乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

花咲くまにまにをプレーした感想

投稿日:2017年4月28日 更新日:

評判の良い乙女ゲーを追いかけてプレイする私が、今更ながらプレイして非常に出来がいいと感じたのは「花咲くまにまに」です。

2013年の発売と少々、以前のものになります。

ゲームシステムは選択肢によってキャラクターとの関係を築いていく、スタンダードなノベルタイプのゲームです。
乙女ゲーの中でも、いわゆる”史実モノ”に当てはまる本作は、現代から女子高校生(主人公)がタイムスリップするところからストーリーが始まります。
行き着いた先は開国間近の幕末の日本。

主人公の目的は現代へ戻ることですが、その世界で出会う人々や遊郭”万珠屋“(本来の意味での遊郭ではありません)でのストーリーが本編となります。
史実をなぞるように進む傍ら、脚色によるフィクション要素も加えられ、新撰組などを題材にした乙女ゲーをプレイしたことのある人なら、きっと楽しめると思います。

攻略対象となる男性キャラは5人とやや少ないですが、非常に濃いキャラ設定や美しかったり儚かったりとプレイヤーの情緒を大きく揺さぶる描写によって、不足に感じることはありませんでした。

個人的に気に入っているキャラクターは「倉間楓」です。
主人公のタイムスリップ後、メインキャラクターの中で最初に出会うキャラです。

それぞれのキャラに複数のエンディングが用意されていますが、この倉間楓とのトゥルーエンドが主人公にとっても、彼にとっても一番幸せなエンディングではないかと思います。

ただ、この倉間楓を気に入っているとはいうものの、正直なところ、すべてのキャラに思い入れがあります。
キャラによっては、とても悲惨なエンディングとなってしまうストーリーもあり、それはそれで展開としては素晴らしいのですが、やはりハッピーエンドであってほしいので、彼とそのトゥルーエンドを選ばせてもらいました。

幕末に関するストーリーが基本となっているので、場面や展開によっては先が読めてしまう部分もあるのですが、それもやはり描写の秀逸さやキャラクターの細かい設定によって、ダレることなく読み進めることが出来、終始楽しめるゲームでした。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

薄桜鬼をプレーした感想

ハードはPSP・DSや3DS・PS2やPS3・PSVitaなど人気作なので移植も多い作品であり、薄桜鬼シリーズとしての続編がいろいろ発売されており、作品がゲームのみに留まらず、アニメ化・映画化・舞台化 …

ときめきメモリアルGirl’s Sideをプレーした感想

今はもう懐かしのゲームとなってしまった「ときめきメモリアル Girl’s Side」。 ギャルゲーとして有名なあのときメモから乙女ゲームが出るということで当時はかなりの話題になり、その後シ …

金色のコルダ4をプレーした感想

2016年にコーエーテクモゲームスからPS VITA向けに発売された「金色のコルダ」。 金色のコルダシリーズは数々の作品がリリースされていますが、「金色のコルダ4」は現在一番新しい作品です。「金色のコ …

違法レンアイをプレーした感想

私が最近プレーをしてはまったのが、違法レンアイ。 主人公が何かをきっかけに記憶喪失になるところからストーリーは始まります。 記憶喪失でさまよっていたら警察官に保護されるのですが、それがイケメンの警察官 …

うたの☆プリンスさまっ♪Repeatをプレーした感想

Repeatは最初に発売された「うたの☆プリンスさまっ♪」の細かい点が修正されたリメイクバージョンです。 さらに追加要素があるPlayStationVita用の移植版もあるのでこれからプレイされる方は …