乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

薄桜鬼をプレーした感想

投稿日:2017年4月18日 更新日:

これが、私の初めての乙女ゲーデビューだったのですが、本当に買って正解でした。かなりはまってしまいました。

薄桜鬼は新撰組を元にストーリーやキャラクターが構成されています。
基本的には学園モノみたいな明るいノリの乙女ゲーではありません。どちらかと言うと暗い感じで鬱になるようなシーンも多々あります。

新撰組は、戦いに出ますが、落ち水という薬を飲むことでとても強くなることができます。
しかし、その水を飲むと人の血を飲まずにはいられないという副作用が出るのです。そして、主人公の少女が自分の血を分け与えます。
少し暗い感じの乙女ゲーですが苦しい状況の中での愛というのが最高にキュンキュンします。

キャラクターは近藤勇、沖田総司、土方歳三など主要メンバーも出てきますが、私がもっともはまったキャラクターは斎藤一です。いわゆるツンデレキャラです。
いつもはとても無愛想で最初は、怖いイメージだったのですが、だんだんと自分に心を許してくれて…本当にその姿に胸キュンです。私の場合、薄桜鬼に感情移入しすぎてしまい、ハッピーエンドの時はとても楽しかったのですが、バッドエンドが出てしまったときはマジ鬱になりました。終わり方は結構きついのもありました。

攻略できるキャラ数も多いので、何回もプレイしましたが、何度も同じシーンを読むのが面倒なときは、スキップもできるので最初に自分の力である程度プレーした後は、攻略サイトを見て、回答を選ぶようにして全部のキャラをクリアしました。
フルボイスなので、何回もプレーしても好きなシーンは何度も見てしまいます。
あえてハッピーエンドとバッドエンドの両方クリアしてみましたが、やはりおすすめは斎藤一です。本当にかっこいい!私が二次元のキャラクターにはまってしまった原点となっています。

ちなみにセロCなので、ものすごいHなシーンなどはありませんが、ドキッとするような場面はあるので少し大人向けなゲームかなと思います。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

新章イケメン大奥◆禁じられた恋をプレーした感想

「新章イケメン大奥」は、いわゆる逆転大奥が舞台です。 主人公の女性は将軍の替え玉として城に連れて来られた町娘で、大奥には将軍の正室候補であるイケメンな男性たちがわんさかいます。その中の一人といろんな出 …

ときめきメモリアル Girl's Side 3rd Story

ときめきメモリアル Girl’s Side 3rd Storyをプレーした感想

学力や運動、芸術などのステータスをあげて、好きな異性(ボイスあり)で恋愛が出来るオススメなゲームです。 好きな異性との会話の他にも攻略対象たちの絡みもあり、男同士の友情を見ることも出来てとても癒されま …

dame-prince

DAME×PRINCEをプレーした感想

まずこのダメプリ、スマートフォン向けの乙女ゲームなのですが、そのボリュームがすごいんです。 本編(ルート)は現在5人分で今後シナリオ追加予定のキャラクターもいます。 どのキャラもエンディングは3つあり …

グリム・ザ・バウンティハンターをプレーした感想

 グリム童話をモチーフにした乙女ゲームで、皆見た目に反して心の中では闇が深いタイプのキャラが多く、恋愛描写も甘い大人な雰囲気はありますが激甘作品というわけではなく、ところどころにファンタジーチックなコ …

金色のコルダ2fをプレーした感想

この作品は2009年にPSP向けに発売された作品です。続編も出ている人気作になります。 物語の舞台は秋~冬の星奏学院です。 主人公はアンサンブルを組み、全4回のコンサートを成功させることが目的となるゲ …