乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

エターナルリングをプレーした感想

投稿日:2017年7月20日 更新日:

主人公の私は実は彼氏がいるという設定の乙女ゲー。
しかし、その彼氏とはマンネリを感じていて、そこにイケメンが現れて恋をしていくというストーリーです。

私は実生活で、お付き合いしていた男性とマンネリ状態の時に他に気になる人が現れてどうしようと悩んだ経験があります。ですから、このゲームの設定は自分の過去の体験と少し重なる部分もあり、余計に感情移入ができました。
当時の迷いや切なさを思い出しながらゲームを進めていきました。

私が恋をしたのは、宇崎悠真という私が働いている会社の社長の御曹司です。オラオラ系でかなり強引、思ったことはすぐに口に出したり行動したりする肉食な感じの男性です。私は肉食系で強引な男性が大好きなので、宇崎悠真と恋愛にはまってしまいました。性格もタイプなのですが、絵がすごくかっこよくて一目惚れしてしまいました。
こんなイケメンは実際には出会うことがないのでドキドキ感が大きかったです。顔もよくて性格もタイプな男の人と、ゲームとはいえ恋愛できるなんてとても幸せです。

私はいつも寝る前に乙女ゲームをするのですが、1日の中でかなり至福の時間です。
このゲームをしたらもう実生活での恋愛では物足りなくなってしまうのではないかと心配になるくらいです。宇崎悠真以上の人と出会えることなんてないと思います。
このゲームは全て無料でできるのも魅力的です。課金をしないとゲームが進められない乙女ゲームもたくさんある中で、全て無料で楽しめるのはかなりお得です。1つのストーリを終えたら1日経たないと次のストーリーに進めず、続きが気になっても一気にゲームを終えることはできません。でも、1日少しずつゲームを進めていく楽しさがあります。翌日が楽しみで仕方なくて、まるでテレビドラマの次回を楽しみに待っている感じです。

私は結婚をしているので、恋愛のドキドキ感はしばらく味わっていませんでした。
でも、この乙女ゲームに出会ってときめく気持ちを思い出し、毎日が楽しくなりました。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

ときめきメモリアル Girl’s Sideをプレーした感想

男性向けのときめきメモリアルからの派生作品なので内容はもちろん女の子の主人公が魅力的な男の子を攻略していくという形になっています。 ときメモGSは3作品出ており(マイナーチェンジ含まず)、どの作品もと …

上司と秘密の2LDKをプレーした感想

舞台設定は雑誌の出版社で、主人公はそこで働いています。その社内で5人の男性と恋愛を楽しめます。 5人共キャラが異なるので、自分好みの男性が必ず見つかると思います。 私が選んだのは「大河内湊」という男性 …

LovePlan 大人の恋愛ストーリーをプレーした感想

私がこのゲームに出会ったのは、人生最大の失恋をした後でした。 今日はもしかしたら連絡があるかもしれないと、一縷の希望を持っていましたが、結婚するかもしれないとまで思っていた相手からまさかの音信不通での …

金色のコルダ4をプレーした感想

2016年にコーエーテクモゲームスからPS VITA向けに発売された「金色のコルダ」。 金色のコルダシリーズは数々の作品がリリースされていますが、「金色のコルダ4」は現在一番新しい作品です。「金色のコ …

薄桜鬼をプレーした感想

ハードはPSP・DSや3DS・PS2やPS3・PSVitaなど人気作なので移植も多い作品であり、薄桜鬼シリーズとしての続編がいろいろ発売されており、作品がゲームのみに留まらず、アニメ化・映画化・舞台化 …