乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

薄桜鬼をプレーした感想

投稿日:2017年4月18日 更新日:

これが、私の初めての乙女ゲーデビューだったのですが、本当に買って正解でした。かなりはまってしまいました。

薄桜鬼は新撰組を元にストーリーやキャラクターが構成されています。
基本的には学園モノみたいな明るいノリの乙女ゲーではありません。どちらかと言うと暗い感じで鬱になるようなシーンも多々あります。

新撰組は、戦いに出ますが、落ち水という薬を飲むことでとても強くなることができます。
しかし、その水を飲むと人の血を飲まずにはいられないという副作用が出るのです。そして、主人公の少女が自分の血を分け与えます。
少し暗い感じの乙女ゲーですが苦しい状況の中での愛というのが最高にキュンキュンします。

キャラクターは近藤勇、沖田総司、土方歳三など主要メンバーも出てきますが、私がもっともはまったキャラクターは斎藤一です。いわゆるツンデレキャラです。
いつもはとても無愛想で最初は、怖いイメージだったのですが、だんだんと自分に心を許してくれて…本当にその姿に胸キュンです。私の場合、薄桜鬼に感情移入しすぎてしまい、ハッピーエンドの時はとても楽しかったのですが、バッドエンドが出てしまったときはマジ鬱になりました。終わり方は結構きついのもありました。

攻略できるキャラ数も多いので、何回もプレイしましたが、何度も同じシーンを読むのが面倒なときは、スキップもできるので最初に自分の力である程度プレーした後は、攻略サイトを見て、回答を選ぶようにして全部のキャラをクリアしました。
フルボイスなので、何回もプレーしても好きなシーンは何度も見てしまいます。
あえてハッピーエンドとバッドエンドの両方クリアしてみましたが、やはりおすすめは斎藤一です。本当にかっこいい!私が二次元のキャラクターにはまってしまった原点となっています。

ちなみにセロCなので、ものすごいHなシーンなどはありませんが、ドキッとするような場面はあるので少し大人向けなゲームかなと思います。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

ジュエリックナイトメアをプレーした感想

PSPで発売された「ジュエリック・ナイトメア」は、プレイヤーの分身である主人公の個性が主張しすぎていないし可愛い容姿をしているので、感情移入がしやすいと思います。 オープニングを歌うKENNさんの歌は …

遙かなる時空の中で3 with 十六夜記をプレーした感想

当時、数々の乙女ゲーマーを生みだした戦犯です。 このゲームのおかげで、立派なオタクになったという乙女も多いのではないでしょうか? かくいう私もその一人で、このゲームをプレイして「乙女ゲームってこんなに …

緋色の欠片をプレーした感想

「緋色の欠片」は和風伝奇が好きな人には堪らないゲームです。 和の雰囲気にファンタジー要素が加わり、伝統、宿命、使命、抗えない運命に少年少女が巻き込まれていきます。 いい大人になっても主人公の少女に感情 …

眠らぬ街のシンデレラをプレーした感想

私も含め女性って多かれ少なかれセレブに憧れている部分があると思いますが、このゲームは、主人公はまぁどこにでもいる女の子で、その他に出てくる男性はみんなセレブという夢のような設定です。 地方から出てきて …

薄桜鬼をプレーした感想

後にシリーズとして様々な商品が発表されていますが、その中でも一番のお気に入りは何と言ってもこの薄桜鬼無印です。 新撰組を題材としている事もあり、攻略対象となる登場人物が全員魅力的で世界観に入り込みやす …