乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

金色のコルダ3AnotherSkyをプレーした感想

投稿日:2017年3月22日 更新日:

「金色のコルダ3」の続編ですが、単体でも楽しめてボリューム満点の内容となっており、全てを攻略するにはかなりの時間を費やすことになります。一度攻略しても何度でもやりたくなるほど面白いゲームです。

AnotherSkyでは、プレイヤーとなる主人公が音楽科に転校してきて、仲間と共に全国大会を目標に練習をして優勝を目指しながら部活内で恋愛する青春ストーリーになっています。pspで発売された3本のソフト(神南高校・至誠館高校・天音学園高校)にソフトが分かれており、すべての学校の攻略データを持っていると、天音学園高校のソフトから函館天音学園高校の特別ストーリーを楽しむことができます。主人公の楽器はヴァイオリンと決まっているので選べないですが、大会での曲目の演奏はCDのように本格的に聞けるのでうっとりします。

金色のコルダ初心者には、攻略本なしでの攻略は難しく感じるかもしれませんが、金色のコルダや金色のコルダ2に比べれば難易度は低いので、慣れれば攻略はどうにかなります。円の中にいる人としか演奏ができないし、多くの人を円の中に入れて演奏するか演奏を聞いてもらわなければ上達レベルが上がらないし、大会に負けてしまうので、それがなかなか難しく感じます。金色のコルダ3のキャラは人気が高く、攻略人数は乙女ゲームの中でも多いほうになるし、1人あたりのイベント数が多いので、PSVitaで発売された金色のコルダ4も同じキャラクターで発売されています。AnotherSkyでは他校の人とも恋愛が可能です。

私が好きなのは榊大地です。将来の夢は医者なのに、普通科なのに音楽科の人に負けない音楽のすごさと、冷静で落ち着いて大人っぽいのに、恋愛をしたら嫉妬深くて独占欲が強くて強引な一面が見られるので、ギャップ萌えできるところがいいです。彼とは相性が合わない土岐蓬生との掛け合いも面白いです。土岐もお勧めで、病弱で体が弱いけれど、好きな子には甘える姿にキュンとできます。

金色のコルダ3はアニメ化もされたので、アニメを見たらストーリーの流れが掴みやすいのは確かです。アニメもオススメ♪

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

夏空のモノローグをプレーした感想

主人公と部活の仲間たちは同じ1日を何度も繰り返すという不思議なループの世界に迷い込んでしまうという設定の「夏空のモノローグ」 ただ当たり前のようにループしているのではなく、だんだん本人達はこの世界の奇 …

夢王国と眠れる100人の王子様をプレーした感想

元々アプリゲームが大好きで、色々なゲームをしてきたのですが、飽きるのも早い私。 結局どれも最終的には攻略できなくなり課金ゲーなんだと、無課金の私はすぐにアンインストールしていました。 しかし夢王国は飽 …

薄桜鬼をプレーした感想

これが、私の初めての乙女ゲーデビューだったのですが、本当に買って正解でした。かなりはまってしまいました。 薄桜鬼は新撰組を元にストーリーやキャラクターが構成されています。 基本的には学園モノみたいな明 …

no image

VitaminXをプレーした感想

「VitaminX」は2007年にPS2で発売された乙女ゲームであり、その人気の高さからDS版、PSP版、3DS版と様々なハードに移植をされた作品です。また、シリーズ作品として「VitaminZ」・「 …

薄桜鬼をプレーした感想

ハードはPSP・DSや3DS・PS2やPS3・PSVitaなど人気作なので移植も多い作品であり、薄桜鬼シリーズとしての続編がいろいろ発売されており、作品がゲームのみに留まらず、アニメ化・映画化・舞台化 …