乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

花咲くまにまにをプレーした感想

投稿日:2017年4月28日 更新日:

評判の良い乙女ゲーを追いかけてプレイする私が、今更ながらプレイして非常に出来がいいと感じたのは「花咲くまにまに」です。

2013年の発売と少々、以前のものになります。

ゲームシステムは選択肢によってキャラクターとの関係を築いていく、スタンダードなノベルタイプのゲームです。
乙女ゲーの中でも、いわゆる”史実モノ”に当てはまる本作は、現代から女子高校生(主人公)がタイムスリップするところからストーリーが始まります。
行き着いた先は開国間近の幕末の日本。

主人公の目的は現代へ戻ることですが、その世界で出会う人々や遊郭”万珠屋“(本来の意味での遊郭ではありません)でのストーリーが本編となります。
史実をなぞるように進む傍ら、脚色によるフィクション要素も加えられ、新撰組などを題材にした乙女ゲーをプレイしたことのある人なら、きっと楽しめると思います。

攻略対象となる男性キャラは5人とやや少ないですが、非常に濃いキャラ設定や美しかったり儚かったりとプレイヤーの情緒を大きく揺さぶる描写によって、不足に感じることはありませんでした。

個人的に気に入っているキャラクターは「倉間楓」です。
主人公のタイムスリップ後、メインキャラクターの中で最初に出会うキャラです。

それぞれのキャラに複数のエンディングが用意されていますが、この倉間楓とのトゥルーエンドが主人公にとっても、彼にとっても一番幸せなエンディングではないかと思います。

ただ、この倉間楓を気に入っているとはいうものの、正直なところ、すべてのキャラに思い入れがあります。
キャラによっては、とても悲惨なエンディングとなってしまうストーリーもあり、それはそれで展開としては素晴らしいのですが、やはりハッピーエンドであってほしいので、彼とそのトゥルーエンドを選ばせてもらいました。

幕末に関するストーリーが基本となっているので、場面や展開によっては先が読めてしまう部分もあるのですが、それもやはり描写の秀逸さやキャラクターの細かい設定によって、ダレることなく読み進めることが出来、終始楽しめるゲームでした。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

恋してしまった星の王子をプレーした感想

主人公の私が自分の部屋で星を見ていたらいきなりイケメンが神として部屋にやってくるという斬新な設定です。今までの乙女ゲームとは雰囲気が違い、非現実的な要素が大きいのでとても面白いと感じました。 まあ、あ …

薄桜鬼をプレーした感想

今では続編や追加コンテンツがたくさん発売されていますが、ここでは一番初めに発売されたPSP版の薄桜鬼のプレイした感想を書きたいと思います。 「薄桜鬼」は土方や沖田などの主に新撰組を攻略対象とした恋愛シ …

快感フレーズNextをプレーした感想

新條まゆ先生の漫画作品、『快感フレーズ』の次世代の子たちが攻略キャラクターでストーリーが進みます。 主人公はネットに歌を配信していた女の子です。突然転機が訪れ、伝説のアーティスト【shion】と共にバ …

もし、この世界に神様がいるとするならば。をプレーした感想

音楽良し、キャラ絵良し、ストーリー良しな三拍子揃った乙女ゲーだとおすすめされプレイした「もし、この世界に神様がいるとするならば。」、その通りでした。 ストーリーは主人公の来実ハルカが7年前の自分からの …

黒蝶のサイケデリカをプレーした感想

「黒蝶のサイケデリカ」は2015年にオトメイトよりPS Vita向けに発売された恋愛アドベンチャーゲームです。 主人公は気が付くと見知らぬ洋館に居ました。同じ洋館で目覚めた男性達と共に、「黒蝶狩り」と …