乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

DAME×PRINCEをプレーした感想

投稿日:2017年5月15日 更新日:

まずこのダメプリ、スマートフォン向けの乙女ゲームなのですが、そのボリュームがすごいんです。
本編(ルート)は現在5人分で今後シナリオ追加予定のキャラクターもいます。
どのキャラもエンディングは3つあり、そのどれもが頑張れば最後まで無料で見ることが出来るのです。

合間合間に挟まれる条件をクリアするために課金することもできますが必須ではありません。
「キャラバン」というお話を読むための通貨が稼げるシステムをポチポチしていればそのうち読める親切設計です。
という訳で気軽にプレイ出来るのが非常にオススメできるポイントの一つですね。

このゲームの特徴、それは攻略対象は全員ダメ男だということ。
何故こんなダメな部分があるのか、何故ダメになってしまったのか、生い立ちがちゃんと描かれているのでキャラクター設定に違和感も覚えずすんなり受け入れられます。
ダメな部分を残したままのエンディング、ダメさを乗り越え成長したエンディングどちらも良いです。
ダメエンドは基本的にコメディなのですが、メアに関してはそうでもなく重く陰鬱で、ヤンデレ好きにオススメです。
ラブエンドもやはりメアが好きでしたね…。推しキャラなので贔屓目ではありますが、ダメ状態から一番成長したのが彼ではないかと思っているのです。
最後のシーンはもう…最初とのギャップで胸がいっぱいになりました。

そういえば主人公である姫がとても可愛いという所もオススメポイントです。
姫といっても国が田舎なので華やかではなく、地に足付けて自給自足、なにをするにも努力と根性で乗り越える、見た目は可愛らしくも中身は男前でとても好感が持てるんです。
そんな前向きで現実的な主人公だからこそダメ男が更生していく様子にも説得力があり、見ていて気持ちがいいです。
攻略対象とキャラの掛け合いも楽しいのでどんどん続きが読みたくなりますよ。

キャラの事ばかり語ってしまいましたが、どのルートもシナリオがとにかく良かったですね。ぜひ自分の目で見てもらいたいです。
それと個人的には最初からずっと協力してくれてるのに不憫なテオ編が早く読みたくて仕方がないです…!今後の展開も楽しみですね!

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

ワンドオブフォーチュンRをプレーした感想

「ワンドオブフォーチュン」は、ミルスクレアという魔法学校に全属性を持った少女が転校してきて、様々な属性を持った同級生たちが抱える問題と、主人公が全属性の魔法を使いこなせていない問題を解決するために立ち …

遙かなる時空の中で3をプレーした感想

「遥かなる時空の中で」は3・十六夜記・運命の迷宮の3部作となっています。 アニメ化もされましたが、攻略対象キャラが源氏と平家にちなんだ人物なので、本来ならば史実で死ぬ運命にある源九朗義経や平知盛などを …

STORM LOVERをプレーした感想

「STORM LOVER」は2010年にディースリー・パブリッシャーからPSP向けに発売されたゲームです。 主人公は名門進学校の「セントルイス・ハイ」に転校し、そこで数々のイケメン男性達に出会い、恋愛 …

薄桜鬼をプレーした感想

これが、私の初めての乙女ゲーデビューだったのですが、本当に買って正解でした。かなりはまってしまいました。 薄桜鬼は新撰組を元にストーリーやキャラクターが構成されています。 基本的には学園モノみたいな明 …

上司と秘密の2LDKをプレーした感想

舞台設定は雑誌の出版社で、主人公はそこで働いています。その社内で5人の男性と恋愛を楽しめます。 5人共キャラが異なるので、自分好みの男性が必ず見つかると思います。 私が選んだのは「大河内湊」という男性 …