乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

DIABOLIK LOVERSをプレーした感想

投稿日:2017年3月18日 更新日:

DIABOLIK LOVERS」をやろうと思ったきっかけは、ゲームを探していた時に、とても絵柄が綺麗だったことと、アニメなどでよく見る声優さんをが起用されていたのでやってみたくなったのがきっかけです。

実際にプレイしてみると、最初に攻略したい男の子を選択することができました。

乙女ゲームの場合、誰を攻略するか決められない乙女ゲームもあるため、このシステムは優しいなと感じました。

私が最初に選んだ男の子は「逆巻カナト」くんという男の子で、クマのぬいぐるみを持って、少し幼げのある可愛い男の子といった雰囲気の子でした。

実際にプレイしてみると、カナト君だけでなく、吸血鬼の兄弟全員に主人公の女の子が苛められます!

私なら絶対に心が折れちゃいそうな環境の中で、主人公の女の子が強く立ち向かったり、時に苦悩したり、恋愛したりする展開が、他の乙女ゲームでは味わえないのではないかと思いました。

このゲームは、吸血鬼の兄弟が吸血するシーンというものが各々のキャラクターにあるのですが、これが本当にもうイヤホンが必須なくらいドキドキするシチュエーションです!

実際に私が血を吸われているんじゃないかと、錯覚してしまいそうなくらいリアリティがあります。

1人1人が個性が強く、一見ワガママだったり、遊び人な感じだったり、無関心だったり、何かしら問題を抱えている彼らですが、ストーリーを進めていくと影が見え隠れして、全てのエンディングを見たいと思わせる演出がたくさんあります!

また、最初に発売された「DIABOLIK LOVERS」だと、逆巻家と言われる吸血鬼の兄弟のストーリーが用意されていますが、「DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD」だと、新たに無神家といった新たなキャラクターが登場し、全く違うストーリーが用意されているため、どこから初めても楽しめるゲームとなっています。

私個人的には、とっても面白いドキドキする作品なのでオススメします!

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

ワンドオブフォーチュンRをプレーした感想

「ワンドオブフォーチュン」は、ミルスクレアという魔法学校に全属性を持った少女が転校してきて、様々な属性を持った同級生たちが抱える問題と、主人公が全属性の魔法を使いこなせていない問題を解決するために立ち …

うたのプリンスさまっをプレーした感想

攻略対象が皆アイドル養成学校の生徒という事もあり、全員が個性ばらばらな所謂イケメンです。 声優の好みの問題で一番気になっているキャラを最後に攻略しようと決めていた為、和やかで優しいお兄さんのような印象 …

緋色の欠片をプレーした感想

「緋色の欠片」は和風伝奇が好きな人には堪らないゲームです。 和の雰囲気にファンタジー要素が加わり、伝統、宿命、使命、抗えない運命に少年少女が巻き込まれていきます。 いい大人になっても主人公の少女に感情 …

幕末恋華・新選組

幕末恋華・新選組をプレーした感想

新選組が題材になっているため、いわゆる悲恋エンドもあります。 でも、後味が悪いわけではないのです。気持ちが落ち込んでしまうような内容ではないので、鬱々しい内容が苦手な方にもおすすめできます。 むしろ悲 …

死神と少女をプレーした感想

どこかゴシック調な幻想的な世界観が特徴的なゲーム「死神と少女」 そこかしこに散りばめられた切ない物語をさらに盛り上げる最高のシナリオでした。 私が攻略したのは千代ルートです。 千代は主人公と特定の人物 …