仲間たちは同じ1日を何度も繰り返すという不思議なループの世界に迷い込んでしまうという設定の「夏空のモノローグ」 ただ当たり前のようにループしているのではなく、だんだん本人達はこの世界の奇 …

アンジェリークSpecialをプレーした感想

もうかなり昔のゲームですが、当時の社名、光栄から発売された乙女ゲームがあります。タイトルは「アンジェリークSpecial」で、当時は乙女ゲームは本当に珍しい時代でした。 ゲームと言えば男の子の物という …