乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

金色のコルダ2fをプレーした感想

投稿日:

この作品は2009年にPSP向けに発売された作品です。続編も出ている人気作になります。

物語の舞台は秋~冬の星奏学院です。

主人公はアンサンブルを組み、全4回のコンサートを成功させることが目的となるゲームです。

私がお気に入りのキャラクターはトランペット奏者の火原和樹くんです。

火原和樹くんは、音楽が大好きでとても真っすぐな性格をしていて、彼を攻略していると心が洗われます。主人公にもいつも優しくて、火原和樹くんを例えるなら「天使」だと言えるほど!!

システムに関しては、前作の「金色のコルダ無印」はとても難易度が高く、キャラクターのスチルをコンプリートするのも何度もやり直してとても苦労した記憶があるのですが、今作はかなり難易度が下がっています。

多分、ユーザーから「難しすぎる」という声が上がったのでは無いかと思います。

ただ、完成度の高さや面白さは前作から素晴らしく、前作も夢中になってプレイできました。

今作は、難易度が下がった分ストレス無く快適にプレイできました。

楽譜も簡単に手に入る様になり、システムが改善されたことに私は感動して涙が出そうになりました。

金色のコルダ2f」の最大の魅力は、乙女ゲー要素の他に音楽ゲームの要素もあるので、「甘々な乙女ゲーが苦手」という人にはピッタリなゲームです。

そして「金色のコルダ2f」をプレイすると、クラシック音楽に詳しくなれるので、音楽の知識が自然と身に付きます。

個人練習やアンサンブル練習で、どんどん曲の完成度が上がっていき、綺麗に演奏できるようになるまでの過程がかなり燃えます。

完全な作業ゲーですが、とても楽しみながらプレイできるのがいい。

恋愛要素ももちろん萌えますが、どちらかと言うと、コンサートでいかに良い成績を取るかという方に夢中になります。

その傍らに恋愛がある様な感じです。

でも攻略対象のキャラクター数も多いですし、皆個性があって魅力的なキャラクターばかりですので、本当におススメのゲームです。

「金色のコルダ2f」の主人公は無個性なので、そこもとても魅力があります。

自分を重ねやすいので、キャラが濃い主人公が苦手な方にオススメ!!

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

ときめきメモリアルGirl’s sideをプレーした感想

王道ですが、「ときめきメモリアルGirl’s side」はやはり外せない乙女ゲーだと思います。 元々は普通のときめきメモリアルをプレイしていて、藤崎詩織ちゃんが攻略出来なくて何周もしたのを …

dame-prince

DAME×Princeをプレーした感想

イラストが綺麗で魅力的な『DAME×Prince』(通称:ダメプリ)。 スマホを弄っているときに広告が多くww、目にしていたこととキャラ絵が好みだったのではじめました。 選択できる王子は4人、ノーマル …

イケメン戦国〜時をかける恋〜をプレーした感想

私は小さな頃から歴史が大好きで、昨今は「歴女」などという言葉もありますが、私が大学に進学する頃にはそんな言葉も無かったし、歴史が好きな女の子なんて…という目があり、なかなか好きといえなかったので、こん …

ウィル・オ・ウィスプをプレーした感想

友人にすすめられて、嫌々プレイしたのが始まり…。 絵は非常に私好みなんですが、友人から「あまり糖度高くはない…」と聞いていたからです。 私は幼い頃から王道な少女漫画が大好きで、ヒーローとヒロイン(脇役 …

擬人カレシをプレーした感想

絵柄がとても素敵で始めたゲームです。 最初はモバゲーでプレイしていて、今はアプリ版を楽しんでいます。 獣がベースになっていて、実は私はあまり獣ものは好みではなかったので、正直始めは気分が乗りませんでし …