乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

エターナルリングをプレーした感想

投稿日:2017年7月20日 更新日:

主人公の私は実は彼氏がいるという設定の乙女ゲー。
しかし、その彼氏とはマンネリを感じていて、そこにイケメンが現れて恋をしていくというストーリーです。

私は実生活で、お付き合いしていた男性とマンネリ状態の時に他に気になる人が現れてどうしようと悩んだ経験があります。ですから、このゲームの設定は自分の過去の体験と少し重なる部分もあり、余計に感情移入ができました。
当時の迷いや切なさを思い出しながらゲームを進めていきました。

私が恋をしたのは、宇崎悠真という私が働いている会社の社長の御曹司です。オラオラ系でかなり強引、思ったことはすぐに口に出したり行動したりする肉食な感じの男性です。私は肉食系で強引な男性が大好きなので、宇崎悠真と恋愛にはまってしまいました。性格もタイプなのですが、絵がすごくかっこよくて一目惚れしてしまいました。
こんなイケメンは実際には出会うことがないのでドキドキ感が大きかったです。顔もよくて性格もタイプな男の人と、ゲームとはいえ恋愛できるなんてとても幸せです。

私はいつも寝る前に乙女ゲームをするのですが、1日の中でかなり至福の時間です。
このゲームをしたらもう実生活での恋愛では物足りなくなってしまうのではないかと心配になるくらいです。宇崎悠真以上の人と出会えることなんてないと思います。
このゲームは全て無料でできるのも魅力的です。課金をしないとゲームが進められない乙女ゲームもたくさんある中で、全て無料で楽しめるのはかなりお得です。1つのストーリを終えたら1日経たないと次のストーリーに進めず、続きが気になっても一気にゲームを終えることはできません。でも、1日少しずつゲームを進めていく楽しさがあります。翌日が楽しみで仕方なくて、まるでテレビドラマの次回を楽しみに待っている感じです。

私は結婚をしているので、恋愛のドキドキ感はしばらく味わっていませんでした。
でも、この乙女ゲームに出会ってときめく気持ちを思い出し、毎日が楽しくなりました。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

ときめきメモリアル Girl’s Sideをプレーした感想

男性向けのときめきメモリアルからの派生作品なので内容はもちろん女の子の主人公が魅力的な男の子を攻略していくという形になっています。 ときメモGSは3作品出ており(マイナーチェンジ含まず)、どの作品もと …

あんさんぶるスターズ

あんさんぶるスターズをプレーした感想

乙女ゲームはストーリー性があまりない、絵柄やキャラクターデザインを見て決めるような先入観がありました。 乙女ゲーム自体やらないことが多かったですが、インストール前のキャラクターの強さが今までのどの乙女 …

AMNESIAをプレーした感想

2011年にアイデアファクトリーから発売された、PSP&PS VITA向けのゲーム。 主人公はある時目が覚めたら8月1日以前の記憶を失っていて、自分のことも周りの人達のことも忘れてしまっており、その失 …

黒蝶のサイケデリカをプレーした感想

「黒蝶のサイケデリカ」は2015年にオトメイトよりPS Vita向けに発売された恋愛アドベンチャーゲームです。 主人公は気が付くと見知らぬ洋館に居ました。同じ洋館で目覚めた男性達と共に、「黒蝶狩り」と …

下天の華をプレーした感想

「下天の華」と続編の「下天の華夢灯り」は歴史モノで有名なコーエーの作品です。 pspで発売されましたがPSVITAでは統一されて発売されています。 主人公のプレイヤーは忍びのエリートに生まれた美人で強 …