乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

幕末恋華・新選組をプレーした感想

投稿日:

新選組が題材になっているため、いわゆる悲恋エンドもあります。
でも、後味が悪いわけではないのです。気持ちが落ち込んでしまうような内容ではないので、鬱々しい内容が苦手な方にもおすすめできます。
むしろ悲恋エンドは、こういう題材だからこその強みでもあると思います。ただ告白してラブラブになって~というゲームよりも深みを感じました。

攻略キャラクターは多く、全てを制覇しました。
同じような内容に思えて毎回しっかり楽しめるようになっていますし、シナリオは非常に丁寧に作られていると思います。
グラフィックは好みが分かれるところでしょうが、私は主人公の女の子含めて気に入っていました。
でも、一番気に入っていたのは声だと思います。
声優さんの声にドキッとするという感覚は、このゲームで初めて経験しました。

後から知ったのですが、非常に有名な声優さんばかりが出演しているんです。
森田成一さん置鮎龍太郎さん石田彰さんなど。
そう考えてみると私の乙女ゲーデビューはかなり豪華だったんですね。
特にイヤホンではなくヘッドホンで声を聞くのがすごく好きでした。
どのキャラクターも魅力的な声で、ボイスCDだけでも購入する価値があると思いました。

さて、新選組という題材が題材なので史実との差が気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそも史実がハッキリしていないところも多いので私は気にせずプレイしていました。
元々新選組好きなのですが、ゲームの中とはいえ臨場感があってかなり楽しめます。
ラブラブなイベントばかりではなく、どちらかというとドキドキするような胸が苦しくなるようなイベントが多いです。
本当の歴史はどうだったのだろうと考えさせられますよ。

やはり一番大きいのは、実在していた人が相手という点です。
もちろん幕末恋華・新選組というゲームの中に出てくるのは、あくまでゲームのキャラクターです。
しかし、実在していた人がモデルになっているのは確かですから、すごくリアルな感じがするんですよね。
2週目からは好きなキャラクターのことをwikipediaなどで調べながら攻略していくのも良いと思います。
どこが違うのか、この事件の内容はどうだったのか、など歴史を知ると更に楽しめるゲームだと思います。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

喧嘩番長 乙女をプレーした感想

不良たちとの勢力争い、熱い友情と喧嘩を繰り広げるあの喧嘩番長が乙女ゲームになった!というだけでもかなりのインパクトがあった「喧嘩番長 乙女」。 喧嘩番長シリーズのツッコミどころ満載、時にホロリと涙させ …

ときめきメモリアルGirl’s Sideをプレーした感想

今はもう懐かしのゲームとなってしまった「ときめきメモリアル Girl’s Side」。 ギャルゲーとして有名なあのときメモから乙女ゲームが出るということで当時はかなりの話題になり、その後シ …

金色のコルダ3AnotherSkyをプレーした感想

「金色のコルダ3」の続編ですが、単体でも楽しめてボリューム満点の内容となっており、全てを攻略するにはかなりの時間を費やすことになります。一度攻略しても何度でもやりたくなるほど面白いゲームです。 Ano …

VitaminXEvolutionをプレーした感想

「VitaminX Evolution」は2008年にディースリー・パブリッシャーからニンテンドーDS向けに発売された商品です。 キャラクターデザインを男性が担当されているので、乙女ゲーでは珍しいと話 …

クローバーの国のアリスをプレーした感想

不思議の国のアリスをモチーフにしたゲームシリーズの中の一つで、クローバーの国がメインとなったストーリーです。 主人公はゴスロリのような可愛らしい洋服を身につけ、頭にはリボンをつけている、黙っていれば美 …