乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

DAME×PRINCEをプレーした感想

投稿日:

セレンファーレン皇国側はクロムのDAMEEND以外のエンドは回収しました。
エピローグはクロムのみ回収しました。

ゲームの感想としては、独特なシステムが面白かったです。
読み終わったシナリオはコメントができ、更にニコ動のようにみんなのコメントが画面に流れるので他のプレイヤーとむかつきや萌え、ときめきを共由出来るので二度楽しめておいしかったです。

スチルも自動保存で本編のみの部分なら無課金で全回収でき、お財布に優しかったです。
エピローグも時間はかかりますが、石が貯まりやすいので無課金で回収することが出来ました。
本編自体もちゃんとキャラバンさえサボらなければ、一日のチケット制限のようなものがないのでサクサク進めました。
ただ、時間ない人には向かないかなとは思いました。

イベントについては、前はイベント限定のインテリアはガチャでしか手に入らなかったのですが、今は事前イベントにより特効効果付きの限定インテリアが割と簡単に手に入るので、時間さえあればイベントも楽しめました。
ただ、本気でランキング上位を狙いに行くなら課金は必要不可欠になるように感じました。
イベント限定スチルについても、時間的余裕とまめな性格が伴っている場合においてのみ無課金で手に入れられました。

声優陣についても一見見覚えがないように思えますが、声を聴いてみればそんなこと気にならなくなるくらいキャラの絵と声が合っていました。
ボイス付きのストーリーも多く、凄いのめりこめました。

一つだけ不満を言いますと、合間時間にストーリーを読むためには向かないということです。
キャラバンの世話をしていないと、必ずストーリーが長期間読めない現象に陥ります。
そして、ここまでに再三書いてまいりましたが、このゲームはお金を掛けるか、時間を掛けるかしなければ中々進められないのが残念です。
時間をかけてやっていると、他のゲームと掛け持ちしていた時にめんどくさくなってしまいました。

時間を掛けることが気にならないのであれば、こんなにお財布に優しいゲームは他にないと思います。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

薄桜鬼をプレーした感想

ハードはPSP・DSや3DS・PS2やPS3・PSVitaなど人気作なので移植も多い作品であり、薄桜鬼シリーズとしての続編がいろいろ発売されており、作品がゲームのみに留まらず、アニメ化・映画化・舞台化 …

あんさんぶるスターズ

あんさんぶるスターズをプレーした感想

乙女ゲームはストーリー性があまりない、絵柄やキャラクターデザインを見て決めるような先入観がありました。 乙女ゲーム自体やらないことが多かったですが、インストール前のキャラクターの強さが今までのどの乙女 …

ときめきメモリアル Girl's Side 3rd Story

ときめきメモリアル Girl’s Side 3rd Storyをプレーした感想

学力や運動、芸術などのステータスをあげて、好きな異性(ボイスあり)で恋愛が出来るオススメなゲームです。 好きな異性との会話の他にも攻略対象たちの絡みもあり、男同士の友情を見ることも出来てとても癒されま …

天下統一恋の乱をプレーした感想

私は歴女っぽい趣味があるので、戦国武将と恋する設定が気に入ってハマりました。 このゲームの特徴は、乙女ゲーの戦国モノの中でも、多岐ルートがあるので長く楽しめるところです。 ずっとではありませんが無料で …

ときめきメモリアルGirl’s Sideをプレーした感想

今はもう懐かしのゲームとなってしまった「ときめきメモリアル Girl’s Side」。 ギャルゲーとして有名なあのときメモから乙女ゲームが出るということで当時はかなりの話題になり、その後シ …