乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

花咲くまにまにをプレーした感想

投稿日:2017年4月28日 更新日:

評判の良い乙女ゲーを追いかけてプレイする私が、今更ながらプレイして非常に出来がいいと感じたのは「花咲くまにまに」です。

2013年の発売と少々、以前のものになります。

ゲームシステムは選択肢によってキャラクターとの関係を築いていく、スタンダードなノベルタイプのゲームです。
乙女ゲーの中でも、いわゆる”史実モノ”に当てはまる本作は、現代から女子高校生(主人公)がタイムスリップするところからストーリーが始まります。
行き着いた先は開国間近の幕末の日本。

主人公の目的は現代へ戻ることですが、その世界で出会う人々や遊郭”万珠屋“(本来の意味での遊郭ではありません)でのストーリーが本編となります。
史実をなぞるように進む傍ら、脚色によるフィクション要素も加えられ、新撰組などを題材にした乙女ゲーをプレイしたことのある人なら、きっと楽しめると思います。

攻略対象となる男性キャラは5人とやや少ないですが、非常に濃いキャラ設定や美しかったり儚かったりとプレイヤーの情緒を大きく揺さぶる描写によって、不足に感じることはありませんでした。

個人的に気に入っているキャラクターは「倉間楓」です。
主人公のタイムスリップ後、メインキャラクターの中で最初に出会うキャラです。

それぞれのキャラに複数のエンディングが用意されていますが、この倉間楓とのトゥルーエンドが主人公にとっても、彼にとっても一番幸せなエンディングではないかと思います。

ただ、この倉間楓を気に入っているとはいうものの、正直なところ、すべてのキャラに思い入れがあります。
キャラによっては、とても悲惨なエンディングとなってしまうストーリーもあり、それはそれで展開としては素晴らしいのですが、やはりハッピーエンドであってほしいので、彼とそのトゥルーエンドを選ばせてもらいました。

幕末に関するストーリーが基本となっているので、場面や展開によっては先が読めてしまう部分もあるのですが、それもやはり描写の秀逸さやキャラクターの細かい設定によって、ダレることなく読み進めることが出来、終始楽しめるゲームでした。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

婚約指輪は受け取れないをプレーした感想

タイトルだけでは分かりませんでした。よくある、幸せな結婚がゴールのキラキラ乙女ゲーだと思っていたら…。 『婚約指輪は受け取れない』は主人公が未婚の子持ちという設定。乙女ゲーらしからぬヘビーな設定に、何 …

快感フレーズNextをプレーした感想

新條まゆ先生の漫画作品、『快感フレーズ』の次世代の子たちが攻略キャラクターでストーリーが進みます。 主人公はネットに歌を配信していた女の子です。突然転機が訪れ、伝説のアーティスト【shion】と共にバ …

大正鬼譚をプレーした感想

「大正鬼譚」も糖度は高いほうですが、続編の「大正鬼譚言ノ葉櫻」は先生の栗原千秋以外は両想いの状態から始まるので激甘な糖度になっています。 プレイヤーの主人公は上流階級のお嬢様です。しかし、見た目はおし …

遙かなる時空の中で3をプレーした感想

皆さんは「遙かなる時空の中で」シリーズをプレイされたことはありますか。 ◆まず、遙かなる時空の中でシリーズとは何なのか 現代に住む女子高生(主人公)が世界を救う「龍神の神子(りゅうじんのみこ)」として …

クローバーの国のアリスをプレーした感想

不思議の国のアリスをモチーフにしたゲームシリーズの中の一つで、クローバーの国がメインとなったストーリーです。 主人公はゴスロリのような可愛らしい洋服を身につけ、頭にはリボンをつけている、黙っていれば美 …