乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

あんさんぶるスターズをプレーした感想

投稿日:2017年3月8日 更新日:

乙女ゲームはストーリー性があまりない、絵柄やキャラクターデザインを見て決めるような先入観がありました。
乙女ゲーム自体やらないことが多かったですが、インストール前のキャラクターの強さが今までのどの乙女ゲームよりも強烈に個性的でした。
なので、このゲームだけはやってみようと思いました。

プレイした感想はまず、ストーリーの作り込みが逸材でした。
明るいポップなイメージを覆すような展開ばかりで、驚くことが多かったです。
ストーリーを一通り読むこともでき、イベントなども頻繁に行われるため、飽きることがないです。

そしてキャラクターも比較的乙女ゲームの中では多いと思いますが、1人1人設定がよくできていて矛盾がなく隙のないキャラ設定にも惹かれました。
時間さえかければ、無料で進めていけることもいいところだと思います。

キャラクターの絵やマスコットなどもたくさんあり、集めることが面白く、しっかり遊べる要素も含まれているので、あまり乙女ゲームに関心がなくても楽しめると思います。
また、キャラクター同士の交友などのストーリーもよくて、個々のキャラクターの個性がとても強く独特なんです。
彼らが様々な事情を持ちながら生活している中に、自然とプレイヤーである主人公が馴染んでいて、世界観にも違和感がありません。

私は攻略キャラを羽風薫くん1人に絞り選んで攻略していますが、グループや学年など、キャラが所属する場所もいろいろあるので、たくさんのパターンで楽しめ、1つだけではない好みの形があることも魅力の一つだと思います。
好きなキャラクターが特にいなくても十分乙女ゲームとしてのクオリティーは高いので、ストーリーを読むだけでも楽しいです。

ゲームの運営も積極的に活動していて、好きなキャラクターの人気投票などでグッズ化が決まる企画など、ファンとして嬉しい活動も多く、新キャラなども度々追加されることも、ゲームを続ける楽しみの1つだと思います。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

L.G.S新説封神演義をプレーした感想

この乙女ゲームは主人公の名前変換ができないタイプです。 仙人の主人公は本来は高貴な生まれですが、母の死で娘を他者に奪われたくないと願う歪んだ心を持った父に依存され、可愛い容姿を醜い妖怪の姿に変えられて …

金色のコルダ4をプレーした感想

金色のコルダは、何と言っても世界観がすごく好きでした。 主人公はヴァイオリンをやっているのですが、ヴァイオリン=お金持ちというイメージで育った私にとっては、それだけで魅力的な設定だったんです。そして、 …

イケナイ契約結婚をプレーした感想

私がこのゲームを知るきっかけになったのは、ズバリ友達からの紹介で招待されたからでした。たぶん、なにか特典があったから招待したんだろうけど……。 「この中でどの人と恋に落ちたいかでだいたいのタイプがわか …

大正鬼譚をプレーした感想

「大正鬼譚」も糖度は高いほうですが、続編の「大正鬼譚言ノ葉櫻」は先生の栗原千秋以外は両想いの状態から始まるので激甘な糖度になっています。 プレイヤーの主人公は上流階級のお嬢様です。しかし、見た目はおし …

黒蝶のサイケデリカをプレーした感想

「黒蝶のサイケデリカ」は2015年にオトメイトよりPS Vita向けに発売された恋愛アドベンチャーゲームです。 主人公は気が付くと見知らぬ洋館に居ました。同じ洋館で目覚めた男性達と共に、「黒蝶狩り」と …