乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

あやかしごはん~おおもりっ!をプレーした感想

投稿日:2017年4月24日 更新日:

ストーリーも切なく泣けるし、開始早々涙です。ハンカチの準備が必要な乙女ゲーです。
それでもほっこり幸せな気分にさせてくれます。吟さんの作るご飯にほっこりしながら、微笑ましい気持ちでプレーしていました。シナリオが本当に素敵です!
イラスト、映像も綺麗で、ごはんがすごく美味しそう…色んな面で楽しむことができました。BGMも雰囲気に合っていて良かったです。

少女時代の過ごし方で、大きくなった主人公の性格が変わるという設定もおもしろかったです。
世界観も古き良き日本の情景が描かれていて、不便でも村ならではの温かさや穏やかさ。そんな世界観が良かったです。みんなでごはんを食べながら心と心を結びつけ、意外な展開があったり…プレーするたびすっかりハマってしまいました。

プレーした後一番好きだと思ったキャラは花蘇芳です!
プレー前後で好きなキャラが変わりました…その好きなキャラ変化も含めて楽しめました。はじめは花蘇芳がそんなに好きではなかったのですが、猫らしい性格がたまらなくキュンキュンしちゃいました!甘えてきたりするところがかわいいです!
猫好きには気まぐれな花蘇芳はたまらないのかもしれません。サブキャラ達の個性も良くて、好きなキャラがたくさんいました。どのキャラも大好きです!

システムは私には慣れない部分があり、セーブが2回あるのは鬱陶しかったです。でも慣れると仕方がないかな…と思う程度でした。何より、ポロポロ涙、涙…それなのに、ゲームをした後のほっこり、幸せな気分が良かったので、システム面は少し残念でも気にしません!
伏線という伏線が全てプレーすると綺麗に回収されました。甘酸っぱさにキュンっとしました。

おいしいごはんを食べればみんな幸せ!最後はまさにタイトル通りのお話で涙が出てきました。ほっこり、涙が良ければオススメの乙女ゲーです!フルコンプしてからもやはり良作だと思いました!”

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

L.G.S新説封神演義をプレーした感想

この乙女ゲームは主人公の名前変換ができないタイプです。 仙人の主人公は本来は高貴な生まれですが、母の死で娘を他者に奪われたくないと願う歪んだ心を持った父に依存され、可愛い容姿を醜い妖怪の姿に変えられて …

ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚をプレーした感想

ニル・アドミラリの天秤は、大好きなシナリオライターの片桐由摩さんと、これまた大好きなイラストレーターのさといさんがタッグを組んだということですぐに飛びつきました。一言で言うと、大人の乙女ゲーだと思いま …

カレイドイヴをプレーした感想

純粋に乙女ゲーとして考えるのであれば、かなりボリュームは少なめだと思います。 私も休日にたったの1日でコンプリートしてしまいましたので、ボリューム重視の方ややりこみ要素が楽しみ!という方にはあまりオス …

dame-prince

DAME×PRINCEをプレーした感想

セレンファーレン皇国側はクロムのDAMEEND以外のエンドは回収しました。 エピローグはクロムのみ回収しました。 ゲームの感想としては、独特なシステムが面白かったです。 読み終わったシナリオはコメント …

夏空のモノローグをプレーした感想

主人公と部活の仲間たちは同じ1日を何度も繰り返すという不思議なループの世界に迷い込んでしまうという設定の「夏空のモノローグ」 ただ当たり前のようにループしているのではなく、だんだん本人達はこの世界の奇 …