乙女ゲーの感想とレビュー大辞典|メカトロ2009

乙女ゲームの感想やレビューを紹介しています。

乙女ゲーム感想

アンジェリーク2をプレーした感想

投稿日:2017年7月14日 更新日:

元祖乙女ゲームの代表ともいえるアンジェリークシリーズ。
1もリメイクしてWヒロインで楽しめるようになりましたが、2の栗色の髪のアンジェリークでは3つの性格から表情の変化も選べて、個性的なアンジェリークストーリーを楽しめました。

惑星を育てるゲームは、2では1つの星を発展させていくゲームになり、1からとのつながりを感じながら新たなストーリーを楽しめました。
1からのメインキャラクターたちである守護聖様たちは代わらず登場しているのに加え、新たに教官や協力者も絡んでくるので、ターゲットが増えたことで何週もクリアしていく楽しみが増加!

一番の攻略目的キャラクターだったゼフェル様を攻略しつくしたあとは、2からの登場キャラである教官を先に攻略!
芸術家肌でツンツンなセイランの攻略に骨が折れましたが、なかなか攻略しがいがあるキャラがよかったです。デートイベントやスチルも増えているので、思いっきり幻想的なファンタジー世界での恋愛イベントを楽しみながらゲームを進められるのがアンジェリークのうれしい所!
最初は冷たい態度の守護聖様たちが、通いつめることでどんどんと優しい言葉をかけてくれるようになると凄くハマっていってしまうゲームです。キャラクターの多さとじっくりとやり込める恋愛ストーリーが、アンジェリークの魅力ですね。

ゲームシステムとしても、難しい操作や忙しい操作が一切ないので、乙女ゲーム初心者に一番お勧めなのもやっぱりアンジェリーク!
無条件でドキドキ・にやにや・キュンキュンした~い!って時には一押しです。

なんてことはない守護聖様たちのパワーを贈るシーンもはずせないポイント!もうもう、キャラクター愛があるのならば、お気に入りの守護聖様のアニメーションはすべて余すことなく凝視して欲しいです!
どうしてそんな?!って突っ込みたくなる所もあるけれど、そこがいい!のが乙女ゲーム。
乙女ゲームの元祖とも言えるアンジェリークでは、そんな突っ込みどころが満載だからこそ、一人で満喫する醍醐味が詰まっているんですね。

ネオロマンスゲームと言われる、ロマンチックでちょっとおかしい恋愛を楽しめるのが「アンジェリーク2」なんです。

-乙女ゲーム感想

執筆者:

関連記事

薄桜鬼をプレーした感想

いわゆる、史実系乙女ゲームの傑作として有名な作品の「薄桜鬼」。 傑作といっても、ゲーム自体は選択肢を選んで、それに合わせたエンディングに向かう、非常にシンプルなノベルゲームです。ですので、知名度や人気 …

カレイドイヴをプレーした感想

純粋に乙女ゲーとして考えるのであれば、かなりボリュームは少なめだと思います。 私も休日にたったの1日でコンプリートしてしまいましたので、ボリューム重視の方ややりこみ要素が楽しみ!という方にはあまりオス …

緋色の欠片をプレーした感想

「緋色の欠片」は和風伝奇が好きな人には堪らないゲームです。 和の雰囲気にファンタジー要素が加わり、伝統、宿命、使命、抗えない運命に少年少女が巻き込まれていきます。 いい大人になっても主人公の少女に感情 …

天下統一恋の乱をプレーした感想

私は歴女っぽい趣味があるので、戦国武将と恋する設定が気に入ってハマりました。 このゲームの特徴は、乙女ゲーの戦国モノの中でも、多岐ルートがあるので長く楽しめるところです。 ずっとではありませんが無料で …

夏空のモノローグをプレーした感想

元々は2010年にPS2で発売されたソフトですが、PSPに移植された「夏色のモノローグ」。PS2版は未プレイですが、PSP移植版ではシナリオやイベントスチルも追加されていると知り、こちらからプレイを始 …