乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

薄桜鬼をプレーした感想

投稿日:2017年4月18日 更新日:

これが、私の初めての乙女ゲーデビューだったのですが、本当に買って正解でした。かなりはまってしまいました。

薄桜鬼は新撰組を元にストーリーやキャラクターが構成されています。
基本的には学園モノみたいな明るいノリの乙女ゲーではありません。どちらかと言うと暗い感じで鬱になるようなシーンも多々あります。

新撰組は、戦いに出ますが、落ち水という薬を飲むことでとても強くなることができます。
しかし、その水を飲むと人の血を飲まずにはいられないという副作用が出るのです。そして、主人公の少女が自分の血を分け与えます。
少し暗い感じの乙女ゲーですが苦しい状況の中での愛というのが最高にキュンキュンします。

キャラクターは近藤勇、沖田総司、土方歳三など主要メンバーも出てきますが、私がもっともはまったキャラクターは斎藤一です。いわゆるツンデレキャラです。
いつもはとても無愛想で最初は、怖いイメージだったのですが、だんだんと自分に心を許してくれて…本当にその姿に胸キュンです。私の場合、薄桜鬼に感情移入しすぎてしまい、ハッピーエンドの時はとても楽しかったのですが、バッドエンドが出てしまったときはマジ鬱になりました。終わり方は結構きついのもありました。

攻略できるキャラ数も多いので、何回もプレイしましたが、何度も同じシーンを読むのが面倒なときは、スキップもできるので最初に自分の力である程度プレーした後は、攻略サイトを見て、回答を選ぶようにして全部のキャラをクリアしました。
フルボイスなので、何回もプレーしても好きなシーンは何度も見てしまいます。
あえてハッピーエンドとバッドエンドの両方クリアしてみましたが、やはりおすすめは斎藤一です。本当にかっこいい!私が二次元のキャラクターにはまってしまった原点となっています。

ちなみにセロCなので、ものすごいHなシーンなどはありませんが、ドキッとするような場面はあるので少し大人向けなゲームかなと思います。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

アブナイ★恋の捜査室をプレーした感想

「アブナイ★恋の捜査室」はハードはPSPで、続編はPSVITAで発売されています。 私がやったのはPSP版の方になります。 好きな理由その一、攻略対象が全員大人の上司。 攻略可能メインキャラは全員で6 …

dame-prince

DAME×Princeをプレーした感想

イラストが綺麗で魅力的な『DAME×Prince』(通称:ダメプリ)。 スマホを弄っているときに広告が多くww、目にしていたこととキャラ絵が好みだったのではじめました。 選択できる王子は4人、ノーマル …

うたの☆プリンスさまっ♪Repeatをプレーした感想

Repeatは最初に発売された「うたの☆プリンスさまっ♪」の細かい点が修正されたリメイクバージョンです。 さらに追加要素があるPlayStationVita用の移植版もあるのでこれからプレイされる方は …

ときめきメモリアル Girl’s Sideをプレーした感想

私は元々ときめきメモリアルシリーズが好きでした。 恋愛をメインとした甘酸っぱい青春や学校生活、時には笑えるイベントが沢山あります。お祭りの縁日や体育祭でのミニゲームも面白くて病みつきになってしまいます …

花咲くまにまにをプレーした感想

江戸時代で生まれたことを知らなかった女子高生が倉間楓の力によって江戸時代に飛ばされ、万珠屋と呼ばれる実父が営む所で生活します。タイムスリップ系のお話でも「もともとが江戸時代の生まれ」という特徴があるス …